鍼灸症例:舌のしびれ、舌がまわりづらい

 30歳代の男性。5~6年前から舌がしびれるようになりました。
 症状が重いときは唇までしびれ、会話をする際に舌が重たく回りづらくなります。
 舌先が下の前歯に常時接して当たり、なんとも言えない違和感が辛いそうです。

 耳鼻科・口腔外科・歯科では異常は認めらません。
 舌痛症との診断で鎮痛補助剤(抗うつ剤)を服用するも副作用のため中止しました。

 実際に舌を見ると、舌先の表面が凸凹して少し荒れています。
 舌の位置が低位舌になって、舌の前歯と接し続けているせいでしょう。

 舌の正しい位置(上顎の硬口蓋に接する)をお教えしてやってもらいましたが、
 すぐに舌が下がって低位舌に戻ってしまうそうです。

 舌が重たい・回りにくい。しゃべりにくい。
 シビレは午後から夕方にかけて強くなる。(朝・午前中はまだマシ)
 舌を硬口蓋に接することが難しい。

 これらのことから、舌筋(舌を動かす筋肉)のトラブルかと思われました。
 舌先が荒れているので、舌の知覚過敏性が増しているのでしょう。

 顎や首をいろいろな方向に動かしてもらったところ、
 頭を後ろに倒して天井を見る動作がやりづらいです。
 下顎から首の前面の筋肉(舌骨筋群)が硬くなっているのかな?

 首の前面と関連する胃経F6の井穴刺絡。
 再度、首を後ろに倒してもらうと、あっ!と言って驚くほどに動きます。
 舌を確認してもらうと、舌先を下の前歯に接せずにいられるそうです。

 舌周辺の筋肉は身体の真ん中なので、百会を頭部刺絡。
 舌の位置が口腔内に浮いてきた(低位舌から改善)そうです。
 よく効いたので百会の前を頭部刺絡。さらに舌の位置が上がってきたそうです。
 さらに百会の後ろを頭部刺絡。舌が硬口蓋に付いたそうです。

 しびれ感はあまり変わらないそうですが、舌の位置が正常に戻りました。
 舌先が下の前歯に接しなくて済むので、舌先の違和感が生じていません。

 低位舌が治ったので舌の筋肉のバランスが回復したかと思われます。
 ご自宅ではF6のピソマ刺激と百会の爪楊枝刺激でセルフケアを指導。
 また近々治療の続きをすることにしました。
ブログのご案内

はりきゅう中村さん

Author:はりきゅう中村さん

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク