スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性上咽頭炎のセルフケア ~後鼻漏・耳閉感・頭痛など不快な症状~

 上咽頭(じょういんとう)。一般には聞き慣れない言葉ですよね(^^;

 「上咽頭」 とは、鼻の奥の突き当たり、のどちんこの裏側で、のどと鼻が交わる場所です。
 上咽頭を、別名「Bスポット」とも言い、上咽頭炎の治療法のひとつにBスポット療法があります。

 上咽頭には 「耳管咽頭口」 や 「咽頭扁桃」、「耳管扁桃」 などがあります。

 「耳管咽頭口」 は、中耳腔につながる耳管の入り口です。
 風邪などで炎症が耳管を伝って中耳にまで広がったら中耳炎になります。

 「咽頭扁桃」・「耳管扁桃」 は、空気中の病原体や異物と免疫(白血球)が戦う場所です。
 その戦いの結果、自覚症状がない人でも、上咽頭には軽度な炎症が常に起こっています。

 上咽頭は免疫の最前線なので、風邪などで真っ先に炎症が悪化しやすい場所です。

 キッカケとなった炎症が治っても、上咽頭の炎症が治まらない状態が 「慢性上咽頭炎」 です。
 慢性上咽頭炎には、様々な不快な症状がつきまとい、日常生活に支障が出て来ます。

 上咽頭に炎症が起こると粘膜が浮腫んで、鼻づまりや耳閉感を覚えるようなります。
 呼吸がしにくくて息苦しくなったり、自分の声や音が聞きづらくなったりします。

 炎症によって病原体・異物・白血球などが混じり合った 「後鼻漏(こうびろう)」 も出てきます。
 のどに張りつくような、引っかかるような、非常に不快な感覚を覚えます。

 後鼻漏は起炎物質の塊で、口臭や歯周病、胃腸炎・気管支炎などの原因になります。
 出来るだけ後鼻漏は飲み込むことなく、吐き出すのが良いです。
 →記事:「病巣感染症で全身の炎症レベルが上昇! ~病原体が腸壁・血管から侵入~」

 また、炎症が慢性的になると、だんだんと粘膜のはたらきが落ちてきます。
 粘液の分泌が減少して、粘膜が乾燥するようになり、ときに出血することもあります。
 ヒリヒリ痛くなったり、後鼻漏が茶褐色になったり、後鼻漏を排出しにくくなってしまいます。

 上咽頭の炎症の情報は、感覚神経や炎症物質を介して脳に伝えられます。
 トラブルを知った脳は患部を防御するため、運動神経や自律神経に命令を送り出します。

 運動神経が活発になって患部周囲の筋肉が緊張すると、肩こり・首コリや頭痛がしたり、
 倦怠感、微熱、めまいなどの自律神経のはたらき過ぎによる症状も出ることがあります。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 そもそも炎症しやすい場所であることと、炎症で粘膜の機能が低下してしまうことが
 上咽頭炎が慢性化しやすく治りにくい悪循環を招いているのです(涙)

 そんな悪循環から抜け出して慢性上咽頭炎を改善させるセルフケアを紹介します。

 →次記事:「ぬれマスク・鼻うがい・スチーム吸入で上咽頭の乾燥を防ぐ&回復を促す!」
スポンサーサイト

ぬれマスク・鼻うがい・スチーム吸入で上咽頭の乾燥を防ぐ&回復を促す!

 慢性上咽頭炎では炎症のため、粘液の減少・粘膜の乾燥など、粘膜機能の低下が起こります。
 無防備になった粘膜では、ますます炎症がひどくなって、さらに粘膜が弱体化してしまいます。
 →前記事:「慢性上咽頭炎のセルフケア ~後鼻漏・耳閉感・頭痛など不快な症状~」

 慢性上咽頭炎の悪循環から抜け出すには、まずは粘膜の乾燥を防ぐことが重要です。
 乾燥を防いで悪化させないことで、自己修復・自然治癒する時間を稼ぐことが出来ます。

 乾燥したのどを潤すと言えば 「うがい」 ですが、通常のうがいでは上咽頭まで潤いません。
 上咽頭は鼻腔の奥にある場所なので、鼻から水分を送り届ける必要があります。

 一番お手軽な方法が、「ぬれマスク」 です。(下記イラスト参照)
 
 水で固く絞ったガーゼマスク(綿マスク)の、上3分の1を外折りして装着するだけです。
 鼻の下・上唇に水を含んだ分厚い綿布が当たるので、加湿された空気を吸うことが出来ます。
 日中や睡眠中も装着したまま過ごせます。 見た目に格好悪いですが(^^;

 次は 「鼻うがい」 です。(下記イラスト参照)
 
 人体と同じ濃度の生理食塩水(0.9%)を、鼻から吸い込んで口から吐き出す方法です。
 鼻から水を吸い込むことに抵抗感があったり、失敗すると中耳炎になる恐れがあります。
 慣れてしまえば痛くなくスッキリ出来ますが、小さな子どもさんからは嫌われるでしょう(>_<)


 「鼻うがい」 よりもさらに良いのが、「湿熱スチーム吸入」 です。
 お財布に余裕があれば、食塩水が使える超音波式の温熱吸入器の購入がオススメです!
 湿熱細霧が隅々に行き届き、粘膜を潤し&血流を促して、粘膜機能の回復を助けてくれます。
 →外部リンク:「Amazon.co.jp:超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B」
 →外部リンク:「【楽天市場】UN-133B の検索結果」

 →次記事:「慢性上咽頭炎に効くツボ ~炎症と不快な症状を鎮めます~」

慢性上咽頭炎に効くツボ ~炎症と不快な症状を鎮めます~

 空気中の病原体や異物が直撃する上咽頭は、炎症が起こりやすい場所です。
 上咽頭に炎症が起こると、後鼻漏や耳閉感、痛みなど、さまざまな症状に悩まされます。
 →記事:「慢性上咽頭炎のセルフケア ~後鼻漏・耳閉感・頭痛など不快な症状~」

 もともと炎症しやすい場所に加え、炎症が長引くと粘膜が弱って、さらに治りにくくなります。
 悪循環に陥った慢性上咽頭炎を治すには、粘膜機能の回復を手助けするケアも重要です。
 →前記事:「ぬれマスク・鼻うがい・スチーム吸入で上咽頭の乾燥を防ぐ&回復を促す!」

 上咽頭炎は局所の炎症のみならず、首・頭など筋肉の痛みや自律神経症状を引き起こします。
 筋肉の痛みや自律神経の症状も含めた、上咽頭炎に効くツボを紹介します。

 まず、上咽頭部の炎症に効くツボは、呼吸器系のツボ H1です。
 →記事:「呼吸器系のツボ ~鼻・のど・気管支・肺~」

   手足の井穴図手足の井穴図
 このツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 呼吸器系のツボに加え、後鼻漏の性質によって、次のツボも刺激してください。
 後鼻漏が黄緑色っぽくドロッとしている場合はH6、透明白色でサラッとしていればH5です。
 これらのツボは、あなたの炎症(化膿性/アレルギー性)タイプ別にを鎮めてくれるツボです。

 さらに首の後ろや後頭部・おでこが痛ければF4、鼻や頬など顔面部が痛ければF6を追加です。

 自律神経の異常による症状については、ブログカテゴリで該当する症状をご覧ください。

 あなたの上咽頭炎が、早くスッキリ治りますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。