乳児湿疹の治し方 ~石けん・ベビーソープを止める&ワセリンを頻繁に塗る~

 乳児湿疹は2~3ヶ月もすれば自然に治ると言われています。
 しかし見た目に悪く可哀想なので、何もしないで見守るのは辛いですよね(涙)

 本当に治るの?このままアトピーになってしまうのでは?と、不安でいっぱいになります。
 出来る限りのことは何でもしてあげたいのが親心。
 そんなお母さんお父さんに乳児湿疹のケアのご紹介です。

 赤ちゃんのお肌はデリケート。
 羊水という水中生活から、ある日突然に乾燥した空気にさらされることになります。
 身体の水分が蒸発して失われないよう、皮膚が環境に適応するには時間がかかるのです。

 皮膚は角質層や皮脂、皮膚常在菌などから成るバリア機能によって守られています。
 子どもの皮膚は、まだまだ発達の途中で、角層も薄く、刺激にとっても敏感です。
 良かれと思ってしてあげている行為が、子どもの皮膚バリア機能を損なうことがあります。

 それは沐浴やお風呂での洗いすぎです。

 石けんやソープを使って赤ちゃんを洗うと、皮脂が過剰に落とされて皮膚バリアが破壊されます。
 無添加石けんであろうが、弱酸性であろうが、ベビー用ソープ・シャンプーであろうが、です。

 皮脂が失われた皮膚は水分を保つことが出来ず、カサカサ乾燥してしまいます。
 バリア機能が損なわれた皮膚は、ハウスダストなどのアレルゲンが浸入するようになります。
 皮膚から侵入したアレルゲンに免疫が反応すると、炎症を起こして湿疹が起こるのです。

 ですので、乳児湿疹を治すには、まず石けん・ソープの使用を止めることです。
 一般の病院などでは石けんで洗うよう指導されますが、石けんは皮膚バリアを壊します。
 その証拠に、湿疹やかぶれのある部位には使用しないよう注意書きがあるハズです。

 浸出液や汗など身体から分泌される汚れは、人肌くらいのぬるま湯だけで十分に落ちます。
 また、熱すぎるお湯も皮脂を溶かしてしまい、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

 そして、皮膚バリア機能が回復するまでの間、患部に白色ワセリンを薄く塗りのばします。
 ときどき患部を触って乾燥していたら、1日何回でもワセリンを上塗りしてあげてください。
 ワセリンが皮膚の乾燥を防いだり、アレルゲンが皮膚に直接付着するのを防いでくれます。

 お肌によっては、ワセリンに含まれる不純物にかぶれる場合があります。
 不純物が取り除かれた精製度のより高い 「プロペト」 や 「サンホワイトP-1」 がオススメです!
 赤ちゃんの眼や口に入っても無害なので、まぶたや口周りの湿疹にも使えます。
 →外部リンク:「【楽天市場】プロペト or サンホワイトP-1」
 →外部リンク:「Amazon.co.jp: プロペト」

 石けん・ソープを止めて、ぬるま湯だけで洗う。そしてワセリンを頻繁に塗る。
 この方法で、たいていの場合、数日もすれば文字通り目に見えて改善していきます。
 →外部リンク:「専門医からさじを投げられた顔面湿疹が3日で治りました - 新しい創傷治療」

 うちの子も新生児のときに乳児湿疹になりましたが、これで難を逃れました^^
 あなたのお子さんの乳児湿疹も、早く良くなりますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク