スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左膝の痛み 階段の昇り降りで膝が痛い

 70歳代の女性。3ヶ月ほど前より左膝が痛くなりました。
 整形外科で膝の関節腔内注射や、整骨院で治療を受けるも全く改善がありません。

 この患者さん、何の問題もなく正座をすることが出来ます。
 膝を完全に曲げても、全く痛くないのです!(本人さんが不思議がっています)

 膝の症状が出るのは、左足で踏ん張ったときだけです。
 左足で片脚立ちすると、右片脚立ちに比べて明らかに不安定な感じがするそうです。
 階段の昇降など、左脚で全体重を支えるときに左膝関節がズキッと痛むそうです。

 痛みを訴える場所は、左膝の内側と前外側面です。
 痛みが出る姿勢で痛みを感じる部位を押さえても圧痛点などは全くありません。

 膝は曲がる。曲げても痛くない。膝の局所治療をしても無効。左足に力を入れると痛い。
 やはり、膝関節部そのものにはトラブルは無さそうです。
 痛みの発信源は、どうやら体重を支えるときの左足・足の指でしょう。

 左足の指や足の甲を丹念に押さえて調べると、いくつもの激圧痛点があります。
 「なんでこんな場所が痛いの!?」と思われるほどです。

 左足の親指、脾経上の2点と肝経上の1点に円皮針。
 左片脚立ちをしてもらうと、足底の内側の不安定さがなくなっています。
 足底の外側の不安定さが目立って感じるそうです。
 左足の甲(左第4・第5中足骨間)、胆経の圧痛点への円皮針で、足底の不安定さは全て解消。

 この時点で、左片脚立ちをしても膝の痛みは出なくなっています。
 ただし、階段を昇り降りする動作では、左膝前面の痛みは、まだ残っています(10→6)。

 膝前面と関連する胃経上には反応点を見つけられなかったので、左F6を井穴刺絡。
 これで体重負荷時の左膝前面の痛みは、6→3に改善。
 改善があった脾経(F1)・肝経(F2)・胆経(F5)の井穴刺絡。
 これで膝の痛みは、だいたいOKです(1~2くらい?)。

 再燃がないか確認&完治させるため、しばらく続けて通院するよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
スポンサーサイト

鍼灸症例:右膝の痛み 膝が痛くて正座できない

 70歳代の女性。5日ほど前に自宅の玄関先にて転倒しました。
 しゃがんでいるときにバランスを崩して右後方に倒れたらしいです。
 転倒した当日・翌日は痛くも何とも無かったそうです。
 翌々日に外出をしている最中に膝が痛くなり始めました。

 左膝が痛いため、歩き方がおかしく、足を引きずっています。
 膝を曲げると、135度くらいで痛みが強くて正座が出来ません。

 右大腿外側部や右股関節部には、大きな内出血が見られます。
 痛む場所は、右脚の太ももの外側から、ふくらはぎの外側にかけてです。
 痛みを訴える場所に一致して強い圧痛と筋緊張が診られました。

 当院の患者さんには珍しく、痛みを感じる部位=痛みの発生源です。
 素直に右殿部・大腿部・下腿部の圧痛点・筋緊張部に鍼をしました。

 これで再確認すると、まだちょっと痛みます(10→2)が、正座は可能です。
 このような治療を、続けて3回ほど行って完治。
 痛みのキッカケは外傷か酷使か不明ですが、痛みの初期治療が奏功しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:膝関節痛 右膝裏の痛み

 70歳代の女性。右脚の膝の裏が突っ張ったような強い痛みを訴えます。
 足のやり場に困るくらい痛くて、夜も眠れないそうです。

 以前から膝が痛むことはありましたが、生活に支障がない程度で、普通に歩けていました。
 しかし、2週間ほど前から急に右膝が痛くなり、歩行困難の状態になってしまいました。
 普段使うことのない杖に寄りかかって、足を引きずってのご来院です。

 整形外科のレントゲンでは異常なし。接骨院での治療でも改善はないとのことです。
 「おそらく、スジを違えたのでしょう」 と、私の見解を述べて、早速、治療です。

 痛む場所は、右脚の膝の裏です。
 立ち座りするときや、歩く際に痛みが増悪します。

 膝裏と関連すると言われる膀胱経・腎経のライン上の足部をあちこち抑えて調べてみました。
 アキレス腱の踵や、小指・第5中足骨の外側に発見した激痛の圧痛点に円皮針。
 1枚貼る毎に動いてもらって、症状の確認。
 5枚ほど貼った時点で、痛みはほぼ消失。杖なしで歩行もスムーズになりました。

 まだ膝裏に重だるいような違和感が残っているので、患部の圧痛点に円皮針。
 残っている圧痛点の消去と円皮針の効果を増強させる目的で、右F3・F4の井穴刺絡。

 痛みがぶり返すようだったら明日にでも治療に来るよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:両膝の痛み 正座をすると痛い

 70歳代の女性。お彼岸にお墓参りをした翌日から両膝が痛くなりました。
 道中、坂道を登ったり降りたりの行程があったそうです。

 両膝の痛む場所は、膝のお皿(膝蓋骨)の周辺で、どことなく痛いそうです。
 痛みのため、歩行姿勢が不自然になっています。

 最も痛みが出る体勢は、正座をする直前と、正座から立ち上がるときです。
 膝をついて、つま先を立てる姿勢のときに、膝前面に最も痛みを感じます。
 床に座って膝を最大限に曲げても痛みは出ません。
 痛みを訴える膝周辺を押さえても、さほど痛い点はありません。
 膝そのものの痛みではなさそうです。
 →記事:「痛みの発生源と離れたところに痛みが!?」

 どうやら、中足趾節関節を背屈するときに痛みが出るようなので調べてみました。
 第2・第3と、第3・第4の中足骨間と中足趾節関節に多数の圧痛点を発見。
 ひとつひとつに円皮針を貼りながら、疼痛誘発動作をしてもらって、痛みを確認。
 左右のそれぞれの足の甲に2~4枚貼ったところで、膝の痛みは消失。
 歩行姿勢もスムーズになりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左膝のお皿の内側の痛み ~内股の筋肉が膝痛の原因~

 40歳代の男性。立ち上がりや歩行などで、左膝の内側が痛みます。
 痛みのため、歩行もままならないで、足を引きずって歩いています。
 じっと座っていると痛みはありません。
 数日前にランニングをしたあとから痛みが始まったそうです。

 痛みを訴える左膝のお皿の内側周辺を押さえてみました。
 飛び上がるほどの激痛の圧痛点は見つかりません。
 中程度の圧痛点に円皮針を貼ってみるものの、立ち上がって痛みを確認してもらうと無効。
 どうやら、痛みを感じる場所と、痛みの発信源は別の場所のようです。

 膝の内側の痛みなので、足部の脾経・肝経・腎経上の圧痛点に円皮針を貼ったが、無効。
 大腿部までさかのぼって調べてみると、太ももの内側(内転筋群)に激痛の圧痛点を発見!

 この筋肉は膝の内側に付着するので、おそらく、この部分の痛みが膝痛の原因でしょう。
 この圧痛点は、「点」というよりも、500円玉くらいの範囲の「面」です。
 そのあたりに1寸2番鍼を半分ほど刺入して、単収縮が目視できる程度の強さで通電15分。

 再び立ち歩きをしてもらうと、痛みは半分以下に改善。
 痛みはまだ残っているものの、歩行動作の外見は、ほぼ正常です。

 このような治療を、3日後にもう1回行って、治療終了となりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左膝の痛み 脚を上げると膝が痛む

 70歳代の女性。左膝に痛みを訴えます。
 痛みを感じるのは、ココ!という場所は無く、漠然と膝のお皿のあたり(左膝関節前面)です。

 痛みを最も感じる動作は、歩こうと左足(膝)を持ち上げたときです。
 その姿勢で、膝周辺をくまなく押さえて調べたところ、
 膝上内側(内側広筋上)と、膝蓋靱帯の内側(内膝眼穴)あたりに圧痛点を発見。

 圧痛点は脾経(F1)の上なので、素直にF1の井穴刺絡を…と思いましたが、
 膝痛のほかにも腰痛がありましたので、左F3・F4を先に井穴刺絡をしました。
 これで腰痛が解消したのは想定内だったのですが、
 念のため、左足を上げて左膝の痛みを確認してもらったところ、痛みが10→5に改善。
 痛みを訴える場所以外にも、膝痛と関連する圧痛点を見落としていたのでしょう(汗)

 残った膝の痛みに対しては、今度こそ素直に左F1の井穴刺絡。5→0に消失。
 最初に発見した圧痛点の内、まだ痛みが残っている点に円皮針。

 再燃するようなら、しばらく続けて治療に来るよう指導して終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:両膝の痛み・つっぱり感、ついでに腰痛の治療も

 70歳代の女性。膝前面の痛みと膝裏のつっぱり感があり、2回目の治療になります。
 →記事:「症例:両膝の痛み・つっぱり感  半月板の損傷??」

 前回の治療(円皮針による経筋治療)で鎮痛したものの、数時間で痛みがぶり返しました(涙)
 円皮針では効果が弱かったのか、今度は井穴刺絡の出番です。

 症状の確認です。
 立ち座りすると、両膝の前面(膝蓋骨の下周辺)が痛みます。
 両膝の裏もつっぱった感じがします。膝の症状に左右差はないそうです。
 膝だけでなく、腰も痛いそうです。

 膝蓋骨下縁のやや内側の痛みに対しては、F1・F2の井穴刺絡で消失。
 下縁の中央とやや外側の痛みには、F6と中指(爪の両角)で消失。
 膝裏のつっぱり感と腰の痛みは、F3・F4の井穴刺絡で消失。

 刺絡をする前に、患者さんにはどこの場所に効くツボかは事前通知していません。
 しかし、どこのツボでどこの症状が改善したか、的確に教えてもらえます。
 教科書通り、狙い目通りの効果が出せるのが井穴刺絡の面白いところです。

 最後に、立ち座りしたときに違和感を感じる局所に円皮針を貼って、これも消失。
 ご自宅でも有効だったツボに台座灸を据えてもらうようにお願いしました。

 1週間後、お灸のセルフケアのおかげで、ぶり返しも少なく、良い状態を保っています。
 このような治療をあと何回か続けていけば膝の痛みも忘れられるでしょう。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:両膝の痛み・つっぱり感  半月板の損傷??

 70歳代の女性。立ち座りすると、膝のお皿の下(膝蓋腱)周辺に痛みを感じます。
 立っていると膝の裏側がつっぱった感じがします。
 痛みで膝が曲がらないので、正座も長年やっていません。
 検査では半月板が損傷しているとのことで、手術を勧められているそうです。

 何軒もの整形外科や整骨院で治療しても改善なく、少しもマシになることは無かったそうです。
 熟練の先生たちが「膝」の治療をしてもダメだったので、私が同様に治療をしても無駄です(^^;
 そもそも、痛みを感じる場所を押さえて調べてみても、それほど痛い点は見つけられません。
 おそらく膝と関連する別の場所が痛みの発生源でしょう…ということで、経筋治療です。

 立ち座りすると膝に痛みと突っ張りを感じるので、これらを治療効果の指標にしました。
 
 足の指、足の甲、足首・カカト周辺を隈無く押さえて調べると、多数の圧痛点が見つかりました。
 その中から、膝の患部と関連しそうな圧痛点に円皮針を貼って、症状を確認してもらいました。
 一枚貼る毎に痛みや突っ張り感が改善します。症状の変化は患者さんにしか分かりません。
 ツボの有効・無効を教えてもらいながら、両足にペタペタと円皮針貼ること10枚ほど。
 もちろんハズレのツボもありましたが、お皿の痛みは消失、膝裏の突っ張り感もほぼ消失。

 再燃の程度を見ながら、しばらく続けて治療することになりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:膝の痛み 立って膝を伸ばすと痛い

 60歳代の女性。両膝に痛みがあり、歩くとだんだん辛くなって、歩けなくなります。
 膝が固まってしまって、立っても仰向けで寝ても、膝が真っ直ぐに伸び切りません。
 膝が伸びないのは、膝関節の変形なのか、周囲の筋肉の拘縮なのか分かりませんが、
 痛みの原因は、このような肉体の構造的なトラブルでは無いので、治療を引き受けました。

 まずは症状の確認です。実際に立ってもらって、痛みを感じる場所を指摘してもらいます。
 両膝とも、お皿(膝蓋骨)の内下方あたりに痛みを訴えます。
 繰り返して何度も立ってもらっても、同じ場所に痛みを感じます。

 実際に、痛みを訴える場所周辺を丹念に探ると、激痛の点がいくつか見つかりました。
 その激痛の点をミリ単位で特定し、円皮針0.3mmを貼ると、痛みは大幅に軽減。(10→3)
 今度は、膝の裏に痛みを感じるようになりましたので、同様に激痛点を探して円皮針0.6mm。
 痛みが移動するように感じられるのは、治療がうまくいっている証です。
 →記事:「痛みが移動する?? ~広汎性侵害抑制調節~」

 膝裏の痛みが消えると、今度はまた、膝のお皿の方に痛みを感じるようになりました。
 痛みを訴える場所は、脾経・肝経と呼ばれる場所なので、経絡上を足指の先から探りました。
 見つけ出した圧痛点(大都・公孫・行間あたり)に円皮針を貼ってから立ち座りをしてもらうと、
 どのツボも膝の痛みが改善しました。

 ほぼ、両膝の痛みは無くなったのですが、ほんの少しだけ痛みを訴える場所が残っています。
 そこの圧痛点にも円皮針を貼って、これでもうスッキリ!どこも痛く無くなりました。

 また痛くなるようなら治療に来るよう指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。