副交感神経を高める方法 ~自然治癒力・抵抗力の高め方~

 自分の意志とは関係なく、生命活動を調節する神経を自律神経と言います。
 自律神経には、体内環境が正常の範囲内に収まるよう調節するはたらきがあります。
 この調節作用を、自然治癒力とか、抵抗力などとも言うことがあります。

 心身にストレスがかかると、自律神経(交感神経と副交感神経)の協調が崩れてしまいます。
 その結果として、様々な症状が出てきます。 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 そこで、副交感神経のはたらきを高めて、自然治癒力を高める方法を紹介します。
 自律神経のはたらきを正常な状態に戻し、抵抗力を高めてくれます。

 この刺激法は、心身を休息モードにさせる副交感神経を高める方法です。
 ですから、一所懸命に集中しながら必死に刺激をしても効果が出ません(^^;
 音楽でも聴きながら、の~んびりと何気なしに刺激して下さい。

 ただし!喘息発作を起こしそうなときや、片頭痛の前兆を感じているときなど、
 副交感神経がはたらき過ぎてる状態のときには刺激しないで下さい。発作を誘発します。
 →カテゴリ:「副交感神経とアレルギー」

 【副交感神経を高める方法】
 「座った姿勢で」「息を吐く間だけ」「皮膚に心地よい刺激を与える」 だけです。
 とても簡単ですが、これらの3つの条件が全て整うことで、自然治癒力が高まります。
 この刺激法は本来身体に備わっている仕組みを利用した方法で、全身に作用します。
 
 まずは、出来るだけ静かで落ち着いた場所で、椅子やソファー、床などに座ってください。

 刺激する場所は、痛みやシビレ・麻痺が無いところであれば、どこでもOKです。
 肘から指先、膝から足先にかけてなど、手足の末端の皮膚の方が効果的です。
 たとえば、腕時計の文字盤の当たる場所の皮膚などが刺激しやすいかと思われます。

 息を吸うときは刺激を止めて、息を吐いてる間だけ刺激してください。
 指でトン♪トン♪トン♪と柔らかくタッピングするか、軽く優しく撫でたりさすったりしてください。

 これを10~20呼吸回数くらい繰り返します。

 なお、小さな貼る鍼、円皮針(えんぴしん)を貼った上から刺激を行うと、効果は倍増です!
 →カテゴリ:「円皮針の使い方」

 座って、息を吐いてる間だけ、優しく皮膚を刺激する。
 この刺激方法で、副交感神経が高まり、自律神経の調節力が良くなります。
 刺激をしてから効果が出るまで、だいたい5分ほどで遅くても10分後くらいです。

 たとえば、ギュッと緊張・収縮していた筋肉や血管がゆるんでポカポカ温かくなってきます。
 浅く速かった呼吸が深くゆっくりになったり、イライラしていた気分も落ち着いてきます。

 さて、本当に効果があるのか自分の身体で確かめてみましょう^^
 身体のどこかが痛い人は、刺激の前後で痛みの変化を比べてみてください。
 血圧が高めの人は、刺激の前後で血圧を計ってみてください。
 
 この刺激法以外にも、副交感神経のはたらきを高める方法を紹介しています。
 →記事:「呼吸と自律神経 ~呼吸で変動する副交感神経~」

 参考文献
 『臨床鍼灸学を拓く第2版』 医歯薬出版 西条一止 2013
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク