生理痛・月経困難症に効くツボ ~毎月の苦痛にさようなら~

 毎月、生理でツライ思いをするなんて、女性は損よね!と、
 生理痛や月経困難症でお困りの方は、一度は思ったことがあることでしょう。
 女性ホルモンには、女性の心身に良いはたらきと、好ましくないはたらきとがあるのです。
 →前記事:「婦人科疾患と欧米型の食事 ~乳がん・子宮内膜症・子宮筋腫・子宮体ガン~」

 生理(月経)は、妊娠に結びつかず不要になった子宮内膜を、経血として排出する現象です。
 その際に、痛みやだるさ、イライラや落ち込みなどの心身の症状を引き起こします。

 生理痛(月経痛)は、経血を排出しようとして、子宮がギュッと収縮するときの痛みです。
 下腹部や腰のあたりがグ~ッと絞られるような、重だるい鈍い痛みです。
 子宮を収縮させるのは、自律神経のうち、副交感神経による作用です。
 →カテゴリ:「自律神経のはたらき」

 ほかにも、吐き気下痢、むくみ、のぼせ、めまい、倦怠感、憂うつ感も引き起こします。
 →カテゴリ:「副交感神経とアレルギー」

 副交感神経のはたらき過ぎを抑えて、子宮収縮痛月経困難症の症状に効くツボは、
 左右の手足の薬指のH5・F5のツボです。
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 また生理痛は、副交感神経のほかにも、子宮内膜から分泌される物質によっても生じます。
 生理のときに、腰が痛くなったり、頭痛がするのは、この物質(プロスタグランジン)が原因です。
 ちなみに生理痛の薬は、痛みを感じやすくするこの物質を作られなくする作用があります。

 こちらの生理痛(腹痛・腰痛)に効くツボは、左右の足のF1・F2・F3です。
 左右で6つもツボがあります!6枚も円皮針を貼るがもったいない人は、別のツボを紹介します。
 内くるぶしの上の脚の骨の際を、膝の方向に押さえていって、一番痛い点がツボです。
 両脚とも、一番痛いところに円皮針を貼りましょう。左右で高さがズレていてもOKです!

 円皮針を持ってないとか、それすら面倒くさい人には、もっと簡単な方法があります(^^v
 仰向けで寝て片膝を立てて、その膝を外側に倒した姿勢で、反対側の足のかかとで
 先ほど示した脚の内側の骨の際を、内くるぶしから膝に向かってギュ~ッと踏んでいきます。
 それを何回か繰り返し行ったら、今度は反対側も同様に行います。
 これでだいぶラクになります。道具は一切不要です。しかも、もちろんタダです!(^^;

 ツボ刺激は、生理予定日の1~2日くらい前から刺激しておくと、予防も出来て効果的です。
 前記事で紹介したように、食生活の改善も重要ですよ^^
 あなたが毎月つらい思いをしなくて済みますように!

 →次記事:「更年期障害と女性ホルモン ~ホルモンと自律神経の密な関係~」


 →記事:「症例:生理痛 円皮針で、毎月の生理痛を予防!」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク