鍼灸症例:腰痛、仙腸関節部の痛み 体幹がくの字に曲がる

 70歳代の女性。腰痛を訴えます。
 腰痛のせいか、正面から見てひらがなの「く」の字に曲がっています(左側屈位)。
 おそらくこの姿勢が最も痛みから逃れられてラクなのでしょう。

 明日から1週間ほど泊まりがけで外出するので、何とかしてほしいとのご依頼です。

 痛みを感じる場所を指し示してもらうと、仙腸関節あたりです(左<右)。
 疼痛部位を押さえても、目立った圧痛点・筋緊張などは診られません。
 殿筋部(お尻のほっぺ)を押さえると、強い筋緊張と激圧痛点があります。

 痛くなく真っ直ぐ立ち歩きが出来ることを治療効果の指標にしました。

 おそらく殿筋のトラブルが仙腸関節痛として投影されているのでしょう。
 遠隔部からのアプローチでも良かったのですが、疼痛部位≒患部なので
 腹臥位にて過緊張を起こしている殿筋群に鍼(寸6-2番を使用)を刺入しました。

 立って痛みを確認してもらうと、右に凸にならず、真っ直ぐ立てています。
 立ち座り歩きも大丈夫そうですが、まだ右腰の芯の方に少し痛みが残っているとのこと。
 念押しで、右殿筋部に追加で刺鍼しました。

 再度、立って歩いてもらったところ、残っていた痛みは解消したそうです。

 1週間後に治療にお見えになられましたが、道中は痛みも無く、無事に外出できたそうです。
 念のため同じ治療をしてほしいとのことでした。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腰が痛くて真っ直ぐ伸ばせない

 70歳代の女性。普段は起床時の痛みだけで、動いているうちに痛みは無くなっていました。
 ところが最近は日中になっても痛みが消えず、常に腰に痛みを感じる状態だったそうです。

 動かなくても座っているだけで腰部に痛みを訴えます。
 痛みを感じる場所を指し示してもらうと、ベルトライン(腸骨稜)です。

 座った姿勢で痛むあたりを押さえても、のけぞるような圧痛点はありません。
 立ってもらって前屈してもらっても腰部に痛みは生じません。
 腰を真っ直ぐに伸ばしたり、後屈をしようとすると痛みが生じて出来ません。

 腰背部ではなく立位・後屈で伸展される腹部の問題かな?と考えて腹診しました。
 腹部・季肋部には圧痛点はありません。鼠径部に顔をしかめる圧痛点があります。

 この腰痛は腸腰筋の伸展時痛かも?ということで、治療です。
 鼠径部・股関節前面と関連のある足陽明胃経F6のツボに透熱灸。

 再度、立位なってもらうと今度はすんなり腰を真っ直ぐ伸ばせます。
 後屈すると腰部にやや痛みを感じます(左<右)。

 再度F6に透熱灸。これで後屈時の腰痛(左)が消失。右が芯の方がちょっとだけ痛みます。
 とどめに右F6にだけ透熱灸で、後屈時の腰痛(右)も解消しました。

 また痛みが出るようなら明日にでも治療するよう約束して終了しました。 

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:急性腰痛 いわゆるギックリ腰

 80歳代の男性。朝、ベッドから起きようとして急に猛烈な腰の痛みに襲われたそうです。
 起きたり立ったり歩いたりなど、どのような動きでも激痛が走るそうです。

 転倒などでは無いので、おそらくは筋肉の痛みでしょう、ということで治療を引き受けました。
 なんとか座れるようなので、とりあえず座ってもらいました。

 どこが痛むかを尋ねても、腰全体が痛いとのことで、痛みの発信源が分かりにくいです。
 まずは副交感神経を高める刺激法で、全身の筋肉・血管の過緊張を和らげました。

 この刺激法で、安静時の痛みが半分くらいに減ったそうです(10→6)。
 そして痛みを感じる部位が明白になりました。左右のお尻(殿筋群)が痛むそうです。

 実際に押さえて調べると、仰け反るくらいの激圧痛があります。
 念のため腰部も調べてみましたが、顕著な筋緊張・圧痛点はありませんでした。

 座った姿勢からちょっとずつ身体を動かしてもらって、痛みが出る姿勢で静止してもらいました。
 疼痛誘発姿勢で圧痛点をミリ単位で特定&円皮針を貼ってトントン。
 また動いてもらって圧痛点に円皮針…を繰り返して左右の殿部に合計6~7枚の円皮針。

 まだちょっと痛みは残るものの、最初と比べれば雲泥の差で、日常動作が問題なく出来ます。

 こむら返り(ふくらはぎの筋肉の痙攣)が、お尻の筋肉で起こったのでしょう。
 筋肉の痙攣が解けずにそのままだったので、動かすと痛かったのでしょう、と説明して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腰痛 腰を真っ直ぐ伸ばせない

 70歳代の女性。腰が痛くて背筋を真っ直ぐ伸ばすのが出来ません。
 掃除などの作業をしたあとに腰が痛くなったそうです。

 腰痛を訴える場所は、腰の中心部(腰仙部)です。
 立った姿勢から前屈するときは大丈夫です。
 前屈の姿勢から戻って真っ直ぐになる手前、いわゆる中腰の姿勢で痛みが強くなります。
 その他、左ひねり(左回旋)、左横倒し(左側屈)でも、腰痛が増悪します。

 前屈位から立位への動作、左回旋・左側屈の動作時の痛みが、治療効果判定の指標です。

 回旋・側屈時の痛みの方が強いので、まずは肝経・胆経ラインを調べてみました。
 左足親指外側面(肝経ライン)に発見した激痛の圧痛点に円皮針を2枚ペタペタ。
 これで左回旋・側屈時の腰痛が、10→5に改善。
 次に胆経ライン上の激圧痛点(左足薬指外側、第4・5中足骨間)に、それぞれ円皮針。
 回旋・側屈時の痛みは、5→1~2ほどに改善。

 前屈位から立位への動作時痛を確認すると、10→4くらいに改善しています。
 背骨を中心とする部位の痛みなので、腎経ライン(左小指内側)の圧痛点に円皮針。
 これで腰を真っ直ぐに伸ばせるようになりました。

 円皮針を貼った経絡上の末端の井穴刺絡(左F5・F2・F3)と百会の頭部刺絡。
 もうこれで、腰を曲げたり伸ばしたり捻ったりしても、腰の痛みは出なくなりました。

 背筋や殿部の筋肉に対する治療、副交感神経を高める刺鍼法をして終了です。
 ご自宅でも、足指先のツボにお灸をするようセルフケアの指導をしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腰臀部痛 腰の痛み、お尻の痛み

 70歳代の女性。腰の真ん中あたりと、右のお尻(臀部)に痛みがあります。
 掃除機をかけたり、ホウキで掃く動作のときに痛みが出ます。
 どちらも中腰(前傾姿勢)による動作時痛です。

 腰の前屈、後屈、側屈、回旋などの動作では症状は増悪しません。
 前屈姿勢からゆっくり身体を起こしてきて、真っ直ぐになる一歩手前が痛いそうです。
 立位から前屈する際には痛みはありません。

 掃除機とホウキを使うときの動作時痛を治療効果の指標に使うことにしました。
 内科的なトラブルよりも、素直に筋肉の治療をすることにしました。

 腰の真ん中あたりの痛みですので、足少陰経筋、左右F3の井穴刺絡。
 これで、腰の痛みは大幅に改善(10→3)。
 残っている痛みに、正中線上の百会を刺絡。痛みはほぼ消失(3→0)。

 右の臀部の痛みは半分くらいになりましたが、まだ残っています。
 臀部を通る足少陽経筋、右F5の井穴刺絡。痛みはほぼ消失(5→0)。
 今度は左の臀部に痛みを感じるようになったそうです。
 最も強い痛みが消えたので、元からあった2番目の痛みを感じるようになったのでしょう。
 同じく、左F5も井穴刺絡。これでスッキリ痛みは消失しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腰痛 腰が痛くて真っ直ぐ伸ばせない

 70歳代の女性。腰が痛くて、背中を真っ直ぐ伸ばせません。
 歩くときは、ちょっと前屈みになって、腰をかばうように歩いています。

 坐位では、背中を少し丸めて座ると楽ですが、姿勢良く背筋を伸ばすと痛みが出ます。
 立位では、前屈の姿勢から真っ直ぐに近づくにつれて痛みが出ます。
 坐位でも立位でも、痛みを感じる場所と程度は同じです。
 腰痛の場所は、骨盤の高さで、背骨の左右握りこぶしひとつ分くらいの範囲です。
 痛みに左右差はなく、右も左も同じくらいに痛いそうです。

 痛みの場所は膀胱経上ですが、とくに左右差はなかったので、坐位で百会を刺絡。
 再度、坐位と立位で背筋を伸ばして症状を確認してもらいました。
 痛みは10→7で、見た目も腰は真っ直ぐ伸ばせてます。
 もう一度、百会の位置の少し前を刺絡。これで痛みは7→3。
 腰の痛みを確認してもらうと、腰よりもむしろ背中の方に痛みを感じるそうです。

 患者さんは「胃かな…?」と仰います。
 話を聞くと、知人に胃ガンが見つかったそうで、そのことを気に病んでるそうです。
 本人さん自身は食欲もあるし、胃の症状もありません。
 臥位でお腹を押さえて見ると、お腹の真ん中に圧痛があります。
 左F1の刺絡でこの圧痛は消えました。
 これで再度、腰と背中の症状を確認してもらうと、3→0。
 腰(背中)の痛みの3割くらいは胃腸からの影響でした。

 痛みや違和感もスッキリしたそうです。
 背筋も伸ばせて、動作も歩行も問題なく出来るようになりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク