スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:耳鳴り 首を傾けると悪化する耳鳴り

 50歳代の女性。数ヶ月前から耳鳴りがするようになりました。
 耳鼻科などの検査では、とくに異常なしと言われています。

 耳鳴りがするのは左右両方ともですが、右耳は常に同じ調子で鳴っているそうです。
 左耳は首をかしげると耳鳴りの音が増悪すると同時に、左の首に痛みを感じます。

 「首を動かして耳鳴りが変化する」という私のブログをご覧になってご来院です。
 →記事:「耳鳴りを止めるツボ その2 ~肩こり・首コリ・顎コリが耳鳴りの引き金です~」

 仰向けで頭頚部を触診すると筋肉がコリコリで、指で押さえると顔をしかめるくらい痛がります。
 強い筋緊張・激圧痛点があるのですが、本人さんには日常生活で何も自覚症状がありません。
 近所の鍼灸整骨院で鍼治療(局所刺鍼)してもらっても、首の痛み・耳鳴りに変化なしです。

 おそらく首周辺の筋肉のトラブルが耳鳴りの症状として出ているのでしょう。
 ということで、首コリの治療です。

 まずは、後頭部・側頚部の筋緊張をふにゃふにゃに緩めました。
 施術時間いっぱいで治療出来たのは首の左半分だけです。右側は手つかずです…。

 翌日に来院してもらうと、いつもは鳴っている左の耳鳴りが止まっているそうです。
 左耳に集中すると何か鳴っているかな~?という程度の音で、気にならないレベルです。
 治療していない右側の耳鳴りは、相変わらず鳴っているそうです。

 右側はもちろん、左側の首の筋肉もまだまだ硬いので、続けて治療することにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
スポンサーサイト

鍼灸症例:耳鳴り 首を動かす・口を開く動作で悪化する耳鳴り

 40歳代の男性。4年以上前から耳鳴りがしています。
 鳴っているのは左耳で、いろいろな治療を試しても改善はありませんでした。

 振り向いたり(頚部)、口を開ける(顎関節)動作で耳鳴りが悪化します。
 頭を下にして逆さまになったり、スイミングで水中に潜るとマシになるそうです。

 頭を支える首の筋肉や咀嚼筋のトラブルが耳鳴りの発生源かな?と予測を立てました。

 いろいろと試行錯誤して治療して、3日間経っても、まだ耳鳴りは小さいままです。
 完全にぶり返す前に追い打ちをかけるべく、再度、同様の治療をしました。

 仰向けに寝て、首をやや右に回した姿勢で、耳鳴りがする左側の顎や首を2番鍼で治療です。

 下関穴と上関穴から、外側翼突筋(下頭・上頭)を狙って刺鍼。
 筋緊張を目安に、胸鎖乳突筋の筋腹に3本ほど刺鍼。
 筋緊張を目安に、顎二腹筋(後腹・前腹)や、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋に刺鍼。
 15~20分ほどの置鍼中、刺した鍼を順に回旋・上下振動を加えて深部刺激。
 
 しばらく治療を続けることにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:耳鳴りに円皮針

 以前に耳鳴りの治療をした患者さんです。
 →記事:「数十年来の耳鳴り」

 耳鳴りがちょっと再発していますが、以前ほどの音ではないそうです。
 この方の耳鳴り(左)は、左F5の刺絡で止まることが分かっているので
 今回は患者さんの協力のもと、刺絡ではなく円皮針を試してみました。
 女性の体格はやや小太りなので、0.6mm(イエロー)のパイオネックスを使いました。

 耳鳴りの音の質や大きさ、どのくらいの位置で鳴っているのかを確認してもらいます。
 そして左F5に円皮針を貼って、その上から1分くらいモミモミします。
 刺激を続けていると、どんどん耳鳴りが小さくなってきたそうです。
 耳鳴りにわざわざ注意を向けないと聞こえないくらいにまで改善しました。

 結果は想定の範囲内ですが、ちょっと実験してみました。
 F5が胆経の経絡・経筋性で耳鳴りに効果があるのか、
 はたまた、全身性の副交感神経抑制で効果があるのかの確認です。

 今度は耳鳴り(左)とは反対側の、右F5に円皮針刺激です。
 左の耳鳴りに注意深く意識を向けてもらうと、耳鳴りは完全に消失しました。
 円皮針は貼ったままにして、もし耳鳴りがしたらモミモミするよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:数十年来の耳鳴り

 70歳代の女性。左耳の耳鳴りです。耳鳴りは数十年来のものです。
 常に高音でセミが鳴いているように、うるさく聞こえているようです。
 聴力低下は年齢相応の程度だそうです。

 今、耳鳴りしている状態を確認してもらいながら治療をしました。
 まずはH5・F5のツボを井穴刺絡です。
 左H5の刺絡では、とくに変化なし=無効でした。
 左F5の刺絡をしている途中、「耳鳴りの音が低くなってきた!」と仰いました。
 刺絡が終わる頃には、ずいぶんと低くなっていたそうです。
 これで様子をみることにして、治療を終了しました。

 2週間後の治療です。
 その後、耳鳴りの音は低いままの状態で持続しています。
 以前よりも音が小さくなっているそうで、耳鳴りがしていない時間もあるそうです。

 前回同様、治療は左F5の井穴刺絡です。
 刺絡をしている最中に、「あっ、耳鳴りが消えた」と仰ったので、
 そこで治療を終了しました。

 このように長年の数回の治療で改善するのは珍しいです。
 症状が長期に渡ると、悪循環を解くのは根気が必要です。
 性格的におおらかで、耳鳴りに執着していないのが功を奏したのかも知れません。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。