鍼灸症例:眼瞼痙攣 まぶたが閉じて目が見にくい

 60歳代の女性。数年前から、両目のまぶたが勝手に閉じるようになりました。
 努力して目を見開こうとしても、まぶたが挙がらず、前が見にくいです。
 眼科では、眼瞼下垂や重症筋無力症などの疾患は除外されました。
 目薬や漢方薬、ボトックス注射などを試しても、残念ながら改善ありませんでした。
 目が閉じているので、人と会うのも億劫で、外出するのも危険が伴います。

 初診
 見た目にも、目がパッチリ開いておらず、なんだか眠たそうな顔つきです。
 目をギュッと強く閉じてからパッと開けるときの目力の感覚を治療効果の指標にします。

 まずは筋肉の痙攣を止めるツボ、両足F5の井穴刺絡。→カテゴリ:「まぶたの痙攣・眼瞼痙攣」
 これで右目が楽に開くように改善。左目の方が症状が強く、まだ重たい感じがあります。
 両手H5で、左目の違和感も解消。両目ともスムーズに開きます。

 2診目
 前回治療後、翌日には症状がぶり返して、元に戻ったそうです。
 発症からの年月が長く頑固な症状なので、最初は出来るだけ頻繁に治療する必要があります。

 H5・F5が有効なのは判明しているので、ほかのツボも試すことにしました。
 眉毛の下(眼窩上縁)の圧痛点の2カ所に、円皮針0.9mm。
 これで目を開いてもらうと、もう100%パッチリと開きます。
 この患者さんの眼瞼痙攣は、眼輪筋からのトリガー症状なのでしょうか??
 最後にH5・F5の井穴刺絡。円皮針で症状が解消しているので、それ以上の改善はなし。

 3診目
 治療の翌日も改善が持続してたそうです。
 患者さんの話を聞くと、症状の強いときは、涙袋の色が悪く、深いしわが出てくるそうです。
 下まぶたの血行が悪くなって浮腫むことと、目の症状は関連しているそうです。

 下まぶたと関連するF6の井穴刺絡。眼窩上縁の圧痛点への円皮針。H5F5の井穴刺絡。
 この方法でも目がパッチリ楽に開くようになります。いろいろな要因が絡んでいるそうです。

 改善させる方法は分かったので、あとは治るまで続けるだけです。
 井穴刺絡と円皮針のやり方を覚えてもらってご自宅でもセルフケアしてもらうよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:眼瞼痙攣 まぶたが勝手に閉じて開かない

 高校生の女性。数ヶ月前から、まばたきが多くなり、勝手に目が閉じてしまいます。
 一度まぶたが閉じてしまうと自力では開けられず、指でこじ開けないといけません。
 左右両目なので、勉強するのも不便で、外出も危険で、生活に大きな支障が出ています。

 眼科では薬を処方されていますが、残念ながら無効のようです。
 他の病院では、チックではないか?とも言われているそうです。
 私のブログをご覧になって、ご来院されました。

 病院の診断名は分かりませんでしたが、おそらく眼瞼痙攣だと思われます。
 →記事:「眼瞼痙攣に効くツボ ~筋肉の過剰収縮を鎮めます~」

 問診の途中でも、まぶたが小刻みに動いたり、強く収縮するなど症状が出ています。
 一旦、まぶたが閉じてしまうと、自力で目を開けられません。
 これらの症状を、本人さんによく覚えてもらいました。
 客観的にも見える症状なので、付き添いのお母さんにも確認してもらいました。

 筋肉の過剰な収縮、痙攣を抑えるツボ、H5F5を刺絡しました。
 ひとつツボを刺絡しては、目の開きやすさを評価してもらいました。
 刺絡するごとに、まぶたが軽くなっていきます。
 目を開けるときの努力が少なくて済むそうです。
 刺絡が終わる頃には、まばたきの回数が減り、目がパッチリ開くようになりました。
 目が勝手に閉じて、指でまぶたを開けないと目が開かないことも無くなりました。
 ときどき、まぶたが強く収縮する症状は残っています。

 ご自宅でも円皮針や刺絡で、井穴刺激をしてもらうよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク