スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:脊柱管狭窄症と診断された左脚の痛み

 70歳代の男性。1ヶ月ほど前、急に左脚の太もも前面に激しい痛みを感じました。
 痛みのため歩行困難になり、MRI検査では腰部脊柱管狭窄症による痛みと診断されました。

 痛み止めの薬を飲みながら、痛みに耐えてなんとか日常生活はこなせています。
 歩いて外出することは難しいですが、自転車では相当な距離を走れるそうです。

 麻痺症状も無いことですから、なんちゃって脊柱管狭窄症でしょう。
 →記事:「脊柱管狭窄症で痛みが出ることはありません!」

 脚を引きずって、かばって歩きながらのご来院です。
 痛みを訴える左太ももを調べると、顕著な筋緊張と、強い圧痛がいくつもあります。
 圧痛点が多すぎるので、まずは遠隔部からのアプローチです。
 歩行時の痛み・歩行姿勢を、治療効果の指標にしました。

 大腿前面と関連のある足部の圧痛点に円皮針。
 計3枚ほど貼ると、太ももの痛みが10→5に改善。
 円皮針を貼った延長線上にある左F6・中指の井穴刺絡で、5→2に改善。
 まだ痛みは残るものの、歩き方もスムーズになりました。

 ご自宅でのセルフケアと、通院治療をしばらく続けることを指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
スポンサーサイト

鍼灸症例:脊柱管狭窄症?? 左脚の痛み、歩行困難

 70歳代の男性。1ヶ月ほど前から急に左脚に激痛が走り、歩行困難になりました。
 整形外科でMRI検査の結果、腰部脊柱管狭窄症と診断されました。

 座位保持や立ち座り、階段の上り下り、自転車の運転では痛みは出ません。
 ただ、歩き始めるとだんだん痛みが増してきて、数分間で歩けなくなります。
 ときどき立ち止まったり座ったり休憩をすると、再び歩けるようになります。(間欠性跛行)

 痛みを訴えるのは、左脚の太ももの前面と、鼠径部近くの内股です。
 左脚の太ももを手で押さえながら、足を引きずってのご来院です。

 痛みを訴える場所の「周辺を押さえますと、筋緊張や圧痛点が見られます。
 画像検査で腫瘍や感染症でなければ、おそらく太ももの筋肉痛だと思われます。
 麻痺症状がないので、なんちゃって脊柱管狭窄症でしょう、ということで治療です。
 →カテゴリ:「神経の圧迫で痛みが!?」

 治療院内を歩き回ってもらって、痛む場所と程度を覚えてもらいました。
 一番痛みが強いのは、太ももの真ん中。縦に一本筋が入ったような痛みだそうです。

 太ももの前面と関連する胃経、左F6にピソマⅡを貼って上からモミモミ&トントン。
 再び歩いてもらうと、太ももの真ん中の痛みは、10→5に改善。
 胃経がアタリなので、胃経上に見つけた第2・第3中足骨間の圧痛点に円皮針。

 再度歩いて痛みを確認してもらうと、今度は鼠径部近くの内股の痛みを強く感じるようです。
 →記事:「痛みが移動する?? ~痛みで痛みを抑える広汎性侵害抑制調節~」

 内股の痛みに対して、ピソマⅡでチェック。左F1有効、左F2無効。
 脾経上の足部の圧痛点に円皮針と、左F1・F6・F4の井穴刺絡。

 歩いてもらうと、まだ少し痛みはあるものの、足を引きずることなく歩き続けられます。

 ご自宅でもセルフケアしながら、しばらく治療を続けてもらうことにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:脊柱管狭窄症  腰下肢の痛みとシビレ

 40歳代の男性。しばらく歩くと、腰から両足先にかけて痛みやシビレが出てきます。
 病院での検査の結果、「脊柱管狭窄症」と診断され、手術を勧められているそうです。
 しかし、腰の神経の圧迫で、遠く離れた足に痛みやシビレが出るのは納得がいかない…。
 とお考えになり、いろいろお調べになって、私のところに治療相談に来られました。

 腰下肢の痛みやシビレの原因は、神経の圧迫でないこと。
 神経が強く圧迫されるとマヒ(動かない・感じない)が生じること。
 マヒがないなら、もちろん手術の必要はないこと。
 痛みやシビレは、血行不良による発痛物質が原因であることを説明しました。
 →カテゴリ:「神経の圧迫で痛みが!?」

 まずは症状の確認です。
 坐位から立位になろうと中腰になったとき、腰の真ん中(仙骨部)が痛みます。
 また、膝を伸ばすときにも、膝関節が硬いような違和感があります。
 数分間、立ったままでいると、お尻から太ももの裏にかけて突っ張り感が出てきます。
 歩いてもらうと、わずか2~3分で腰下肢に痛みやシビレが出てきて辛くなります。
 10分も歩けば足がシビレ切って足元が危ないので、それ以上歩けません。(間欠性跛行)

 まずは中腰での仙骨部の痛みの治療からすることにしました。
 真ん中(正中線上)の痛みなので百会を刺絡。これで仙骨部の痛みは、ほぼ消失。
 膝の違和感に変化はありません。治療の効果に驚かれたそうです。

 今度は立位での臀部から太ももの裏にかけての突っ張りの治療です。
 腰下肢後面と関連する膀胱経F4と腎経F3の井穴刺絡。
 再度、立位で突っ張り感を確認してもらったところ、改善(10→3)。

 今度は膝の違和感の治療です。違和感は膝のお皿の内外側上と膝の外側にあります。
 膝の前面と関連する足の第2・3・4指を中心に圧痛点をいくつか求めて、そこに円皮針。
 ひとつ貼る毎に立ってもらって改善を確認してもらいました。膝の症状は、だいたい改善。

 これで歩き回ってもらうと、腰部、太もも後面の症状はあまり気になりません。
 その代わり、左腰部外側(左脇腹)の痛みが分かるようになりました。
 左脇腹は腰を右に側屈すると、突っ張り感があります。
 これを指標に、脇腹と関連する左F5の井穴刺絡。
 突っ張り感は消失し、動きはスムーズに。痛みはまだ少し残っています。

 左太もも後面外側に突っ張り感を訴えました。
 再度、F3F4の井穴刺絡と、痛みを訴える数ヶ所に円皮針。

 しばらく続けて治療することにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。