鍼灸症例:過活動膀胱 頻尿・尿意切迫感

 30歳代の女性。3年ほど前より頻尿が強くなり、過活動膀胱の診断を受けました。
 抗コリン剤で頻尿は治まるも尿意までは無くならず、副作用も強いため中止。

 症状の強い日は尿意を催すと我慢できず、30分~1時間毎にトイレに走る状態です。
 常にトイレのことが気になるため行動範囲が狭くなり、生活に大きな支障を来しています。

 問診その他の情報から、膀胱の副交感神経の異常亢進だと思われました。
 副交感神経の異常興奮を抑えるH5・F5の井穴刺絡を時間をおいて2セット。
 ご自宅ではピソマとお灸でセフルケアしてもらうように指導して終了です。

 2回目(初回の2週間後)
 治療後4~5日はトイレのことが気にならず普通に生活できたそうです。
 そのあとも、症状の強い日が少なくなり、全体的に調子が良いそうです。
 周囲からも良くなった(トイレの回数が減った)と言われ、自信が戻ってきた様子。

 前回同様、副交感神経抑制のH5・F5の井穴刺絡を2セット。
 最後に交感神経機能を高めるセルフケアをお教えして終了です。

 初回から2週間空いて心配でしたが、強いぶり返しも無さそうで、ひと安心です。
 治療が良いきっかけになって、自然とトイレのことを忘れられることを願います。

鍼灸症例:過活動膀胱 尿意切迫感・切迫尿

 40歳代の女性。過活動膀胱と診断され、薬を処方されていました。
 薬のおかげで頻尿は治まったのですが、切迫尿の症状だけが改善しないそうです。
 尿意を催したら、トイレまで間に合わないことがあるそうです。

 来院時は、尿意切迫感の症状が全くありません。
 しかし、お腹を触ってもらうと、下腹部だけが他とは違って明らかに嫌な違和感があります。
 この触ったときの下腹部の違和感の変化を、治療効果の指標に設定しました。

 遠方からの来院で、ご自宅でもセルフケアを希望なので、今回は円皮針での治療です。
 円皮針は、私が施術しても、患者さんが自分でやっても、同じ刺激で簡単です。

 井穴円皮針刺激のやり方を説明をしながら、左右F5のツボを、モミモミ&トントン♪
 →記事:「過活動膀胱に効くツボ ~蛇口をキッチリ締めます!~」

 刺激後、再度、下腹部を触ってもらうと、「あっ!」
 下腹部のイヤな違和感は消失して、お腹の他の場所と同じ感覚になったそうです。

 治療時間が余ったので、他の症状もサービスで治療です(^^

 下腹部の違和感の改善が、尿意切迫感の改善とイコールだと今の段階では言えませんが
 とりあえず、ご自宅でもセルフケアを続けてもらうことにしました。
 それでも症状が改善しないようであれば、また来院するよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:頻尿 過活動膀胱?前立腺肥大?

 80歳代の男性。昼夜を問わず頻尿があります。
 ひどいときは1時間に数回、もよおして、トイレに行きます。
 トイレに行けば、ちょっとだけですが尿が出るようです。
 内科からは前立腺肥大だと言われ、その薬も出されています。

 この患者さんは、寝たきりに近い状態で、普段は布団で寝て過ごしています。
 トイレに行くにも、足下がおぼつかなく、手すりと奥さんの介助が必要です。
 そんなご主人の介護で、奥さんも寝不足で疲労困憊です。

 治療の依頼を受けたのは12月の中旬です。
 ご主人は布団でぬくぬくされているので、冷えてトイレが近いというワケでもなさそうです。
 頻尿が、前立腺肥大(交感↑↑)なのか、過活動膀胱(副交感↑↑)なのか迷いました。
 高齢の男性であること、内科の診断を考慮して、まずは前立腺だろうと仮定しました。
 泌尿器の交感神経抑制、左右F3を刺絡して、終了しました。

 翌日、奥さんから、普段にも増してトイレが多くなって困ったと教えて頂きました。
 どうやら、逆の治療をしてしまったようです(汗)
 初回の治療は失敗でしたが、これで治療の道筋がつきました。
 
 膀胱の副交感↑↑(過活動膀胱)を抑制する左右H5F5の井穴刺絡。
 そして、できるだけ、日中を坐位(交感神経が高まる方向)で過ごすことを指導しました。

 そんなこんなで、トイレを我慢できる時間、トイレに行く回数がだんだんと改善しました。
 治療頻度を徐々に空けながら、2月が終わる頃にやっと治まりました。
 寒い時季ながら、トイレの回数も通常どおりに戻りました。

 ほぼ寝たきり状態で、動かない・動けない(交感↓↓)で、治療に時間がかかりました。
 しかし、奥さんの全面的なご協力のおかげで、なんとか結果を出すことが出来ました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク