スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:股関節痛 左脚の付け根の痛み

 70歳代の女性。左脚の付け根、股関節前面に痛みがあります。
 寝ていたり、座っていたり、安静にしていると痛みは出ません。
 歩くときや方向転換をするとき、立ち座りなど体位変換で、左脚の付け根に痛みが出ます。
 とくに思い当たるキッカケもなく、痛み始めたそうです。
 だいたい、痛みとはそういうものです(^^;

 まずは症状の確認です。
 立ったり座ったり歩いたり、いろいろ動作をしてもらって、痛みを観察してもらいました。
 一番痛みを感じる動作は、足を伸ばして座った姿勢で、膝を曲げて足を引き寄せてから
 勢いよく膝を伸ばし切ったときに、左脚の付け根に痛みが強く出ます。
 この動作を、治療効果の確認に使うことにしました。

 まずは、左股関節前面と関係する、左足の第2・3・4指(足陽明経筋)の圧痛点を探しました。
 いくつか見つけた圧痛点に円皮針を貼りながら、さきほどの動作をして変化を尋ねました。
 左足中指の根本の両脇の2点の圧痛点がヒット!
 これで痛みは10→5に改善。ほかの圧痛点は無効でした。

 次に、股関節前面と関係する、親指(足太陰経筋)の圧痛点にも円皮針。
 これで痛みはほぼ消失(5→1)。今度は股関節の外側に痛みが移ったと仰いました。
 最も強い痛みが消えたから、2番目の痛みを感じられるようになったのです。
 股関節外側の痛みは、薬指と小指の間の足の甲(足少陽経筋)の圧痛点の円皮針で消失。
 立って歩いてもらったり、脚をひねってもらったり、いろいろ動かしてもらって
 痛みを確認してもらいましたが、もう大丈夫と仰るので、治療を終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
スポンサーサイト

鍼灸症例:股関節の痛み、太もものつっぱり

 70歳代の女性。歩行時に右股関節部の痛み。両大腿後面のつっぱり感。
 股関節が悪いのでは?歩けなくなるのでは?と、かなりの心配症です。

 まずは動作時の症状チェック。
 立位で腰部の前屈で、両大腿後面のつっぱり感が出現します。
 足首から先が非常に冷えているので、お灸にをすることにしました。
 大腿後面を通る膀胱経F4と腎経F3に透熱灸。透熱してから5壮。
 再確認で、前屈時の症状は消失しました。
 今度は、大腿後面のやや内側につっぱり感が出てきました。

 次に、仰向けに寝てもらって、パトリックテスト(4の字固め)では、
 左右大腿内側部のつっぱり感と、 右股関節部の痛みがあります。
 大腿内側部を通る肝経F2と、右股関節部を通る胆経右F5に透熱灸をしました。
 再確認で、右股関節部痛は消失、大腿内側部のつっぱりも改善しました。

 これで歩行時の主訴は、ほとんど気にならない程度にまで改善しました。
 あとは今日のツボに、家庭でもお灸をしてもらうようお願いしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。