鍼灸症例:頚椎ヘルニア 背中・肩・腕の痛みとシビレ

 40歳代の男性。左の背中と腕に痛みとシビレがあります。
 整形外科では画像検査の結果、「頚椎椎間板ヘルニア」と診断されています。
 手術するほどでも無いそうです。

 痛みとシビレを感じる場所は、左の肩甲骨周辺と左上腕後面の下部、それに左人差し指です。
 痛みを訴える場所を押さえて調べましたが、これと言って圧痛点はありません。
 最も辛いときでは、夜も痛みで何度も起きて眠れないほどの痛みだったそうです。

 肩甲骨、上腕後面、示指。
 典型的な斜角筋からの関連痛パターンだったので、左の斜角筋部を押さえてみました。
 すると肩から上腕にかけて、重痛いようなシビレ感が再現・増悪しました。
 首の動作では、左側屈と左後斜屈で症状が再現・増悪。
 おそらく斜角筋のコリが痛みやシビレの発生源でしょう、と説明しました。

 頚部の左側屈と左後斜屈での症状悪化を治療効果の指標にしました。

 治療は斜角筋の緊張をゆるめる経筋治療から。
 頚部前側面(斜角筋部)と関連するのは、大腸経、胃経。少陽経も関連あるかな?

 まずは大腸経、左H6を円皮針で坐位・呼気時にトントントン♪
 これで左後斜屈時の腕の症状が少し改善。
 続いて胃経、左F6も同様に。左後斜屈の腕の症状がさらに軽減。(10→5以下に)
 腕は良いものの、背中の痛みがイマイチです。
 背中の圧痛点に円皮針。かなり楽になったようです。

 左側屈時の症状に、左H5。腕の痛みが5→1~2くらいに改善。
 今度は背中が気になると仰るので、再度圧痛点を探して円皮針。すっかり楽だそうです。

 まだ症状が1~2ほど残っていますが、来院時よりもかなり改善しています。
 この時点で斜角筋を押さえても圧痛もなければ、背中や腕に関連痛が出ません。
 このまま自然に治っていくことを期待して、ご自宅でも円皮針刺激をしてもらうよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:頚椎ヘルニアと診断されている首の痛み

 30歳代の男性。首の右後ろから右肩甲骨にかけて痛みを訴えます。
 病院では頚椎ヘルニアだと診断されているそうです。

 天井を仰ぎ見ようと首を後ろに曲げると、右後頚部から右肩甲間に痛みが走ります。
 首の後屈動作が辛いので、うがいをすることが出来ないそうです。

 ちなみに、頭を下げて患部をストレッチするように前屈しても痛みは出ません。
 そして痛みを訴える患部を触診しても、明らかな圧痛はありません。
 痛みを感じる場所に必ずしもトラブルがあるとは限らないのが筋痛のややこしいところです。

 「上を向くと頸椎の隙間が狭くなって神経を圧迫…」なんて洗脳されているのでしょう(^^;
 →カテゴリ:「神経の圧迫で痛みが!?」

 後屈時痛で伸展される側である首の前面の治療をやってみました。
 身体の前面は、陽明(大腸経・胃経)なので、まずは大腸経の右H6をピソマでグリグリ。
 これで後屈時痛は半減しました(10→5)。
 次に胃経の右F6をピソマ刺激。残りの痛みもだいたい良いようです(5→1)。
 まだちょっと違和感があるとのことなので、胃経上の足の甲の圧痛点にピソマ。
 これでスッキリしたようです(1→0)。

 身体は、前後左右上下のバランスで成り立っているのが興味深いです。

 また痛くなってきたら、ご自宅でもピソマ刺激してもらうよう指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク