鍼灸症例:上顎の乾燥感 ドライマウス

 50歳代の女性。数年前からドライマウスで口腔内に乾燥感があります。
 現在、ドライマウスは治り、唾液の分泌も十分で口腔内は潤っているのですが、
 上顎に乾燥したような感覚だけが残っているそうです。

 上顎の乾燥感を紛らわすため、舌を動かして払拭しようとするそうです。
 なんとも不快な症状だそうです。

 おそらく長年のドライマウスで、乾燥感を脳や神経が記憶してしまっているのでしょう。
 実際には潤っているのに、乾燥していると脳・神経が錯覚・勘違いしている状態と説明。

 常に上顎に感じる乾燥感の変化を、治療効果の指標にしました。

 上顎(口腔)を消化器の一部と見なして、脾経(左F1)か胃経(F6)か。
 まずは左F6の井穴刺絡。刺激直後、上顎の乾燥感がマシになってきたそうです。
 右のF6も井穴刺絡。もう乾燥感は気にならない、感じないそうです。

 患者さんは劇的な変化・改善に驚いたご様子。
 1回の治療で症状は解消しましたが、長年の勘違いなので、また思い出すかもしれません。
 改善を定着させるためにも、あと何回か続けて治療することになりました。

 →カテゴリ:「★治療院のご案内 はりきゅう中村@大阪」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク