スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左腕の痛み 背中で握手が出来ない

 70歳代の女性。左腕を背中に回そうとすると二の腕(上腕)の外側に痛みを訴えます。
 エプロンのひもを結ぶ動作が痛くて出来ない、いわゆる結帯障害という症状です。
 以前は背中で握手が出来たのに…と残念がっていらっしゃいます。

 動かしたときの左腕の痛みと、左手をどこまで肩甲骨に近づけられるかが治療効果の指標です。

 手を真後ろに挙げる(肩関節の伸展)動作での痛みは、左H1H6の井穴円皮針でほぼ解消。
 手を水平に外に広げる(水平外転)ときの痛みは、左H2で解消。
 手を背中に回してから肘を曲げたときの痛みは、左肘関節の外側の激圧痛点の円皮針で解消。

 これで難なく背中で握手が出来るようになりました^^

 治療に来る前に、ご自分で左腕の痛い部分に円皮針を貼ってましたが効かなかったそうです。
 痛みが投影されている場所が本当にトラブルを起こしているとは限らないですから(^^;
スポンサーサイト

鍼灸症例:左肩甲骨周辺の痛み

 50歳代の男性。10日ほど前から左の肩甲骨周辺に痛みを訴えています。
 頸椎症の持病があり、ペインクリニックでブロック注射をするも、痛みがぶり返してきたそうです。

 腋を締めて肘を胴体に付けていると痛みはマシになるそうです。
 反対に、肘が胴から遠ざかる(肩関節の外転)と痛みが増悪してきます。

 治療ベッドに座ってもらっていると痛みのため腕の置き場に困るようで、落ち着きがありません。
 立っているときの方が、まだマシだそうです。
 最も強い痛みが出る動作は、腕を左斜め上に挙げるときです。
 この動作時の痛みの変化を、治療効果の指標にしました。

 痛みを訴える姿勢で素早く触診すると、左腋後面と左肩甲骨内側に著明な圧痛があります。
 ちなみに、局所の圧痛点に円皮針を貼ってみましたが、無効でした。

 患部と関連のある小腸経、左H4の井穴刺絡。これで痛みは10→5に改善。
 指先を刺激しただけで、さっきの痛みが良くなったので、あれっ?と驚いていらっしゃいます(^^;
 同じく関連のある大腸経、左H6。痛みは5→3に改善。

 今度は腕を左斜め上に挙げる動作よりも、腋を開く動作(外転)の痛みが気になるそうです。
 座るとダメ&立つとマシ。脚からの影響もあるのかな?
 胸脇と関連のある胆経、左F5。外転時の痛みは半分に、左H5でほぼ解消です。

 いろいろ肩を動かしてもうらうと、まだ少し痛みは残っているものの気にならない程度です。
 もし痛みがぶり返して来るようなら明日にでも来院するようお願いして治療終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:肩が痛くて目薬をさせない 首からの関連痛

 60歳代の男性。急に右肩が痛くなったそうです。
 目薬をさそうとすると痛むそうで、とくに思い当たる原因はないそうです。

 右肩が痛いと訴えるのですが、本人さんは、実際にどこが痛むか分からないそうです。
 目薬をさす肩・腕と首の動作を別々に行ってもらうと、肩・腕を挙げただけでは痛みは出ません。
 首を後ろに反らして天井を向く動作のときに、右肩に痛みを感じるそうです。

 どうやら痛みの発生源は、肩ではなく、首のようです。

 痛みを感じる姿勢で首を押さえて調べると、首の右側に、強い圧痛を訴える範囲があります。
 その圧痛範囲(胸鎖乳突筋上)に円皮針を2枚貼ると、首の後屈時の右肩の痛みは消失。
 今度は別の場所に痛みを感じるようになりました。
 →記事:「痛みが移動する?? ~痛みで痛みを抑える広汎性侵害抑制調節~」

 さっきと同様に押さえて調べて見つけた圧痛点(僧帽筋上部線維上)に円皮針を1枚。
 これでこの痛みも消失。

 肩の痛みと思いきや、原因は首コリ!
 このような痛みは、痛みを感じる場所を一生懸命治療しても、全く改善しないものです。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左肩の痛み

 70歳代の女性。1ヶ月ほど前から左肩の痛みが続いています。
 そのうち治るだろうと様子をみていましたが、変化がないのでご来院。

 左腕を前から挙げて(肩関節屈曲)もらうと、90~135あたりで肩に痛みが出ます。
 その角度を超えると痛みがマシになります。
 真横から挙げて(肩関節外転)もらうと、同様に痛みが出ます。
 屈曲よりも外転の方が、痛みが強いです。

 痛みを感じる角度で保持して圧痛点を探しても、激痛点は見つかりません。
 比較的強い圧痛点3つに円皮針を貼ってみましたが、改善はそれなり(10→8)です。

 肩に痛みが出る動作(屈曲・外転)から判断し、左H4・H3の井穴灸で痛みは8→4に改善。
 痛みを感じる場所(肩関節前面)から、左H6の井穴灸で4→1。
 痛みもほどんど消失し、動作もスムーズです。

 自宅での井穴灸でのセルフケアと、まだ痛むなら治療に来るよう指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左肩関節痛 左肩が痛くて上がらない

 70歳代の女性。左肩関節部が痛くて、肩が上がりません。
 手を下ろした姿勢から真横に上げていく(肩関節の外転)動作が出来ません。
 水平位90度くらいで痛みが出て、それ以上は辛くて上がりません。
 痛みのある場所は、肩関節の前面です。
 その他の動作、それなりに出来ています。

 肩を酷使したとか、どこかにぶつけたなどの思い当たる原因はありません。
 このような、症状に見合うような患部のトラブルがない場合、
 患部とは別の場所が痛みの引き金になっている事が多いです。
 最近、手や腕を使い過ぎるようなことを何かしなかったか尋ねると
 そう言えば、掃除で雑巾を絞る事が多かったそうです。

 実際に雑巾を絞る動作をやった姿勢を保持してもらいました。
 親指の付け根(母指球)や前腕の外側(腕橈骨筋)に力が入っています。
 なるほど!ということで、治療の開始です。

 左手母指球に圧痛点がいくつか見つかりました。
 細かく押さえて調べていって、最も痛い点に円皮針を貼りました。
 圧痛点に円皮針を1枚貼るたびに、左肩の上がる角度が改善されていきます。
 合計3枚の円皮針を貼ったところで、左肩は痛みなくスムーズに上がるようになりました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:右肩の痛み、手が頭に回らない 結髪障害

 60歳代の男性。右肩に痛みがあり、痛みのため肩の動きが制限されています。
 痛みのため、右手を頭の後にもっていく動作(結髪動作)が出来ません。

 その動作を出来る途中までやってもらい、痛みを感じる場所を指示してもらいました。
 痛みを訴えるところに印をつけると、肩関節の前外側です。
 とくに肩関節の上の方に痛みを強く感じます。

 痛みのある場所に相当する大腸経H6に、透熱灸を数回しました。
 これで再び結髪動作をしてもらうと、さきほどより大幅に動きが改善しています。(10→3)
 まだ肩関節の前面に突っ張り感が残っているので、この場所に相当する肺経H1に透熱灸。
 これですっかり肩関節は痛みなく自由に動くようになりました。

 これだけで治療を終わるのは申し訳ないので、お酒好きなお腹の治療をして終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左肩、腕、手の重だるい痛み、シビレ

 70歳代の女性。左上肢の重怠い痛みと前腕から指にかけてのシビレ。
 肩関節から上腕にかけては重怠いような痛みがあります。
 痛みのある部位は、肩関節・上腕の前面と外側面です。
 前腕の前外側から人差し指と親指にかけては、重だるい痛みに加え、シビレがあります。
 症状は、上肢の運動時以外にも、安静時や臥位にもあります。
 とくに発症のキッカケはありません。

 首のレントゲンでも撮って骨の変形でも見つかれば、頚椎ヘルニアだと言われる症状です。
 ですが、神経の圧迫で痛みやシビレは出ないので、これは皮膚・筋肉の痛みとシビレです。

 まずは症状の確認です。
 上肢をいろいろ動かしてもらったところ、上肢を真横に上げた位置(外転90度)で、
 腕を少し上下に動かすと、肩関節部・上腕部に症状が最も再現されます。
 この動作を治療効果の指標に使うことにしました。

 まずは前腕前外側と肩関節前面(肺経)を目的にH1の井穴刺絡。無効。
 前腕外側と肩関節前面(大腸経)を狙ってH6。有効(10→5)。
 前腕後面と肩関節外側面(三焦経)を狙ってH5。有効(5→2)。
 今度は肩関節前面の痛みが分かるようになり、指摘されたので心包経H2。有効(2→0)。
 これでほとんど症状は気にならなくなりました。

 圧痛の残っていた手三里、孔最、合谷に単刺後、円皮針。
 自律神経機能を高めて治癒力を高める浅刺・呼気時・坐位の刺法。
 今日の治療で有効だったH5・H2・H6にお灸をするよう指導して終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:右肩の痛み、手を後に回せない

 70歳代の男性。右肩の痛みです。とくにキッカケはないそうです。
 痛みを感じる場所は、上腕上部の前面と外側面(肺経・大腸経)です。
 肩関節の伸展・結帯動作と水平外転で、この痛みが増悪します。
 とくに伸展運動では痛みのため、関節可動域に制限があります。
 その他の動作では、痛みも可動域制限もありません。
 
 これらの動作による痛みと関節可動域制限を、治療効果の確認に使うことにしました。

 まずは経筋治療。
 母指球・手首の内側、人差し指・手の甲にいくつもの圧痛点がありました。
 圧痛の強い点から、ひとつずつ円皮針を貼って、誘発動作の変化を確認をしていきました。
 ひとつ貼るたびに痛みと可動域が改善していきます。
 中には円皮針を貼ると悪化する圧痛点もありましたが、シールを外せば元に戻りました。
 やはりツボ刺激は、ひとつずつ効果を確認する必要がありますね(^^;

 そうやって4枚ほど円皮針を貼った段階で、痛みと可動域制限は、9割ほど消失しました。
 ほぼ良いのですが、可動域ギリギリまで動かすと突っ張り感がある場所が残っています。
 その姿勢を保ったまま、患者さんに気になる点を指で指摘してもらい、
 最も痛い点に円皮針を貼って、上からタッピングしました。
 円皮針のみの治療で、症状はスッキリ消失しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:左肩が痛くて挙がらない

 70歳代の女性。左肩の痛みと可動域制限です。
 とくに思い当たることもなく痛みはじめ、腕を上げられなくなりました。

 痛みを感じる部位は、左上腕の三角筋あたりです。
 腕を前から上げる(肩関節屈曲・前方挙上)と、90度(水平位)くらいで痛みます。
 それ以上の角度を挙げる痛みが増し、上まで(180度)上げると痛みはなくなります。
 挙げた腕を降ろすときにも痛みがあります。
 真横から上まで挙げる(肩関節外転)ときにも痛みますが、前方挙上よりマシです。
 水平内転の動作が最も痛みが強く、反対の手で支えなければ動かせません。
 その他の動作(肩関節伸展・水平外転など)では、痛みは増悪しません。

 最初は経筋治療。痛みを感じる三角筋部を通る大腸経・三焦経上の圧痛点を調べました。
 合谷部と中渚部あたりに圧痛点を求め、そこに円皮針。
 屈曲と水平内転の痛みは10→7。痛みはじめる角度も改善しています。
 その他の圧痛点は無効でした。

 次に、大腸経H6の井穴刺絡。屈曲時の痛みは7→5に改善。
 今度は脇の近く(小腸経)が痛いと仰るので、H4の刺絡。この場所の痛みは消失。
 また今度は肩の前の方(肺経)が痛むので、H1。これで消失。
 一番辛い水平内転の動作が残っている(わざと治療せずに残している)ので、
 最後に本命のH5の井穴刺絡。これでどの動作時痛もほぼ消失。可動域も正常。

 あとは気になる患部の圧痛点に円皮針を2枚貼って終了です。
 治療の終わり、「そういえば、高枝切りバサミを使った後に…」と思い出されました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:右肩と腕の痛み、重だるさ、シビレ

 70歳代の女性。右肩から腕にかけて、重だるいような痛みとシビレがあります。
 夜中目覚めると、疼きまではいかないが、重だるい感覚があるそうです。
 打撲や外傷など、とくに思い当たるキッカケはありません。

 常になんとなく、重だるい、痛いような違和感が、右肩腕の前面と側面にあります。
 患部の場所は、ココ!と指し示せず、なんとなくこの辺りということです。
 シビレも常に感じているわけではありません。

 肩関節の外転動作が、最も肩と腕に痛みと違和感、可動域制限があります。
 前方挙状(屈曲)と水平内転でも、症状が増悪します。
 水平外転と伸展(結帯)動作では、増悪しません。

 症状を感じる場所が、肩腕の前面と外側面だという判断で…
 大腸経と肺経上の圧痛点(合谷部と太淵部)を求め、そこに円皮針。
 これで、前方挙状(屈曲)と水平内転の症状が10→5。
 外転動作は、疼痛・可動域制限ともに変化なし。
 大腸経H6と肺経H1の井穴刺絡で、前方挙状と水平内転の症状が5→3。
 外転動作に対してH5の井刺。これで外転時の症状が10→1。
 ほとんど良いのだけど、なんだか肩前面に違和感が、まだ3割残ってます。
 肩関節前面の患部の圧痛点に円皮針を数枚貼って、気にならないくらいスッキリしました。

 有効だった、H5・H1・H6にお灸をするよう指導して終了しました。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで

鍼灸症例:肩から腕にかけての痛みとシビレ

 60歳代の女性。
 右肩から腕にかけて、だるいような痛いような感じがします。ときどきシビレます。
 肩を動かしたときに、特に症状が強く出ますが、寝ていても怠いこともあります。
 打撲など、とくに思い当たる理由はありません。

 右肩を挙上してもらうと、135度近辺で最も肩・腕の症状が強くなります。
 水平内転でも、先ほどと同じ場所に同様の症状が出ます。
 その他の動作(伸展・水平外転・内旋・外旋)では、増悪しません。
 症状の出る場所は、肩関節・上腕の前面と外側面です。

 患部を走行する、肺経・大腸経・三焦経の経絡上の圧痛点を、手首から先に4つ見つけました。
 それらの圧痛点に円皮針を貼りながら、症状増悪動作を確認しました。
 結果、魚際部の2点と、合谷部の1点が有効で、これら円皮針で症状はほぼ消失。
 腕が違和感なくスムーズに動きます。
 少しだけ残った挙状時と水平内転時の症状に対し、H1・H6・H5の井穴刺絡。
 これで残らずスッキリしました。同じツボにお灸をするよう指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腕が痛くて挙がらない

 70歳代の女性。左肩と左腕の、重だるさ・痛み・つっぱり感。
 3ヶ月ほど前、何のきっかけもなく痛みはじめました。
 医者には「使いすぎだろう」と言われ、肩に注射をしたが、変化なし。
 マッサージの先生に、肩や腕を治療してもらっても、気休め程度。
 腕を少しでも動かすと痛むので、衣服の着脱をはじめ、生活にかなり支障があります。

 治療前の症状把握。
 左腕を前方挙上すると、肩関節前面から上腕前面にかけて痛みが出ます。
 90度以上は、痛くて挙がりません。
 右手で支えると、それ以上の角度まで挙げることが出来ますが、
 上腕後面から肘にかけて、痛みとつっぱりが出てきます。
 挙げた腕を降ろすときは、右手の支えが無いと、力が抜けたように腕がガクッと落ちます。
 結帯動作でも、肩関節から上腕前面にかけて痛みます。
 安静時にも、常に肩と腕に重だるさがあります。

 いわゆる、「肩腱板断裂」とか「棘上筋炎」とか言われる症状ですが、
 痛みの治療をする上で、なんら問題はないので、治療しました。

 腕や肩の前面を通る肺経上、魚際あたりに3つの圧痛点があります。
 大腸経経上、合谷あたりに、6つの圧痛点。
 それらの中から、圧痛の最も強い点から順に治療点にしました。
 最強圧痛点に円皮針を貼るたびに、動作痛を再確認します。
 円皮針をひとつ貼る毎に、痛みが改善します。
 ひとつひとつ確認しながら、合計6つのツボに円皮針をしました。

 これで肩と腕の痛み・重だるさ・つっぱり感は消失しました。
 もう、どのように動かしても痛くありません。
 治療前は反対の手で支えて挙げ降ろしをしてたのに、その必要がなくなりました。
 キツネにつままれたように、驚いていらっしゃいました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:肩が痛くて腕が挙がらない

 60歳代の女性。右肩関節前面部の痛み。
 先日、自転車に乗ろうとペダルに足をかけたとき、体勢を崩し自転車ごと転倒。
 自転車の右側から乗る姿勢で、自転車ごと左側に倒れ込みました。
 右肩は倒れ込んだ上側なので、直接、ぶつけたワケではなさそうです。
 患部を見てみましたが、内出血や腫れはありません。

 治療前の症状把握。
 肩関節の前方挙上の90度付近で痛みが出現します。
 それ以上の角度に挙げるのは、痛みのために出来ません。
 結帯動作では、痛みがありません。
 肩関節の外転の90度付近で痛みが出ます。
 それ以上の角度を上げてしまえば、痛みは少し楽になるそうです。

 肩関節前面部を通る肺経上の圧痛点に円皮針をしました。
 前方挙上の動作痛は少し改善。外転の動作痛は変化なし。

 今度は同じく肩の前を通る大腸経上の圧痛点2つに円皮針。
 これで外転動作は、135度くらいでまで痛みが出なくなり、痛みの程度も改善。

 仕上げに、肺経H1と大腸経H6の井穴刺絡。
 これで、前方挙上と外転の動作痛が、ほとんど気にならないまでに改善しました。
 H1とH6にお灸をするようアドバイスして治療終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:腕と肩の痛みとだるさ

 70歳代の男性。右上腕と肩の重だるさ。動作時のつっぱった感と痛み。
 1日中、座りっぱなしで、ノートパソコンでビデオ編集作業を行ってます。
 右腕はマウス操作くらいで、ほかに痛める原因は思い当たらないらしいです。

 治療前の症状の把握。
 右肘伸展位の肩関節前方挙上135度くらいで、上腕前面が痛みます。
 痛みに変化はないものの、真上まで挙上可能です。
 結帯動作で、肩関節前面の痛みが出現します。
 肩関節の水平内転で、上腕外側に痛みが出ます。

 マウス操作でよく使う手をあちこち押さえて調べてみました。
 三間、合谷あたりの圧痛点に円皮針をしました。
 動作確認で、上腕前面と肩関節前面の痛みは半分くらいに改善。
 上腕外側の痛みは変化なし。

 大腸経H6と肺経H1の井穴刺絡で、残っていた上腕・肩関節前面の痛みは消失しました。
 上腕の外側を通る三焦経H5で、水平内転時の上腕外側痛も消失。
 腕や肩を自由に動かしても、どこにも痛みはなくスッキリしたと仰いました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。