スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足首の痛み、捻挫の痛みに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針・お灸~

 スポーツなどをやっていると、捻挫で足首を痛めることがよくあります(涙)。
 レギュラー争いや、試合前だと、休んでいるわけにはいきません。
 アイシングやテーピングなどで、痛みをこらえながら頑張ってしまいます。
 そうやって、痛い方の足をかばっていると、他の場所まで痛くなってきます。

 実は、捻挫による足首の痛みは、案外、はりきゅうで簡単に取れてしまいます。
 腫れや内出血がある場合でも、痛みは取れます。
 痛みと、腫れ・内出血は、また別物です。腫れが引いても、痛みは残ります。
 アイシングなどの腫れの治療と、痛みの治療は別々に行いましょう。

 まずは、どういう動作のときに足首が最も痛みますか?
 足首を反らす、内返し、外返しのとき?地面を蹴るとき、体重をかけるとき?

 痛みが出る姿勢を少し保ったまま、痛む場所の周辺をあちこち押さえてください。
 足首の捻挫で痛めやすいのは、内くるぶし・外くるぶしの周辺が多いです。
 押さえて痛いところの中でも、最も痛いところ(=ツボ)を探し出してください。
 そこに円皮針を貼りるか、お灸をしましょう。捻挫にはお灸が結構効きます!

 ツボの見つけ方・探し方は、カテゴリ:「円皮針の使い方」をご覧ください。
 お灸のやり方は、記事:「お灸による井穴刺激のやり方」に準じて参考にしてください。

 痛みはマシになったが、それでもまだ痛い。
 または、痛いところに円皮針やお灸をして効果がなかった。
 そもそも痛みを感じる場所を押さえても、痛くなかった。
 そんなときは、次で紹介する痛みを感じる場所から選ぶツボを刺激してみてください。

 →次記事:「足首の痛み、捻挫の痛みに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~」
スポンサーサイト

足首の痛み、捻挫の痛みに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~

 足首が痛いはずなのに、押さえてみても、それほど痛みを感じないことがあります。
 逆に、急性の場合には、どこを押さえても、飛び上がるほど痛いこともあります。
 そのような場合は、痛みを感じる場所から選ぶツボが良く効きます。
 →前記事:「足首の痛み、捻挫の痛みに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針・お灸~」

 まずは、いろいろと足を動かして、足首の痛みを確かめてください。
 どの場所が、どういう動作で、痛みが強くなりますか?
 足首の痛みの強さや、痛む範囲をよく観察して覚えてください。

 「なんとなくこの辺りが痛い」と、だいたいの場所さえ分かれば大丈夫です!
 下の足首の図をご覧下さい。
 足首の痛み
 足首の痛む場所から選ぶツボ


 足首の痛む場所が、
 足首の内側・内くるぶし周辺なら、F1・F2・F3のツボ。
 足首の前面が痛むなら、F6のツボです。
 ツボ番号がありませんが、中指の爪の生え際(内・外側)も効果的です。
 足首の外側・外くるぶし周辺なら、F5のツボです。
   足の井穴図足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 刺激をするツボは、痛い側(右足首が痛いなら右側)の足のツボを選んでください。
 
 ツボ刺激をしたあと、最初にやった痛みの出る動作をもう一度して、痛みを確認してください。
 痛みの強さや、痛みを感じる範囲はどうですか?
 効果があれば、その場で痛みが改善します。
 変化が分からない場合は、「改善なし」と判断して、ほかのツボを試してください。

 あなたの足首の痛みが治りますように!

 →次記事:「かかと・足の裏の痛みに効くツボ」

かかと・足の裏の痛みに効くツボ

 私事ですが、ジョギングをしていて何が悪かったのか、カカトを痛めてしまったことがあります。
 足を地面に着けるたびに痛く、歩行もままならず、情けない思いをした経験があります(涙)。
 でも、たまには痛い思いをした方が、患者さんの辛さが分かるというものです(^^;

 さて、かかと・足の裏の痛みに効くツボのお話です。

 【ツボその1】
 まずは、痛む場所を、あちこち押さえてみて、最も痛む点(=ツボ)に円皮針を貼ってください。
 ツボの見つけ方・探し方は、カテゴリ:「円皮針の使い方」をご覧ください。
 これで、痛みが楽になったら、万々歳です!

 【ツボその2】
 かかと・足の裏の痛みに効くツボは、ふくらはぎ(スネの後面の筋肉のふくらみ)にあります。
 下図はツボが出やすい場所を、あくまで参考程度に示したものです。
   かかと・足裏かかと・足の裏の痛みに効くツボ
 コツは、痛みの出る体勢でツボを探すことです。立ったときに痛むなら立ってツボを探します。
 上図に惑わされずに(笑)、ふくらはぎをあちこち押さえてもらってツボを探してください。
 そして最も痛む点や、痛い場所にひびくような点があったら、そこがツボです。
 その点に、円皮針を貼ってください。

 【ツボその3】
 その1・その2のツボでも、痛みに変化がない・マシになったけどまだ痛い。
 そんなときは、足の指先のツボを刺激してみてください。
   足の井穴図足の井穴図
 かかと・足の裏の痛みに効くツボは、足の小指のF3とF4のツボです。
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 あなたのかかと・足の裏の痛みが治りますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。