神経のはたらき過ぎを抑える治療 ~井穴刺絡療法~

 自律神経は、体内環境を正常の範囲内に保つはたらきをしています。
 交感神経と副交感神経がうまく協調しているときは問題ありません。
 少々のストレスで体内環境が乱れても、元の範囲内に戻してくれます。

 しかし、ストレスの質や量が大きすぎると、自律神経のはたらきに異常を起こします。
 その結果、心身にさまざまな病気や症状が引き起こされてしまいます。
 →カテゴリ:「自律神経のはたらき」

 ならば、自律神経のはたらきを正常に戻してやれば、症状は自然と治るのではないでしょうか。

 はりきゅう治療のひとつに、「井穴刺絡」(せいけつしらく)と呼ばれる施術方法があります。
 井穴刺絡の刺激が、神経のはたらき過ぎを抑える作用があることを、横浜の医師である
 故・浅見鉄男先生が発見されました。
 そして、その効能を研究し、井穴刺絡学として治療法を体系化させました。
 現在、福岡の井穴刺絡研究会・ぎんなん治療院の先生たちが啓蒙・普及に努められています。
 →外部リンク:「井穴刺絡研究会」

 井穴刺絡では、症状に見合ったツボを選んで刺激します。
 筋肉のコリ、つっぱり、関節を自由に動かせない、などの「運動神経」の治療。
 痛み、シビレ、かゆみ、冷感、むずむず感などの「感覚神経」の治療。
 肺や心臓、胃腸や肝臓、腎臓などの内臓を調節している「自律神経」の治療。
 そして、喘息やアトピー、花粉症などの「アレルギー」の治療も出来ることが最大の特徴です。

 では、井穴刺絡療法とは、具体的にはどのような治療方法なのでしょうか。
 →次記事:「井穴刺絡ってどんな治療? ~誰がやっても効果は同じ!~」

井穴刺絡ってどんな治療? ~誰がやっても効果は同じ!~

 はりきゅうの治療法のひとつに、「井穴刺絡」(せいけつしらく)と呼ばれる施術方法があります。
 「井穴刺絡」には、神経のはたらき過ぎを抑える効果があります。
 →前記事:「神経のはたらき過ぎを抑える治療 ~井穴刺絡療法~」

 「井穴」(せいけつ)とは、手や足の指先にあるツボのグループ名のことです。
   手足の井穴図手足の井穴図
 「刺絡」(しらく)は、専用の鍼(はり)を皮膚に刺し、出血刺激を加える施術方法です。
 つまり、「井穴刺絡」とは、「指先のツボに出血刺激を加える鍼灸施術方法」です。

 治療方法は、いたって簡単!
 やる気があれば、患者さん自身、そのご家族さんでも出来ます。
 誰がやっても効果は同じです。ベテランの先生でも、今日習った患者さんでも同じです。
 しかも治療の直後に効果が出るので、効果の有無が、すぐに分かります
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 井穴刺絡療法は、たいていの人に効果があります。
 しかし、どんな治療法でもそうですが、井穴刺絡療法も万能ではありません。
 たとえ同じ症状の患者さんでも、効果のある人と、そうでない人がおられます。
 ですが、これほど簡単に出来て再現性の高い治療は、セルフケアにはピッタリだと思います。

 井穴刺絡は、人間の身体に元から備わっている仕組みを利用した治療法です。
 神経のはたらき過ぎを抑える効果がありますので、身体を害することも少ないです。
 副作用は、「痛い(ほぼ無痛)」、「熱い(我慢出来る程度)、「出血」くらいでしょうか(^^;
 セルフケアの治療道具の費用も高額ではないので、お財布にも優しい治療法です。

 →次記事:「井穴刺絡のツボ一覧 ~井穴の効能・効果の早見表~」

井穴刺絡のツボ一覧 ~井穴の効能・効果の早見表~

 「井穴刺絡療法」では、例えば腰が痛い場合、患部の腰に鍼をすることはありません。
 指先のツボ(井穴)に刺絡やお灸をしたりして、腰痛を治してしまいます。
 →前記事:「井穴刺絡ってどんな治療? ~誰がやっても効果は同じ!~」

 鍼灸の世界では、「経絡」(けいらく:身体のエネルギーが流れる道)という考え方があります。
 さきほどの腰痛の例で言えば、患部の腰を通る「経絡」の末端のツボ(井穴)を刺激します。
 井穴への刺激は、その経絡上の「痛み」や「つっぱり」などの異常を改善させる効果があります。

 実のところ、「ツボ」や「経絡」については、現在の科学では未だに解明できていません。
 なぜ効果があるのか分かりませんが、まるで、タネの分からない手品のようなものです。
 はりきゅう治療をしてる私自身も、いつも人体のメカニズムを不思議に思っています。

 井穴の効果・効能を簡単に記しますので、個別の病気や症状については、
 左記のカテゴリ一覧の中から、あなたの気になる症状をご覧下さい。


 【交感神経を抑えるツボ】 H6・F4 発熱や高血圧など、全身にかかわる症状に
 →記事:「交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ」

 【副交感神経を抑えるツボ】 H5・F5 いわゆるアレルギー症状に
 →記事:「副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ」

 【心臓のツボ】 H3 動悸・頻脈など、心臓の症状に
 →記事:「心臓のツボ ~1日10万回もドキドキしてます!~」

 【肺のツボ】 H1 風邪や肺炎など、呼吸器の症状に
 →記事:「肺のツボ ~鼻・のど・気管支~」

 【胃腸・膵臓のツボ】 左F1・F6 胃腸や膵臓など、消化器の症状に
 →記事:「胃腸のツボ ~口唇から肛門までの長い道のり~」

 【肝臓のツボ】 右F2・F6 飲み過ぎや肝炎など、肝臓の症状に
 →記事:「肝臓のツボ ~飲み過ぎ食べ過ぎには気をつけて!~」

 【腎臓・膀胱のツボ】 F3 腎臓や膀胱など、泌尿器の症状に
 →記事:「腎臓のツボ ~毎日お風呂の半杯分の血液をキレイにしてます!~」
 →記事:「膀胱のツボ ~蛇口を締めるも緩めるも、自律神経次第!~」

   手足の井穴図手足の井穴図
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク