スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鳴り・頭鳴のセルフケア ~音は耳でなく、脳で聴いている~

 他人には聞こえない音が、私には聞こえる…。
 このように書くと、どこかオカルトチックですが、耳鳴り・頭鳴(ずめい)はそういう音です。

 そもそも私たちは、どうやって音を感じているのでしょうか。

 音とは、空気の 「振動」 という力学的エネルギーです。
 1秒間に空気の振動する回数(周波数)が大きいほど、キ~ン♪と高い音になります。

 外部で発生した空気振動は、耳介・外耳道で収集・増幅されて、鼓膜を振動させます。
 鼓膜の振動が中耳でさらに増幅されて内耳に伝わり、内耳で電気信号へと変換されます。

 内耳(蝸牛)で発生した電気信号は、神経(蝸牛神経)を伝って脳(聴覚野)へと送られます。
 その電気信号を 脳が受信・認識することで、音を感じるのです。

 空気振動 → 外耳・中耳で増幅 → 内耳で電気信号に変換 → 聴覚神経 → 脳で「音」と認識

 重要なのは、音を感じるのは「脳」 であって、耳は単なる収集・増幅・変換器だという事です。

 もちろん耳鳴や頭鳴の場合は、外部に空気振動を発生させるような音源はありません。
 内耳や神経・脳のどこかのトラブルで電気信号が発生すると、耳鳴り・頭鳴が起こります。

 まれですが、神経や脳の腫瘍・炎症などの病気で、耳鳴り・頭鳴が発生することがあります。
 耳鳴りの原因となる病気がある場合は、その治療で耳鳴りが改善するかもしれません。
 まずは一度、耳鼻科で診てもらってください。

 ここでは、そのような危険な病気ではない、耳鳴り・頭鳴のセルフケアを紹介していきます。
 まずは、なぜ耳鳴り・頭鳴を感じるのかを正しく理解することが、症状改善に必要不可欠です。

 →次記事:「耳鳴り・頭鳴の発生メカニズム ~原因を知れば音は鳴り止む~」
スポンサーサイト

耳鳴り・頭鳴の発生メカニズム ~原因を知れば音は鳴り止む~

 外耳・中耳で収集・増幅された空気振動は、内耳で電気信号に変換され脳へ送られます。
 脳(聴覚野)でその電気信号を認識したときに、私たちは「音」という感覚を覚えます。
 →前記事:「耳鳴り・頭鳴のセルフケア ~音は耳でなく、脳で聴いている~」

 耳鳴りでお困りでない人でも、耳鳴りを体感する方法があります。

 無響室など出来るだけ無音・静寂な部屋で、耳を研ぎ澄ませて聴覚に意識を集中させます。
 しばらくすると、どこからか キーン♪ シーッ♪ ブーン♪ などの音を感じるようになります。

 常に刺激を受け続けている脳が、音の無い環境にさらされると異常興奮・パニックを起こします。
 パニックになった脳は、音の電気信号を受信するアンテナの感度を上げて音を拾おうとします。
 脳が 聞こえなくなった音を必死に補おうと異常興奮している状態が、耳鳴り・頭鳴の正体です。

 脳には、身の安全を確保するため、絶えず周囲の状況を察知しようとする習性があります。
 睡眠中でも大きな物音で目覚めるのは、無意識下で脳が情報をキャッチしているからです。

 脳が異常興奮して耳鳴りを発生させてしまう原因のひとつに、聴力低下・難聴があります。
 難聴を伴う耳鳴りの場合、聞こえない音域を補うことで耳鳴りが止むかもしれません。
 →記事:「『耳鳴りの9割は治る 脳の興奮をおさえれば音はやむ』 の書評・レビュー」

 そのほかにも、うつや過労など脳がストレス状態のときにも、感覚過敏が起こります。
 状況把握・情報収集してストレスから逃れようと、脳が聴覚の受信感度を上げるからです。

 耳鳴り・頭鳴がしても、外部音の大きい場所に出たり、脳の興奮が静まると音は止まります。
 しかし、音に執着して不安や心配、緊張・イライラしてしまうと、それが脳のストレスになります。
 ストレスを感じた脳は、さらに受信感度を上げて耳鳴りが増幅する悪循環に陥ってしまうのです。

 脳の異常興奮→耳鳴り・頭鳴→精神的ストレス→脳がさらに興奮→症状増悪→ストレス増大

 耳鳴り・頭鳴を治すには、症状の発生メカニズムを理解し、悪循環を断ち切る必要があります。
 この悪循環を断ち切る箇所は、どこでも構いません。

 趣味や娯楽に打ち込むなど、ほかの健全で楽しい刺激で脳の認識を逸らすのも良い方法です。

 →次記事:「耳鳴りに効くツボ その1 ~耳鳴り・頭鳴は脳の異常興奮・過敏症~」

耳鳴りに効くツボ その1 ~耳鳴り・頭鳴は脳の異常興奮・過敏症~

 耳鳴り・頭鳴はストレスで異常興奮になった脳が、聴覚の受信感度を上げることで発生します。
 症状である音そのものが精神的ストレスとなり、さらに脳を興奮させて、症状が慢性化します。
 →前記事:「耳鳴り・頭鳴の発生メカニズム ~原因を知れば音は鳴り止む~」

 脳の異常興奮→耳鳴り・頭鳴→精神的ストレス→脳がさらに興奮→症状増悪→ストレス増大
 この悪循環を、脳の興奮・ストレスを軽減させて、耳鳴り・頭鳴を改善させるツボを紹介します。

 慢性的なストレスは、脳や自律神経の調子を崩させて、心身に様々な症状を引き起こします。
 交感神経のはたらき過ぎになる人、副交感神経のはたらき過ぎになる人。
 ストレスに対する自律神経の反応は、人それぞれです。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 耳鳴り・頭鳴で、くしゃくしゃ・イライラしてしまう 交感神経がはたらき過ぎるタイプの人。
 →記事:「交感神経は戦闘態勢モード ~ストレスと戦うか!ストレスから逃げるか!~」

 気分が滅入って、落ち込んで、うつっぽくなってしまう 副交感神経がはたらき過ぎるタイプの人。
 →記事:「副交感神経は省エネモード ~なりをひそめてストレスをやり過ごす~」

 交感神経タイプの耳鳴り・頭鳴に効くツボは、H6・F4。
 副交感神経タイプのツボは、H5・F5 です。
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 これらのツボ刺激は、ストレスによる脳の興奮・自律神経のアンバランスを改善させることで
 耳鳴り・頭鳴の発生メカニズムの悪循環を断ち切る方法です。

 →次記事:「耳鳴りに効ツボ その2 ~首コリ・顎コリが耳鳴りの引き金!?~」

 →記事:「鍼灸症例:数十年来の耳鳴り」
 →記事:「鍼灸症例:耳鳴りに円皮針」

耳鳴りに効ツボ その2 ~首コリ・顎コリが耳鳴りの引き金!?~

 耳鳴り・頭鳴は、脳(聴覚野)が微弱な電気信号を敏感にキャッチしている状態です。
 ストレスで異常興奮した脳が、小さな音も逃すまいと受信感度を上げているのです。
 →記事:「耳鳴り・頭鳴の発生メカニズム ~原因を知れば音は鳴り止む~」

 さまざまな感覚を認識する私たちの脳は、賢いようで非常にあやふやなところがあります。
 たとえば心筋梗塞など心臓の異変を、のどや肩・腕の痛みと脳が勘違いすることがあります。
 耳鳴り・頭鳴などの音と認識している感覚も、実は筋肉の違和感であることがあります。

 脳が耳鳴りだと錯覚しやすい身体の異変は、顎や首のコリ・痛みなどの違和感です。
 顎・首の筋肉のトラブルは、頭痛をはじめ、めまい感や耳痛などの症状も引き起こします。
 →カテゴリ:「頭痛・片頭痛」  →カテゴリ:「めまい・メニエル・車酔い」

 特定の方向に首を動かしたり、口を開閉すると、耳鳴り・頭鳴の音が変化しませんか?
 顎・首の筋肉のコリを押し続けると、耳に響く感じを覚えたり、症状が増悪しませんか?

 そのような場合、顎・首の筋肉からの違和感の情報を脳が誤認識しているのかも知れません。
 本来ならば痛み・コリ感として認識される感覚が、耳鳴り・頭鳴だと脳が勘違いしているのです。

 耳鳴りを引き起こしやすい筋肉には、「胸鎖乳突筋」、「側頭筋」、「咬筋」 などがあります。
 →外部リンク:「胸鎖乳突筋の筋筋膜性疼痛 : 心療整形外科」

 トラブルを起こしている筋肉を見つけ出して、その筋肉のコリ・緊張をゆるめてみてください。
 押さえても痛くない柔らかい筋肉に戻れば、耳鳴りが止まることがあります。
 →カテゴリ:「あごの痛み・顎関節症」  →カテゴリ:「首の痛み・首コリ・肩こり」

 あなたの耳鳴り・頭鳴が止まりますように!

 →記事:「鍼灸症例:耳鳴り 首を傾けると悪化する耳鳴り」
 →記事:「鍼灸症例:耳鳴り 首を動かす・口を開く動作で悪化する耳鳴り」

『耳鳴りの9割は治る 脳の興奮をおさえれば音はやむ』 の書評・レビュー

 耳鳴りの正体は、音を拾おうと脳が異常興奮して聴覚の感度を上げている状態です。
 ストレス状態に置かれた脳が、周囲の状況・情報を把握しようと必死になっている姿です。
 →記事:「耳鳴り・頭鳴の発生メカニズム ~原因を知れば音は鳴り止む~」

 音に囚われたり苦痛に感じることで、さらに脳が興奮して耳鳴りの悪循環に陥りがちです。
 ツボ刺激で脳の興奮を鎮めることによって、この悪循環を断ち切ることに役立つかと思います。
 →記事:「耳鳴り・頭鳴に効くツボ その1 ~耳鳴り・頭鳴は脳の異常興奮・過敏症~」

 聞こえない音を拾おうと異常興奮する脳を、補聴器を使うことで鎮められるかもしれません。 
 耳鳴り発生のメカニズムを利用した非常に興味深い治療法があったので、紹介させて頂きます。
   
 耳鳴りでお困りの人の多くは、聴力低下・難聴を伴うかと思います。
 たとえ病気でなくても、残念ながら聴力は年齢とともに徐々に低下していくものです。
 それを逆手にとって、若者だけに聞こえるモスキート音で防犯効果を上げることも出来ます。

 高音域の難聴では、その音域を補おうと脳が興奮して「キ~ン♪」という高音を発生させます。
 低音域の聴力低下では、「ブ~ン♪」や「ゴ~♪」などの低音の耳鳴りを感じるようになります。
 高低両音域・中間音域の難聴では、複数種類の音や、混合された音の耳鳴りがします。

 では、聴力低下している音域を補うように調節された補聴器を利用すると、どうなるでしょうか?
 難聴が補正されて音が聞こえるようになれば、脳が必死に音を拾う必要がなくなります。
 やがて脳が異常興奮しなくなり、耳鳴りも改善する、という治療法が、この書籍の内容です。

 補聴器が高価であることと、専門家による頻繁な調整が必要な点がネックかもしれません。
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。