スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性痛は脳の誤作動 ~原因がなくても脳が痛み感覚を生じさせる~

 「慢性痛」 という病気をご存じでしょうか?

 痛みの本来の役割は、「身体の損傷」 を知らせてくれる警告信号です。
 私たちは痛みを感じることで、身体に異常が起きたことを知ることが出来ます。
 →カテゴリ:「痛みのメカニズム」

 「身体の損傷」 を知らせる痛みは、「急性痛」 と呼ばれる痛みです。
 痛みを感じなければ身体の損傷に気づかず、手遅れで命を失うかもしれません。
 急性痛は肉体の異常を警告してくれる必要な痛みです。

 傷が癒えれば痛みも治まる。
 それが当然だと思いきや、必ずしもそうとは限りません。
 骨折や捻挫・肉離れなどのケガ・損傷が完治した後でも痛みだけが残ることがあります。

 そもそも痛みの原因となる損傷が無くても、痛みを感じる病気があります。
 原因のない痛み。それが 「慢性痛」 です。

 慢性痛は、急性痛の状態がただ単に長引いているだけではありません。
 身体のどこかが悪いから痛いのではなく 「痛いという病気」 です。

 慢性痛は、もはや警告信号としての役割が無い、全く無意味で不必要な痛みです。
 火事が起きてなくても火災警報器が鳴り続いているような誤作動の状態です。
 肉体に異常がなくても、脳が痛み感覚を生じさせてしまうのが慢性痛なのです。

 急性痛の発症から数ヶ月、激痛では数日で、慢性痛になるおそれがあります。
 慢性痛になると、肉体的・精神的にも生活の質が著しく損なわれるようになります。

 慢性痛は、レントゲンやMRI、血液検査などでは分からない症状です。
 身体の損傷であれば画像で発見できますが、そもそも痛みは目に見えません。
 異常なしと診断され、痛みは「心因性」・「精神的なもの」 と誤解されることがあります。

 あなたが感じる慢性痛は、心の病ではありません。

 慢性痛を治すには、「なぜ痛みが続くのか」 を理解する必要があります。
 →次記事:「慢性痛は痛覚過敏症 ~痛くないハズの刺激でも痛い!~」
スポンサーサイト

慢性痛は痛覚過敏症 ~痛くないハズの刺激でも痛い!~

 身体に損傷がなくても感じてしまう不必要な痛みが 「慢性痛」 です。
 痛みを放置すると数ヶ月で、激しい痛みなら数日で慢性痛になると言われています。
 →前記事:「慢性痛は脳の誤作動 ~異常がなくても脳が痛み感覚を生じさせる~」

 なぜ痛みは慢性痛と化してしまうのでしょうか?
 
 痛みが長引くと、痛み検出器が過敏になってきます。(末梢性感作)
 痛み検出センサーの数が増えたり、痛覚神経が皮膚表面にまで伸びてきます。
 すると、通常ならば痛みを感じないような刺激でも、敏感に検出するようになります。

 軽く触れる・押さえる・冷える などの刺激でも、痛み刺激として検出してしまいます。
 イスに座るだけで痛かったり、衣服と擦れるだけでも痛みを感じるようになります。
 いわば、線香の火に反応して火災警報器が鳴ってしまうような誤作動の状態です。

 また、痛みが長引いてるうちに、神経や脳も過敏になってきます。(中枢性感作)
 痛み信号を繰り返し受け続けると、神経と脳のつながりが強化されていきます。
 すると、わずかな痛み刺激でもすぐに脳に伝わるようになり、痛みを感じやすくなります。
 
 毎日毎日同じことをし続けると、やがてそれが身について習慣になるとの同じです。
 痛みを感じつづけることで、脳や神経が痛みを学習・記憶してしまうのです。

 痛みを生じさせるのが脳であれば、痛みを抑えるのも脳のはたらきです。
 もともと脳には痛みを抑えるはたらきも備わっています。(下行性疼痛抑制系)
 慢性痛では、そのはたらきが弱って、痛みを抑えきれなくなっています。 

 慢性痛は痛みを感じやすくなってしまっている状態、痛覚過敏症です。
 痛みを感じるメカニズム、痛み認知システムの異常・誤作動なのです。 

 慢性痛は手術で悪いところを摘出・修復すれば治る病気ではありません。
 肉体の損傷が原因ではなく、痛みを感じるはたらきの異常だからです。
 ハードウェア(構造物)の故障ではなく、ソフトウェア(機能)の障害なのです。

 →次記事:「痛みが広がる慢性痛 ~痛みを伝える神経のバトンミス~」

痛みが広がる慢性痛 ~痛みを伝える神経のバトンミス~

 指を切ったら、患部の傷口が痛い。
 ケガによる痛みは、損傷した場所だけが痛いハズです。

 しかし慢性痛になると、痛みの範囲が広がったり、反対側も痛くなることがあります。
 最初は腰だけが痛かったのが、いつのまにか脚にも痛みが広がってきます。
 右脚だけが痛かったはずが、今度は左脚にも痛みが出てくることがあります。

 痛み刺激を伝える神経は、1本の神経で直接 脳につながっているワケではありません。
 数本の神経が脊髄や脳内で リレー中継をしながら、痛みの信号を脳に届けています。

 ところがバトンタッチの際に、誤って別コースの神経にバトンを渡すことがあります。
 指の痛みを伝える神経が、隣の腕の痛みを伝える神経にバトンタッチするようなミスです。
 すると脳は、腕から痛み信号が来たと誤解して、腕にも痛み感覚を生じさせるのです。

 痛む範囲が拡大するのは、脳に痛みを伝える神経のバトンミスが原因です。(グリア細胞)
 痛みを伝える中継ぎで混線してしまい、近隣周辺にも痛みを感じさせてしまうのです。

 そして痛みを感じると、痛む周辺の筋肉が無意識に反射的に硬く緊張します。
 筋肉を鎧のようにガチガチに固めることで、身を守ろうとする防御反応です。

 筋肉が硬く緊張すると、うまく収縮・弛緩することが出来なくなります。
 硬くなった筋肉への血行が悪くなって酸欠を起こし、発痛物質が生成・蓄積されます。
 また柔軟性が乏しい筋肉を動かすと、筋肉が引っ張られて、つっぱり感や痛みを生じます。

 痛みが続くと神経の混線や筋肉の防御反応で、ますます痛みが広がってしまうのです。

 →次記事:「痛みが移動する?? ~痛み感覚は脳の気の向くまま・勝手気まま~」

痛みが移動する?? ~痛み感覚は脳の気の向くまま・勝手気まま~

 慢性痛では、痛みを感じる場所がただ1ヶ所だけに留まることは稀です。
 痛みの範囲が広く、複数の場所に痛みを訴えることがほとんどです。
 →前記事:「痛みが広がる慢性痛 ~痛みを伝える神経のバトンミス~」

 それらの痛みも、そのときどきで痛む場所が変わることがあります。
 さっきまではそこが痛かった。今はこっちが痛い。
 きのうは右膝が痛かった、今日は左膝が痛い。

 それは痛みが移動したのでも無ければ、新たに痛みが発生したワケでもありません。
 身体の複数の部位に痛みがあるとき、最も強い痛みの部位をだけを感じます。
 そして、ほかの2番目・3番目に強い痛みは感じにくくなります。

 たとえば、身体どこかが痛むとき、他の場所を出来るだけ強く痛めつけて下さい。
 その痛みを感じている間は、元の痛みを忘れているはずです(^^;

 そんな荒業をしなくても、痛みを感じない時間が、あなたにもきっとあります。
 趣味に没頭しているときや、何かに集中しているときは、痛みは気にならないハズです。
 救急車のサイレンが聞こえたら、気を取られているその瞬間は痛みを忘れますよね。

 痛みは脳が生じさせる感覚です。脳のはたらきの産物が痛みです。
 脳はあらゆる情報の中で、脳にとって一番気になることを意識に上らせるのです。
 痛みという感覚も、あなたの脳がそのときどきで気になる場所に発生させるのです。

 身体の損傷である骨折は、寝ても覚めても骨折という状態は急に変化しません。
 しかし骨折による痛みは、睡眠中など意識が逸れているときは痛みは変化(消失)します。

 骨折は整復・固定などの治療をすれば、やがて治っていくことでしょう。
 しかし慢性痛の場合、身体の損傷など修復させるべき原因・異常はありません。

 慢性痛は、痛みを感じる脳・神経のはたらき・痛み認知システムの誤作動なのです。
 脳に痛みを感じさせない・痛みに気を取られないことが慢性痛の治療になります。
 慢性痛の治療には、痛み感覚を発生させる脳の治療も必要なのです。

 →次記事:「慢性痛の薬物治療 ~過剰な痛みを発生させる脳・神経への薬~」

慢性痛の薬物治療 ~過剰な痛みを発生させる脳・神経への薬~

 慢性的な身体の痛みは、最初は肉体の損傷がキッカケだったのかもしれません。
 外力や酷使で筋肉・骨などを傷めると、細胞が壊れて発痛・炎症物質が生じます。
 →記事「痛みを引き起こす「発痛物質」 ~トウガラシは辛くて痛い!~」

 急性痛と呼ばれる肉体の損傷による痛みには、消炎鎮痛剤(NSAIDs)が有効です。
 バファリン® ロキソニン® ボルタレン® カロナール® などの薬があります。

 しかし慢性痛になると、これらの消炎鎮痛剤が効かなくなります。
 慢性痛は、損傷・炎症などの原因が無くても痛みを感じる病気だからです。
 痛み信号を伝える神経や痛みを感じる脳の誤作動が慢性痛の原因なのです。
 →記事:「慢性痛は脳の誤作動 ~原因がなくても脳が痛み感覚を生じさせる~」

 そのような慢性痛の薬物療法は、神経や脳に作用する薬が中心となってきます。

 痛覚神経は、数本の神経がバトンリレーをしながら脳に痛み信号を伝えています。
 このバトンタッチを邪魔すると、痛み信号が脳に伝わらなくなり、痛みが鎮まります。
 このような作用をする薬には、リリカ® ガバペン® などの薬があります。

 また、もともと脳には痛みを抑える仕組みも備わっています(下行性疼痛抑制系)。
 このはたらきが弱くなると痛みを制御できなくなり、痛みを感じやすくなります。

 下行性疼痛抑制系を活性化させる物質は、セロトニンやノルアドレナリンです。
 このセロトニンやノルアドレナリンのはたらきが高まると、痛みを感じにくくなります。

 サインバルタ® トレドミン® パキシル® ジェイゾロフト® などのいわゆる抗うつ剤です。
 そのほかにも、ノイロトロピン® トリプタノール® などの薬も痛みを感じにくくさせます。

 また、痛覚神経のリレー中継を邪魔したり、下行性疼痛抑制系のはたらきを高めて、
 強力に痛みを抑える薬には、トラマール® などの麻薬性鎮痛薬があります。

 実は身体が正常でも、特定の脳細胞に直接 電気を流すと、身体に痛みが生じます。
 脳の痛み発生細胞のスイッチがオンになると、身体に痛み感覚が発生するのです。
 これを逆手にとって、脳細胞をオンにさせなければ、痛みを止めることが出来ます。 
 脳を興奮させないようにする薬には、ガバペン® などの抗てんかん薬があります。

 慢性痛の場合、痛みを止めること自体が、根本的な治療につながるのです。
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。