スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕁麻疹と副交感神経 ~皮膚のかゆみ・むくみ・赤み~

 「湿疹」 と 「蕁麻疹(じんましん)」。 どちらも同じような症状に思えますよね(^^;
 違いを簡単に説明しますと、症状の出る場所が、皮膚の 「表面」 と 「内側」 の違いです。

 皮膚は表面の浅い部分から 「表皮」・「真皮」・「皮下組織」 の3層構造になっています。
 湿疹は皮膚表面の「表皮」の炎症で、蕁麻疹は「真皮」で炎症が起きている状態です。

 何かの刺激がキッカケで、真皮層でヒスタミンという痒みを引き起こす物質が放出されます。
 ヒスタミンは真皮層の毛細血管が拡張させて、皮膚に赤みを生じさせます(発赤)。
 広がり過ぎた毛細血管の隙間から水分が漏れ出て、むくみ・腫れが起こります。

 表皮と真皮の間には、頑丈な膜(基底膜)があるので、むくみは真皮内に留まります。
 浮腫は表皮を突き破れないので、ミミズ腫れや地図状に皮膚がプクッと膨れるのです。

 表皮の炎症である湿疹には、塗り薬(外用薬)がよく効きます。
 しかし外用薬は真皮層まで届かないので、真皮の炎症である蕁麻疹には内服薬になります。

 蕁麻疹の原因となるのは、小麦などの食物アレルゲン、消炎鎮痛剤や抗生物質などの薬品や、
 チーズやワインなどの発酵食品やサバ・アジなどの青身魚などヒスタミンを多く食品などです。

 その他にも、温度刺激(寒暖差)による寒冷蕁麻疹や、発汗が刺激となるコリン性蕁麻疹、
 精神的ストレスが原因となる心因性蕁麻疹というものもあります。

 蕁麻疹は、身体に加わった刺激・体内に侵入した異物を処理しようとする過剰反応です。
 この過剰反応を起こしている神経が、副交感神経という自律神経のひとつです。
 →カテゴリ:「副交感神経とアレルギー」

 蕁麻疹の原因は人それぞれ色々ありますが、蕁麻疹に効くツボは共通です。
 →次記事:「蕁麻疹・じんましんに効くツボ ~原因不明の慢性蕁麻疹にも」
スポンサーサイト

蕁麻疹・じんましんに効くツボ ~原因不明の慢性蕁麻疹にも~

 蕁麻疹は、身体への刺激・体内に侵入した異物などを処理しようとする過剰反応です。
 食品・薬品や発酵食品、気温・汗などの外部刺激、精神的ストレスなど原因は様々です。
 →前記事:「蕁麻疹と副交感神経 ~皮膚のかゆみ・むくみ・赤み~」

 この過剰反応を引き起こしている神経が、自律神経のひとつ副交感神経です。
 副交感神経症状は、神経の末端からアセチルコリンという物質を分泌します。

 副交感神経症状が過剰にはたらくと、アセチルコリンも過剰に分泌されます。
 過剰なアセチルコリンは血管を拡張・発赤させ、血中の水分が漏出して浮腫を引き起こします。

 蕁麻疹に効くツボは、手足の薬指H5・F5のツボです。

 副交感神経のはたらき過ぎを抑えることで、アセチルコリンの過剰分泌も抑えられます。
 発赤や浮腫などの蕁麻疹の症状を鎮めてくれます。
 →記事:「アレルギーに効くツボ ~薬指を刺激!~」
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 蕁麻疹は外見で判断できる症状なので、ツボ刺激の効果も面白いほど分かります!

 蕁麻疹を引き起こす原因が分かっていれば、それを避けるのが根本的な解決方法です。
 急に出て来た蕁麻疹(即時型アレルギー)であれば、原因を特定しやすいでしょう。

 原因が除去された後でも続く蕁麻疹であれば、ツボ刺激だけで治るかも知れません。
 しかし慢性の蕁麻疹になると、自分では気づかない原因が潜んでいる可能性があります。

 たとえば、毎日のように摂っている食品・大好物に対する 「遅延フードアレルギー」 や
 ズボンの金具やベルトのバックル、歯の詰め物に対する金属アレルギーかもしれません。
 →カテゴリ:「歯周病・虫歯と慢性炎症」

 あなたの蕁麻疹が治りますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。