スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニアは痛みの原因ではありません

 肩が痛い!腕が痛い!肩から腕がシビレる…
 そんなとき、病院でレントゲンやMRIなどの画像検査をされると思います。

 肺や心臓などの内臓の病気が、肩や腕に痛みやシビレを引き起こすこともあります。
 画像検査で、肺ガンなどの腫瘍が見つかるかも知れませんが、そんなことは非常にまれです。

 撮った画像には、頚椎の変形や骨のトゲが写っているかも知れません。
 骨と骨の隙間(椎間孔)が狭くなっていたり、椎間板ヘルニアが見つかるかも知れません。

 すると、「骨やヘルニアが神経を圧迫して、それで肩や腕がシビレたり痛いのです」とか
 「変形した骨が痛みの原因です」とか、そのようなことを言われるハズです。
 衝撃的な(?)画像を見ながら説明されると、疑問に思うことなく納得してしまいますよね。
 変形した骨やヘルニアが痛みの原因なら、手術しない限り治らないのか…(涙)

 でも大丈夫!神経を圧迫しても痛みが出ることはありません!
 骨の変形やヘルニアは元通りに戻りませんが、手術しなくても痛みは治ります
 →カテゴリ:「神経の圧迫で痛みが!?」

 骨にトゲ(骨棘)が出来ていても、それが痛みの原因にはなりません。
 人体には、あなたが知らないだけで、骨の突起やトゲがいっぱいあるのです。
 だからと言って、老若男女全員が体のあちこちに痛みを訴えていませんよね。

 私も20歳代のときの首のレントゲン写真では、椎間孔(神経の出口)が狭くなっていました。
 神経が圧迫されていても、私の肩や腕は、痛くもなければ、シビレてもいません。
 誰もが年齢を経るにしたがって、多少なりとも骨の変形があるのが普通です。

 首から肩、腕の痛みは、筋肉や皮膚の痛みです。
 筋肉や皮膚の痛みだからこそ、温めたり、血流を良くすればマシになるのです。
 そんなことをしても、骨の変形や神経の圧迫が変化するハズないですよね?

 痛みを治すために、まず大事なのは、なぜ痛むのかを理解することです。
 ただ闇雲に痛みを恐れることなく、正しく理解してセルフケアすれば治ります。
 →カテゴリ:「ストップ!慢性痛」

 これから、肩や腕の痛み・シビレに効くツボを紹介していきます。
 →次記事:「頚椎ヘルニア・頚椎症の痛みやシビレに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」
スポンサーサイト

頚椎ヘルニア・頚椎症の痛みやシビレに効くツボ その1 痛いところに円皮針

 頚椎の変形や椎間板ヘルニアは、首・肩・腕の痛みやシビレの原因ではありません。
 しかし、この記事のタイトル「頚椎ヘルニア・頚椎症の痛み…」と書いたのは、理由があります。
 それは、検索エンジンにヒットさせるためです。おかげで、このページに来られましたよね?
 くれぐれも、骨の変形やヘルニアが痛みの原因ではないので、誤解の無きよう(^^
 →前記事:「変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニアは痛みの原因ではありません」

 腫瘍や感染症、骨折・脱臼・石灰沈着など、肉体そのものが壊れていない場合、
 あなたのお困りの痛みやシビレの発信源は、首から手にかけての皮膚や筋肉です。
 首を牽引して神経の圧迫を解除しても、痛みやシビレとは関係ありません。
 痛みやシビレの現場である、皮膚や筋肉の治療をしましょう。

 動かさずジッとしているときや寝ているときなど、症状ないときもあると思います。
 逆に、こう動かすと痛いなど、症状が強く出る動作がきっとあるはずです。
 その痛みを感じるちょっと手前の姿勢で動きを止めて、ポーズをとってください。

 その姿勢を保ったまま、痛みを感じる場所の周辺を押さえてみてください。
 どこが痛いかハッキリ分からないときは、指先から首までを隈無く押さえてください(^^;

 押さえてみて、最も痛みを感じる、激痛の一点があるはずです。
 そこがツボです。そのツボに円皮針を貼りましょう。
 →記事:「円皮針の使い方 ~ツボの見つけ方・探し方~」

 痛いと思うところに円皮針を貼っても改善がない。
 または、痛みはちょっとマシになったけど、まだ痛みを感じる。
 はたまた、そもそも痛いと思ったところを押さえても、それほど痛くなかった。
 そんなときは次に紹介する、痛みを感じる場所によるツボを試してみてください。

 →次記事:「肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~」

肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~

 腫瘍や感染症、骨折・脱臼・石灰沈着など、肉体そのものが壊れていない場合、
 肩や腕の痛みやシビレの発信源は、首から手にかけての皮膚や筋肉です。
 患部を押さえて、最も痛みを感じる点に 円皮針を貼る方法を紹介しました。
 →前記事:「頚椎ヘルニア・頚椎症の痛みやシビレに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」

 円皮針は、貼りつけた患部の周辺の症状が改善されます。
 痛む場所が、ココだ!とハッキリ分かる場合はそれでOKです。
 しかし、痛みやシビレというのは、ある程度の広がりをもって感じます。
 広範囲の患部に多くの円皮針を貼るのは不経済ですし、効果的でもありません。
 そもそも、ツライと感じる場所を押さえてみても、それほど痛くないこともあります。

 そのようなときは、痛みやシビレを感じる場所から選ぶツボ刺激が良く効きます。
 下の図をクリックして拡大してください。
   頚肩腕肩・腕の痛み・シビレを感じる場所から選ぶツボ
 手のひらを前に向けた姿勢を基準に、痛みやシビレを感じる場所を色分けしてます。
 図を参考に、あなたの肩・腕の痛みやシビレを感じる場所を選んでください。

 前面の外側の症状なら、H1(手の親指)のツボ
 ちょうど前面の症状なら、H2(手の中指)のツボ
 前面の内側の症状なら、H1(手の小指内側)のツボ

 後面の外側・肩のてっぺんの症状なら、H6(手の人差し指)のツボ
 ちょうど後面・肩から首のつけねにかけての症状なら、H5(手の薬指)のツボ
 後面の内側・肩甲骨周辺の症状なら、H4(手の小指外側)のツボ を選んでください。
   手の井穴図手の井穴図
 あなたが選んだツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 刺激をするツボは、症状の痛い側(左の肩・腕が痛いなら左側)の手のツボを選んでください。

 まずはツボ刺激をする前に、肩や腕を動かして、痛みやシビレの症状の確認をしてください。
 そして、ツボ刺激をした後に、再度、同じように動かしたり触ったりして症状の確認をします。
 痛みやシビレの強さや、感じる範囲はどうですか?
 効果があれば、その場で痛みが改善します。
 「変化が分からない」=「改善がない」 場合は、他のツボを試してください。

 痛みやシビレを感じる場所から選ぶツボで改善が見られない場合は、
 この次で紹介する、痛みやシビレの症状が出る動作から選ぶツボを試してみてください。

 →次記事:「肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その3 ~痛みの出る動作~」

肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その3 ~痛みの出る動作~

 痛みやシビレを感じる場所からツボを選ぶのもひとつの方法ですが、
 多くの場合、肩や腕を動かしたときに、痛みをより強く感じるかと思います。
 →前記事:「肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~」

 そんな、痛みの出る動作から選ぶ、肩痛・腕の痛みに効くツボを紹介します。

 腕をどの方向にどの角度まで動かすと、どの場所が痛むのかを、よ~く観察してください。
 痛みを感じる範囲や、痛みの強さも、確認しておいてください。
 ツボ刺激後に再確認しますので、症状を紙に記しておくと、変化(効果)が実感できます。

 痛みやシビレがひどくなる動作によって、ツボを選んでください。

 まずは、腕を下ろして、手のひらを太ももの横につけて立った姿勢から…
 1.腕を前から上げる、挙手をする動作(肩関節屈曲)で症状が出るときは、H3・H4のツボ
 2.腕を後ろに回す、後ろポケットに手をやる、お尻を拭く動作(伸展・結帯)では、H1・H6のツボ
 3.腕を横から上げる、脇を開く動作(外転)では、F1・F5のツボ

 つぎに、「前にならえ」で手のひらを内側に向けて、腕を真正面(水平)に上げた姿勢から…
 4.腕を外側(真横)に手をやる動作(肩関節水平外転)で症状が出るときは、H2のツボ
 5.反対側の肩に手をやる動作(水平内転)では、H5のツボ を選んでください。

   手足の井穴図手足の井穴図
 あなたが選んだツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 1.~5.の動作で、あなたが一番ツライと感じる動作のツボから刺激してください。
 ツボは、症状のある側(右の肩・腕の痛みシビレなら右側)の手足のツボを選んでください。

 刺激をした後に、必ずツライ動作をもう一度して、変化があるかどうか確認してくださいね。
 その動作で、ツボ刺激をする前よりも改善があれば、「当たり!」のツボです。
 初めに感じたところと別の首・肩の場所が辛く感じるのも「当たり!」です。
 →記事:「痛みが移動する?? ~広汎性侵害抑制調節~」
 
 もし、変化がなければ、ほかの痛みを感じる動作のツボを刺激してください。
 ツボ刺激の効果をひとつひとつ確かめて、あなたに合ったツボを見つけてくださいね。
 あなたの、肩の痛み、腕の痛み、シビレが良くなりますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。