扁桃炎・扁桃肥大に効くツボ ~のどの腫れ・痛み・過敏性を抑える~

 扁桃は鼻や口から侵入する細菌・ウイルスと免疫が最初に戦う炎症を起こしやすい場所です。

 のどの痛み・腫れ、発熱などの症状は、免疫(白血球)が病原体に攻撃した結果です。
 →記事:「扁桃炎のセルフケア ~口呼吸で乾いた空気とバイ菌がのどを直撃!~」

 とくに子どもさんは、扁桃が大きい(成長とともに縮小)ので、腫れると呼吸困難になります。
 扁桃炎持ちだと、発熱などで学校を休むことが多く、生活に支障を来すことになります。

 そのような扁桃肥大・繰り返す扁桃炎に効くツボは、H1 と H5・F5 です。

 H1 のツボは、のどの炎症・腫れ・痛みに効きます。
 →記事:「呼吸器系のツボ ~鼻・のど・気管支・肺の症状に~」
 H5・F5のツボは、扁桃の肥大を抑え、過剰な炎症を起こしにくくさせます。
 →記事:「アレルギーに効くツボ ~薬指を刺激!~」 

 もし食べ物や唾液をゴックンするときに、のどが痛い場合は、左F1・F6を追加してください。
 →記事:「胃腸のツボ ~口唇から肛門までの長い道のり~」
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 扁桃炎のときはもちろん、のどの調子に違和感を覚えたときも、ツボを刺激してください。

 あなたの扁桃炎が、早く良くなりますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク