スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左腕のシビレ 左前腕前面外側部のシビレ

 40歳代の女性。1年ほど前から、左腕の肘から先、親指の付け根までの間にシビレを感じます。
 整形外科では原因不明で、治療法もなく、整骨院にも通ってみても、改善はなかったそうです。
 睡眠中や、何かに集中しているときはシビレを感じませんが、それ以外は常にシビレを感じます。

 シビレは、左腕の前面の肘から先の外側で、親指の付け根までの間に感じます。
 経絡でいうと、肺経が中心で、やや大腸経にも重なっています。
 →記事:「肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~」

 シビレの発生源を特定するため、関係先をあちこち調べました。
 怪しいのは、首の左斜角筋部、左母指球部、左合谷穴部です。
 それらの場所を押さえると、シビレが増悪します。

 シビレを感じる範囲と、シビレの強度、左右同部位を触ったときの感覚を覚えてもらいました。

 発生源の目星をつけた上で、井穴刺絡で経筋治療をしました。
 左H1(肺経)の井穴刺絡で、シビレが10→8に改善。全体的にシビレが薄くなったそうです。
 次の左H6(大腸経)では、8→1 ほぼ消失。
 患者さんは、あまりの変化にビックリして、理解が追いついていないご様子(^^;

 ほとんどシビレが消えたのですが、意識をかなり集中させると、まだ極わずかに残っています。
 先ほど押さえてシビレが増悪した部分に鍼をしてみました。
 まずは、左斜角筋部。首コリは改善したが、シビレは変化無し。
 左合谷穴部に円皮針。シビレは消失。

 しばらく患者さんとお話ししていると、ほんのちょっとだけシビレが復活。
 先ほどの刺絡から時間が空いたので、もう一度、左H6の井穴刺絡。
 これでもうシビレは感じなくなり、右腕も左腕も同じような感覚になりました。

 念のため、ご自宅でも、井穴刺激をやってもらうよう指導して終了しました。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
スポンサーサイト

むくみ・浮腫のセルフケア ~むくみの原因は何?~

 朝起きたら、まぶたや顔が腫れている。手指がふくれて、指輪が入らない。
 夕方になると、ブーツが履けない。靴下のゴムの跡がハッキリ残ってる。
 ショックですよね…。(涙) こんな経験、1度や2度はあると思います。

 そう!浮腫(むくみ・ふしゅ)です。
 浮腫は、血管から出た水分が吸収されずに、皮下にあふれて洪水になっている状態です。

 血液は、内臓や筋肉・皮膚などに、酸素や電解質、タンパク質などの栄養を運んでいます。
 毛細血管は、漏れない1本のホースではなく、いくつもの細胞が組み合わさって出来ています。
 血液中の栄養を組織に送り届けるため、血管の隙間から水分を漏出させています。
 役目を終えた血液は、静脈やリンパ管に吸収されて、心臓へと戻って行きます。

 送り届けられる血液中の水分量が、吸収されて戻る量よりも多くなるのが浮腫の原因です。
 漏出と吸収のアンバランスの原因には、大きく分けて次の4つがあります。

 1.血管の隙間が広がり過ぎてしまい、血管からの漏れ出る水分量が多くなってしまうため。
   寒暖の差化学物質炎症などの刺激で引き起こされます。(血管透過性の亢進)

 2.血液中の水分の戻り道である静脈が渋滞するため。(毛細血管圧の上昇)
   長時間の立ち仕事心不全で、血液の戻りが悪くなると、脚の浮腫が起こってきます。
   肝硬変などで、胃腸から肝臓に行く静脈(門脈)が渋滞すると、腹水が起こります。

 3.ナトリウム(塩分の摂り過ぎや、食欲不振などによるタンパク質の不足によって、
   血液中の電解質やタンパク質の濃度が正常でなくなるため。(浸透圧の異常)
   ネフローゼなどの腎臓病や、肝臓病、栄養失調などで起こります。

 4.余分な水分を吸収するリンパ管が詰まったり、切除されてしまったため。(リンパ管の障害) 
   乳ガン摘出手術などで、予防的にリンパ節を切除すると、腕が象の脚のように腫れます。

 心臓や腎臓、肝臓などの内臓の病気については、それぞれ専門の治療を受けて下さい。
 ツボ刺激と併用すると、悪化の防止、維持・改善にお役立て出来るかも知れません。
 →記事:「心臓のツボ ~1日10万回もドキドキしてます!~」
 →記事:「腎臓のツボ ~毎日お風呂の半杯分の血液をキレイにしてます!~」
 →記事:「肝臓のツボ ~飲み過ぎ食べ過ぎには気をつけて!~」

 長時間の立ち仕事による下肢の浮腫のセルフケアについては、こちらをご覧ください。
 脚の筋肉のコリをほぐし、筋ポンプ作用で静脈の還流を改善させましょう。
 →カテゴリ:「下肢静脈瘤・足のむくみ」

 塩分を摂り過ぎている人や、タンパク質の摂取が少ない人は、食事を見直してください。
 タンパク質不足は、血液検査項目の「総蛋白」や「アルブミン」の数値で分かります。

 ここでは、そのような内臓の病気や、長時間の立位などの原因ではない、
 1.で説明した普段よくある、血管の隙間が広がり過ぎによる浮腫のセルフケアを紹介します。

 →次記事:「むくみに効くツボ ~血管を引き締めて浮腫を解消!~」

むくみに効くツボ ~血管を引き締めて浮腫を解消!~

 むくみの原因には、腎臓や心臓、肝臓などの内臓の病気であったり、
 長時間の立位・坐位という物理的な原因や、栄養失調でも浮腫が引き起こされます。
 →前記事:「むくみ・浮腫のセルフケア ~むくみの原因は何?~」

 ここでは、そのような原因ではない、一般によく経験する浮腫に効くツボを紹介します。

 手が腫れぼったくてシッカリ握れない。指輪がキツイ。
 顔がむくんで、タオルや畳の跡形がなかなか消えない。
 鼻水は出ないけど、鼻が詰まって息苦しい。

 そんな思い当たる原因があってもなくても、皮膚や粘膜がむくむのは、
 血管の隙間が広がり過ぎて、血管からの漏れ出る水分が多くなってしまうことが原因です。
 漏出する水分量が多すぎて、吸収が追いつかなくなるのが浮腫の原因です。

 水漏れを起こしている血管を引き締めて浮腫を治すツボは、両手足の薬指H5・F5です。
 →記事:「副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ ~心身に喝!を入れます~」

   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 手の握りにくさなどは、ツボ刺激直後に改善します。
 しかし、むくみという物理的な状態の改善を実感するには、ちょっと時間がかかります。
 過剰な水分の漏出が止まっても、吸収されるのには時間がかかるためです。

 あなたの浮腫がスッキリ解消されますように!

 →次記事:「しもやけに効くツボ ~しもやけは、軽度の凍傷~」


 →記事:「症例:手のむくみ 原因不明の浮腫」

鍼灸症例:手のむくみ 原因不明の浮腫

 50歳代の女性。手や足に慢性的なむくみがあります。
 病院では甲状腺や腎臓などの異常はなく、よって、治療手段もなかったようです。
 きっと自律神経が関係しているのだろう!とお調べになって、ご来院されました。

 実際に手足を見ると、手の指がむくんで太くなっています。ぶよっとした感じです。
 左手よりも右手の指の方が、ややむくみが強いです。
 見たとき(来院時)は、足のむくみはありませんでした。

 手の指が腫れぼったく、薄皮が被ったようにシッカリ握った感覚がないそうです。
 むくみ以外の症状には、花粉症の時季は過ぎたものの、鼻づまりがあります。

 むくみは、血液中の水分が毛細血管から浸出したまま、心臓へ戻って行けない状態です。
 電解質のアンバランスや、タンパク質不足、アレルギーなどにより浮腫(むくみ)が生じます。
 鼻粘膜で浮腫が起これば、鼻づまり(鼻水が出ないタイプ)になります。
 →カテゴリ:「むくみ・浮腫・しもやけ」

 病院の検査では心臓や腎臓、甲状腺などの異常はなかったそうです。
 食欲も普通で、栄養状態も悪くなさそうです。
 排尿にも問題なく、むしろ回数が多いそうです。

 内科的なトラブルが無いこと、鼻づまり(アレルギー)をお持ちであることから、
 副交感神経のはたらき過ぎで血管が拡張し、血漿が浸出しすぎているのだと考えました。

 何度も手を握ってもらって、手の腫れぼったい感じと、握った感覚の鈍さを確認してもらいました。
 ついでに、鼻からス~ッと息を吸ってもらって、鼻の通り具合(鼻づまり)も覚えてもらいました。

 治療は、副交感神経のはたらき過ぎを抑え、適度に血管を緊張させるH5F5の井穴刺絡です。
 まずは最も浮腫の強い右手のH5。右手の薄皮感が和らいで、両手とも握りやすくなりました。
 左H5、変化無し。右H5が十分に効いているので改善が頭打ち??
 念のため、さらに左右のF5。やっぱり変化無し。

 足の刺絡が終わったころ、最もむくんでいた右手の薬指・小指がスマートになってました。
 ぶよっとした浮腫が引いて、他の指より明らかに細くなってました。

 薄皮感(感覚)や握力(運動)という神経のはたらきは、刺絡の直後(秒単位)で改善しますが、
 浮腫という物理的な症状には、少し時間(分・時間単位)が経ってから改善が実感できます。

 まずは1週間、ご自宅でもH5F5に井穴刺絡のセルフケアをしてもらよう指導しました。

 治療をしてから3日後にご報告を頂いて、浮腫の状態は、かなり改善しているようです。
 血管運動神経の機能的なトラブルだったのでしょう。

 →施術のご依頼・ご予約は 鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで

鍼灸症例:左膝の痛み 脚を上げると膝が痛む

 70歳代の女性。左膝に痛みを訴えます。
 痛みを感じるのは、ココ!という場所は無く、漠然と膝のお皿のあたり(左膝関節前面)です。

 痛みを最も感じる動作は、歩こうと左足(膝)を持ち上げたときです。
 その姿勢で、膝周辺をくまなく押さえて調べたところ、
 膝上内側(内側広筋上)と、膝蓋靱帯の内側(内膝眼穴)あたりに圧痛点を発見。

 圧痛点は脾経(F1)の上なので、素直にF1の井穴刺絡を…と思いましたが、
 膝痛のほかにも腰痛がありましたので、左F3・F4を先に井穴刺絡をしました。
 これで腰痛が解消したのは想定内だったのですが、
 念のため、左足を上げて左膝の痛みを確認してもらったところ、痛みが10→5に改善。
 痛みを訴える場所以外にも、膝痛と関連する圧痛点を見落としていたのでしょう(汗)

 残った膝の痛みに対しては、今度こそ素直に左F1の井穴刺絡。5→0に消失。
 最初に発見した圧痛点の内、まだ痛みが残っている点に円皮針。

 再燃するようなら、しばらく続けて治療に来るよう指導して終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

しもやけに効くツボ ~しもやけは、軽度の凍傷~

 冬場になると、手足の指先や耳たぶなどが、赤く腫れて痛痒い!(涙)
 熟れすぎたトマトのようにグジュグジュになってしまうこの症状は、「しもやけ」です。
 医学的には「凍瘡」と呼ばれ、雪山で遭難したときなどに起こる「凍傷」の軽い状態です。

 そもそも、なぜ 「しもやけ」 が出来てしまうのでしょうか。

 皮膚の血管には、体温を維持するはたらきがあります。
 血管を広げたり縮めたりすることで、外気との触れる面積を調節しています。

 夏場や運動時など、体温を下げたいときは、皮膚の血管を広げて、熱を空気中に逃します。
 冬場など体温を下げたくないときは、血管を縮めて、外気と触れる面積を最小限にします。
 この、血管を広げたり縮めたり調節するはたらきが弱いと、しもやけになってしまうのです。

 冬の日中の温度差が大きい時季、血管の拡張と収縮を、普段以上に調節する必要があります。
 寒い場所では、動脈・静脈ともに収縮させて放熱を遮断させます。皮膚は白くなります。
 そこから急に温かい場所に入ると、冷気を遮熱する必要がなくなるので血管が広がってきます。
 まず先に、血液を送り込む動脈が拡張して、次に血液が心臓に戻る静脈が拡張します。

 しかし、動脈と静脈の血管拡張のコントロールがうまく出来ない人は、血流が悪くなります。
 動脈が拡張して、静脈が収縮したままだと、血液が溢れて、うっ血してしまいます。
 血液が淀んでしまうため、真っ赤に腫れ上がってしまうのが、しもやけなのです。
 腫れ上がった血管が周囲を刺激して炎症が生じ、痛みや痒みが引き起こされるのです。

 そんなグジュグジュして痛痒い、しもやけに効くツボは、手足の薬指H5・F5です。
 うっ血を改善させ、腫れや痛み・痒みを鎮めます。
 →記事:「副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ ~心身に喝!を入れます~」

   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 しもやけに関しては、出来れば刺絡をした方が著効を得られます。
 ツボの位置は薬指にありますが、しもやけが出来ている箇所が薬指でなくても構いません。
 耳たぶのしもやけでも、人差し指のしもやけでも、薬指H5F5のツボで間に合います。

 あなたのしもやけが治りますように!

鍼灸症例:下腹部・陰部の痛み

 30歳代の女性。下腹部や陰部に痛みと違和感を訴えます。
 今回の症状が出る以前に膀胱炎を繰り返し発症していました。

 あちこちの病院で尿検査や膀胱鏡検査を受けても異常は見つかりません。
 細菌性膀胱炎・間質性膀胱炎・過活動膀胱などの病気は除外されました。
 婦人科の検査でも異常はありませんでした。

 痛みを感じる場所は、膣部と下腹部(膀胱部)です。陰部の奥の方の痛みだそうです。
 排尿痛・蓄尿時痛はありません。痛みは午前中に強く感じます。
 長時間の坐位、締め付けの強い衣服、重たい荷物を持った後などに痛みを感じます。

 陰部の痛みの発生源が、泌尿生殖器・筋肉からの関連痛でも効くようにF2、F3・F4。
 これらのツボ刺激をご自宅でも円皮針刺激してもらうよう指導しました。

 初回から4日後
 膣部の痛みがずいぶん楽になり、膀胱部の痛みもあまり感じなかったそうです。
 改善しつつあるので、症状が完全に治まるまで、しばらく治療を続けることにしました。

 →施術のご依頼・ご予約は 鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。