鍼灸症例:舌痛症 舌の痛みとシビレ、顎・耳の痛み、下唇・下顎のシビレ

 70歳代の女性。舌の痛みとシビレでお困りです。
 歯科と耳鼻科の画像検査・血液検査では異常は見つからず、舌痛症と診断されました。
 痛み止めの薬も効かず、心療内科・精神科に行くよう言われたそうです。
 患者さんの娘さんがネットで検索されて、藁をもつかむ思いでご来院されました。

 主な症状は、舌の痛みとシビレです。その他にも、下唇から顎にかけてのシビレ、
 頬から耳にかけての痛みと、ものを飲み込むときのノドの痛みなどがあります。
 症状のある部位は、いずれも右側だけ、真ん中から右半分のみです。

 病院の検査で舌の器質的異常が除外されていることと、詳しく教えてもらった症状から
 この患者さんの舌痛症を引き起こしているのは、首や顎周辺の筋肉のトラブルだと思いました。
 →カテゴリ:「舌の痛み・舌痛症」

 触って調べてみると、右側の頬や首の筋肉がパンパンに緊張して、少しむくみもあります。
 ちょっと軽く押さえるだけで、強い痛みを訴えます。病院では触診をしなかったのでしょうか??

 筋緊張と血流障害によって発痛物質が蓄積し、痛みやシビレを引き起こしていることと、
 首や顎の筋肉の痛みが、舌の痛みとして感じること(関連痛)を、かみ砕いて説明しました。

 初回
 顎から首にかけての多くの筋肉の筋緊張が著しいので、舌痛症の犯人を特定できません。
 とりあえず凝っている筋肉の圧痛点に片っ端から刺鍼して、筋緊張を緩めました。
 治療が終わる頃には舌や顎の痛みは半分以下になって、楽になったそうです。

 2回目(初回の翌日)
 前回の治療後、食事をしても痛まず、久しぶりに夜もグッスリ眠れたそうです。
 笑顔で声や表情が明るく、よくおしゃべりをするようになっています。
 付き添いの娘さんも、元の明るい母に戻った、と仰ります。
 前回と同様の治療を行いました。

 3回目(初回の3日後)
 痛みはさることながら、それよりも舌のシビレを非常に強く感じて辛いそうです。
 全体の筋緊張が大半解けてきたので、今回は怪しい筋肉をひとつずつ確かめてみました。

 咬筋の停止部の圧痛点への刺鍼で、耳の痛みと顎関節部の痛みが軽減(10→5)。
 胸鎖乳突筋への刺鍼で、舌の痛み(10→5)、耳の痛み、顎関節部の痛みも改善(5→0)。
 しかし、舌のシビレは全く改善なしです。まだ他にも犯人が潜んでいるようです…。

 外側翼突筋を狙って、下関穴に刺鍼。変化無し。
 上関穴から耳穴に向かって斜刺。舌の奥のシビレ(10→1)と、舌の奥の痛み(5→1)。

 内側翼突筋を狙って、下顎角から水平刺。
 舌の先のシビレ(10→1)、舌の奥の痛み(5→1)、下唇・下顎のシビレ(10→1)。

 まだ残っている「1」ですが、痛み・シビレがあるのか無いのかよく分からない程度だそうです。

 今度は、ものを飲み込むときのノドの痛みが気になるそうです。
 顎二腹筋後腹部の圧痛点に刺鍼。嚥下時痛が改善(10→2)。

 これなら普通に生活を送れそう^^と、総合評価を頂いたので略治としました。
 顎や首の筋緊張や血流障害が、この患者さんの舌痛症の犯人だったようです。
 直貼などで温めて血行を良くすることと、しばらく固いものを食べないよう指導して終了しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:膝関節痛 右膝裏の痛み

 70歳代の女性。右脚の膝の裏が突っ張ったような強い痛みを訴えます。
 足のやり場に困るくらい痛くて、夜も眠れないそうです。

 以前から膝が痛むことはありましたが、生活に支障がない程度で、普通に歩けていました。
 しかし、2週間ほど前から急に右膝が痛くなり、歩行困難の状態になってしまいました。
 普段使うことのない杖に寄りかかって、足を引きずってのご来院です。

 整形外科のレントゲンでは異常なし。接骨院での治療でも改善はないとのことです。
 「おそらく、スジを違えたのでしょう」 と、私の見解を述べて、早速、治療です。

 痛む場所は、右脚の膝の裏です。
 立ち座りするときや、歩く際に痛みが増悪します。

 膝裏と関連すると言われる膀胱経・腎経のライン上の足部をあちこち抑えて調べてみました。
 アキレス腱の踵や、小指・第5中足骨の外側に発見した激痛の圧痛点に円皮針。
 1枚貼る毎に動いてもらって、症状の確認。
 5枚ほど貼った時点で、痛みはほぼ消失。杖なしで歩行もスムーズになりました。

 まだ膝裏に重だるいような違和感が残っているので、患部の圧痛点に円皮針。
 残っている圧痛点の消去と円皮針の効果を増強させる目的で、右F3・F4の井穴刺絡。

 痛みがぶり返すようだったら明日にでも治療に来るよう指導しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内

鍼灸症例:過敏性腸症候群 お腹が張って苦しい

 20歳代の男性。3年ほど前からずっと、お腹がポッコリ張って苦しいそうです。
 腸の内視鏡やMRIなどの画像検査をしてものの、とくに異常はなし。
 過敏性腸症候群との診断を受けました。 →カテゴリ:「過敏性腸症候群」
 薬物治療や整体などを試しても、全く改善はなかったそうです。

 お腹の張りはガスを出しても楽にならず、あるとき急に引っ込むことも極稀にあるそうです。
 食欲は正常、腹痛・腹鳴は無し、便秘や軟便・下痢などの便通異常も全くありません。
 症状は、ただただお腹が張って苦しい、です。

 お腹の膨満感は、満腹時や運動後、アルコール・乳製品の摂取により悪化します。
 症状がマシになるような要因は、残念ながら全く見当たらないそうです。

 腹部の聴診では、腸の蠕動音(グル音)がやや亢進気味で、よく聞こえます。
 打診では、ガスの滞留音(鼓音)は人並みです。
 お腹を押さえてみると、おヘソのやや左下を中心に強い圧痛点がいくつもあります。
 お腹の張り感を覚えるのも、このあたりだそうです。

 お腹の圧痛の変化を治療効果の指標にしました。

 大腸の過拡張(副交感神経の亢進)による膨満感だと思ったのですが、
 まずは除外診断的治療を目的に、交感神経抑制の治療から始めました。

 肝臓(右F2F6)の井穴刺絡。お腹の圧痛に変化無し。
 胃腸(左F1F6)、同じく全く改善なし…。ちょとくらい効いてくれても良いのに(^^;

 いよいよ本命の副交感神経抑制で左右F5。お腹の圧痛は10→8に改善。やっぱり(^^;
 左右H5で、8→6に改善。おヘソの真上の圧痛点には変化がありません。
 正中線上の副交感神経抑制で、神庭・上星あたりの頭部刺絡。真ん中の圧痛10→6。

 患者さんに病態の説明をしながら、少し時間を空けてから、再度、H5F5と頭部刺絡。
 2回目の刺絡で、腹部の圧痛が、おおよそ2くらいにまで改善しました。

 多少のぶり返しがあるでしょうから、根治させるべく続けて治療することにしました。
 しばらく続けて治療が必要だと指導して終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク