掌蹠膿疱症のセルフケア ~手のひら・足の裏の症状は免疫異常が原因~

 手のひらの水疱のようなプツプツが…。
 手荒れかな?と思っていると、そのうち足の裏にも同じようなプツプツが…。
 なかなか治らず、次第に手のひら・足の裏が荒れてガサガサして痛くなってきます(涙)

 そんな手足の皮膚トラブルは、「掌蹠膿疱症」(しょうせきのうほうしょう) かもしれません。
 手のひら(掌)や足の裏(蹠)にプツプツ(膿疱)が出てはガサガサになる…を繰り返す病気です。
 手足の痛みもさることながら見た目が悪いため、美容的にも精神的にも非常に辛い症状です。

 掌蹠膿疱症は、症状の出ている手足の皮膚だけを治療してもなかなか治りません。
 単なる皮膚トラブルではなく、免疫の異常が手足に症状として現れているからです。

 掌蹠膿疱症には喫煙が悪いだとか、ビオチンが良いだとか世間では言われてますね。
 これらの悪化・改善の要因は、巡り巡って免疫異常を促進したり抑制したりするからなのです。

 免疫とは、細菌・ウイルスなどの病原体や体内の異物から身体を守るはたらきのことです。
 免疫がはたらくときに、赤く腫れたり痛みを伴ったり細胞が壊れるなど炎症が引き起こされます。
 →カテゴリ:「免疫異常と衛生仮説」

 この免疫システムが亢進して、手足の皮膚に炎症が出る病気が 「掌蹠膿疱症」 です。
 手足の皮膚そのものに原因はなく、免疫亢進の結果なのです。

 掌蹠膿疱症は「洗剤による手荒れ」のような原因と結果が直接的な病気ではありません。
 そのため根本的な治療が受けられず、慢性化・難治化してしまうのです。

 また適切な治療を行ったとしても、効果を実感しはじめるまでに数ヶ月ほどかかります。
 免疫の異常が徐々に治まって、それが手足の症状改善に結びつくまで時間を要するからです。

 それでは免疫の異常という観点から、掌蹠膿疱症のセルフケアを紹介していきます。

掌蹠膿疱症と虫歯・歯周病・歯科金属 ~口腔環境が免疫異常の引き金に~

 口は災いの元。 お口のトラブルが掌蹠膿疱症の原因かもしれません。
 口腔環境の悪化が、離れた場所にある手のひら足の裏の皮膚に症状として現れるのです。
 喫煙が掌蹠膿疱症に悪いと言われるのは、タバコが口腔の環境を悪化させるのも一因でしょう。

 掌蹠膿疱症を引き起こす口腔内のトラブルには、虫歯・歯周病、歯科金属などがあります。
 口腔内の細菌・毒素や金属イオンは、毛細血管や消化管粘膜から体内に侵入します。

 身体を守る免疫システムは、体内に侵入した異物を攻撃して炎症を引き起こします。
 口腔環境の悪化を放置すると免疫が異常亢進して、全身で慢性炎症が生じます。

 慢性炎症が、たまたま手のひら・足裏の皮膚に現れた病気が掌蹠膿疱症です。
 骨・関節で炎症が起これば、脊椎炎、胸肋鎖骨関節炎などの病気になります。 
 →カテゴリ:「病巣感染と慢性炎症」

 虫歯や歯周病をお持ちの場合は、まずはその治療を行ってください。
 自覚症状がなくても、たとえば歯根尖や詰め物の下で炎症が起きていることがあります。

 虫歯・歯周病と歯科金属の両方がある場合は、虫歯・歯周病の治療が優先です。
 たとえ歯科金属があっても、虫歯・歯周病の治療だけで掌蹠膿疱症が改善することがあります。

 もしそれでも改善しなければ、金属アレルギーの検査を受けてみると良いでしょう。
 歯科金属を削り出して非金属に交換するのは、身体への負担も費用も大きくなります。
 →記事:「金属アレルギーと慢性炎症 ~歯科金属が慢性炎症の原因に~」

 →次記事:「掌蹠膿疱症と鼻のど・腸内環境 ~免疫亢進で炎症促進~」

乳腺炎に効くツボ ~乳房の痛み・発赤、発熱~

 出なくても困る・出すぎても困るのが母乳です(^^;
 乳腺で作られた母乳がうまく出切れずに滞ってしまい、炎症が起こるのが乳腺炎です。
 母乳が出すぎたり、赤ちゃんがうまく吸えなかったり、供給と消費のアンバランスでも生じます。

 乳腺炎になると、乳房の痛みや張り・しこり、熱感、全身の発熱などに見舞われてしまいます。
 助産院や産婦人科での治療としては、おっぱいマッサージや消炎鎮痛剤などがあります。

 すぐに病院を受診できれば良いのですが、小さな赤ちゃんを抱えて通院するのもひと苦労。
 そんな乳腺炎に、ご自宅でも出来るツボ治療のセルフケアを紹介します。

 乳腺の炎症・痛みを鎮め、母乳の出をよくするツボは、手足の人差し指H6・F6です。
 F6は主に乳房の、H6は乳房も含めた上半身の痛み・炎症に効くツボです。
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸などで刺激をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 手のH6のツボは、たとえ乳腺炎が左右どちらか片側でも、左右両手のH6を刺激してください。
 足のF6のツボは、乳腺炎がある側だけ(右の乳房の乳腺炎なら右F6のみ)でもOKです。

 あなたの赤ちゃんが、すくすくと育ちますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク