スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:腰が痛くて真っ直ぐ伸ばせない

 70歳代の女性。普段は起床時の痛みだけで、動いているうちに痛みは無くなっていました。
 ところが最近は日中になっても痛みが消えず、常に腰に痛みを感じる状態だったそうです。

 動かなくても座っているだけで腰部に痛みを訴えます。
 痛みを感じる場所を指し示してもらうと、ベルトライン(腸骨稜)です。

 座った姿勢で痛むあたりを押さえても、のけぞるような圧痛点はありません。
 立ってもらって前屈してもらっても腰部に痛みは生じません。
 腰を真っ直ぐに伸ばしたり、後屈をしようとすると痛みが生じて出来ません。

 腰背部ではなく立位・後屈で伸展される腹部の問題かな?と考えて腹診しました。
 腹部・季肋部には圧痛点はありません。鼠径部に顔をしかめる圧痛点があります。

 この腰痛は腸腰筋の伸展時痛かも?ということで、治療です。
 鼠径部・股関節前面と関連のある足陽明胃経F6のツボに透熱灸。

 再度、立位なってもらうと今度はすんなり腰を真っ直ぐ伸ばせます。
 後屈すると腰部にやや痛みを感じます(左<右)。

 再度F6に透熱灸。これで後屈時の腰痛(左)が消失。右が芯の方がちょっとだけ痛みます。
 とどめに右F6にだけ透熱灸で、後屈時の腰痛(右)も解消しました。

 また痛みが出るようなら明日にでも治療するよう約束して終了しました。 

 →カテゴリ:★治療院のご案内
スポンサーサイト

鍼灸症例:腰痛、仙腸関節部の痛み 体幹がくの字に曲がる

 70歳代の女性。腰痛を訴えます。
 腰痛のせいか、正面から見てひらがなの「く」の字に曲がっています(左側屈位)。
 おそらくこの姿勢が最も痛みから逃れられてラクなのでしょう。

 明日から1週間ほど泊まりがけで外出するので、何とかしてほしいとのご依頼です。

 痛みを感じる場所を指し示してもらうと、仙腸関節あたりです(左<右)。
 疼痛部位を押さえても、目立った圧痛点・筋緊張などは診られません。
 殿筋部(お尻のほっぺ)を押さえると、強い筋緊張と激圧痛点があります。

 痛くなく真っ直ぐ立ち歩きが出来ることを治療効果の指標にしました。

 おそらく殿筋のトラブルが仙腸関節痛として投影されているのでしょう。
 遠隔部からのアプローチでも良かったのですが、疼痛部位≒患部なので
 腹臥位にて過緊張を起こしている殿筋群に鍼(寸6-2番を使用)を刺入しました。

 立って痛みを確認してもらうと、右に凸にならず、真っ直ぐ立てています。
 立ち座り歩きも大丈夫そうですが、まだ右腰の芯の方に少し痛みが残っているとのこと。
 念押しで、右殿筋部に追加で刺鍼しました。

 再度、立って歩いてもらったところ、残っていた痛みは解消したそうです。

 1週間後に治療にお見えになられましたが、道中は痛みも無く、無事に外出できたそうです。
 念のため同じ治療をしてほしいとのことでした。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。