スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:線維筋痛症 身体の背面の痛み

 50歳代の女性。6年ほど前に線維筋痛症の診断。
 ブロック注射や薬物療法などで一時期は寛解。
 しかしながら、ここ数ヶ月ほど前から痛みが再燃。
 あらゆる薬を試すも、徐々に効かなくなり断薬。

 痛む場所は、首の後ろ、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎなど身体の後面です。
 物に接触すると痛いので、座ることも仰向けで寝ることもままなりません。
 じっと安静にしていると痛みが増すので、常に立って動き続けているそうです。

 座ることも寝ることも困難なので、立ったままで問診と施術を行いました。

 痛みを訴える部位が身体の背面だけなのが、.この患者さんの特徴です。
 通常では痛みを引き起こさない軽微な触圧覚刺激でも痛みを感じる異痛症です。
 痛覚神経が過敏になっているのだと思われます。

 痛みの部位が身体の後面・背面だけで、広範囲に渡っているため
 初回は患部への触接的な治療は行わず、ざっくりと痛みを取ることにしました。

 広範囲の痛みに対する治療は井穴刺絡が優れています。
 身体の後面と関連する太陽径、膀胱経F4と小腸径H4を井穴刺絡。

 痛みをお尋ねすると、「何だかちょっと良いみたい。座ってみようかしら…」
 私の方から勧めるワケでもなく、ご自分からベッドに腰掛けようとしました。
 で、実際に痛みを感じること無く座ることが出来ました。

 座れたのが数ヶ月ぶりで、大変よろこんでくださいました。
 帰りの電車も座って移動できたそうです。
 治療効果を増進&定着させるべく、しばらく治療を続けてもらうことにしました。

 →カテゴリ:「★治療院のご案内 はりきゅう中村@大阪」
スポンサーサイト
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。