起立性調節障害と自律神経・ホルモン ~なまけ病ではありません!~

 めまいや立ちくらみ、疲労感・倦怠感、頭痛、吐き気、腹痛、下痢などの症状で
 成長期・思春期の年代の子どもさんが、登校するのが難しくなることがあります。
 病院では、「起立性調節障害」や「自律神経失調症」などと言われることがあります。

 不登校や閉じこもりのキッカケになりかねないので、親御さんとしても大変苦しいのです。
 目で分かる異常が無いだけに、仮病・なまけ病と思われ、周囲の理解が得られにくいです。

 しかし、この病気は、仮病でも、なまけ病でも、ましてや心の病気でもありません!
 なまけ病とは正反対で、頑張りすぎて疲れ切って、緊張の糸が切れてしまっています。
 ストレスに抵抗しきれずに燃え尽きてしまい、身体にブレーキがかかった状態なのです。

 学校でのイジメや、受験のプレッシャーなど、子どもなりにストレスは色々あります。
 ストレスに抵抗するため、はじめのうちは「交感神経」や「副腎」が活発になります。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 やがてストレスの質や量が限界を超えると、交感神経・副腎のはたらきが弱ってくるのです。
 →記事:「ストレスと病気のなりたち ~ストレスは万病の元~」

 起立性調節障害の症状は、交感神経や副腎のはたらきが弱まっているために生じます。
 交感神経が弱まると、相対的に副交感神経のはたらきが過剰になってきます。
 →カテゴリ:「副交感神経とアレルギー」   →カテゴリ:「副腎疲労とアレルギー」

 ではなぜ、交感神経や副腎のはたらきが弱くなると、立ちくらみ・めまいが起こるのでしょうか。
 →次記事:「起立性調節障害のメカニズム ~交感神経・副腎の機能低下~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク