スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起立性調節障害に効くツボ ~フリーズ状態からの再起動~

 起立性調節障害は、ストレスにより副腎や交感神経のはたらきが弱っている状態です。
 交感神経が弱ると、めまい・立ちくらみ、吐気、腹痛、下痢などの副交感神経症状が出ます。
 また、副腎が弱ると、朝起きられない・午前中の調子が悪いなどの状態になります。
 →前記事:「起立性調節障害のメカニズム ~交感神経・副腎の機能低下~」

 起立性調節障害は、身体のどこかが壊れている病気ではありません。
 ストレスと闘う交感神経・副腎などの自律神経・ホルモンのはたらきが悪いだけなのです。

 弱っている交感神経や副腎を再び活発にさせることが、起立性調節障害の治療になります。

 副交感神経のはたらき過ぎを抑え、交感神経を活発にさせるツボは、手足の薬指H5・F5です。
 →記事:「副交感神経のはたらき過ぎを抑えるツボ ~心身に喝!を入れます~」
   手足の井穴図手足の井穴図
 これらのツボを、刺絡やお灸、円皮針で刺激をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 肩こり・首コリ、緊張型頭痛がある場合は、首や肩の筋肉のコリに円皮針を貼ると良いです。
 →記事:「肩こり・首こり・首の痛みに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」

 出来ることならストレスの原因を遠ざけ、ストレスからの回復の時間をもうけてください。
 そして、ストレスに負けない身体を作る生活習慣に改めることが根本的な解決方法です。

 →次記事:「起立性調節障害を治す生活改善」


 →記事:「鍼灸症例:起立性調節障害 立ちくらみ・倦怠感・頭痛」
 →記事:「鍼灸症例:起立性調節障害 頭痛がひどくて登校出来ない」
 →記事:「鍼灸症例:朝起きられない、強い倦怠感・疲労感  起立性調節障害??」
 →記事:「鍼灸症例:起立性調節障害 朝起きられない、身体がだるい」
 →記事:「鍼灸症例:起立性調節障害かも?? 頭が痛くて学校に行けない」
 →記事:「鍼灸症例:起立性調節障害 体がだるい、ふわふわした感じ」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。