温熱性発汗の止め方  ~脳と皮膚を冷ます!~

 私たちが消費するエネルギーの大部分は、熱となって失われています。
 身体の仕組みとしては、暑さをしのぐよりも、寒さを耐える方が得意なのです。
 寒ければブルブルと全身の筋肉を震わせたり、脂肪を燃やして発熱させることができます。

 身体の熱は、血管を流れる血液によって皮膚に運ばれ、そこで冷やされます。
 また、発汗の気化熱によっても熱を逃し、体温を下げることが出来ます。
 皮膚血管からの放熱と、発汗をうまく利用すれば、効率的に汗を止めることが出来るのです。

 暑いからといって、一気に汗が止まってしまうくらい急に冷やすことは、望ましくありません。
 皮膚温が低下して汗が止まっても、深部にある脳の温度までは下がりません。
 →前記事:「体温調節と温熱性発汗 ~汗をかくのは脳の温度を下げるため!~」

 【皮膚からの放熱を促す】
 強力な冷房による急激な温度変化は、身体にとって悪いストレスです。
 冷房の温度設定は、外気温との差を5℃以内にとどめておくと良いです。
 また、吸収・速乾機能のインナーを着たり、扇風機に当たって汗の蒸発を促しましょう。
 
 【脳を冷やす】
 汗の究極の目的は、上がりすぎた脳の温度を下げることです。
 脳の温度を下げてやれば、汗を出す理由がなくなるので汗が止まります。
 とはいうものの、脳は頭蓋骨の中にあるので、直接冷やすことは出来ません(^^;
 しかし、脳へ向かう血液を冷やすことで、間接的に脳を冷やす事が出来ます。

 首の前面の「頸動脈」や、わきの下の「腋窩動脈」、ビキニラインの「大腿動脈」などの
 身体の浅い場所を通っている太い血管を、保冷剤などで冷やしましょう。

 →次記事:「汗を止めるツボ ~圧発汗反射による半側発汗~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク