スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経のはたらき過ぎを抑える治療 ~井穴刺絡療法~

 自律神経は、体内環境を正常の範囲内に保つはたらきをしています。
 交感神経と副交感神経がうまく協調しているときは問題ありません。
 少々のストレスで体内環境が乱れても、元の範囲内に戻してくれます。

 しかし、ストレスの質や量が大きすぎると、自律神経のはたらきに異常を起こします。
 その結果、心身にさまざまな病気や症状が引き起こされてしまいます。
 →カテゴリ:「自律神経のはたらき」

 ならば、自律神経のはたらきを正常に戻してやれば、症状は自然と治るのではないでしょうか。

 はりきゅう治療のひとつに、「井穴刺絡」(せいけつしらく)と呼ばれる施術方法があります。
 井穴刺絡の刺激が、神経のはたらき過ぎを抑える作用があることを、横浜の医師である
 故・浅見鉄男先生が発見されました。
 そして、その効能を研究し、井穴刺絡学として治療法を体系化させました。
 現在、福岡の井穴刺絡研究会・ぎんなん治療院の先生たちが啓蒙・普及に努められています。
 →外部リンク:「井穴刺絡研究会」

 井穴刺絡では、症状に見合ったツボを選んで刺激します。
 筋肉のコリ、つっぱり、関節を自由に動かせない、などの「運動神経」の治療。
 痛み、シビレ、かゆみ、冷感、むずむず感などの「感覚神経」の治療。
 肺や心臓、胃腸や肝臓、腎臓などの内臓を調節している「自律神経」の治療。
 そして、喘息やアトピー、花粉症などの「アレルギー」の治療も出来ることが最大の特徴です。

 では、井穴刺絡療法とは、具体的にはどのような治療方法なのでしょうか。
 →次記事:「井穴刺絡ってどんな治療? ~誰がやっても効果は同じ!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。