過活動膀胱と自律神経 ~頻尿・夜間頻尿・尿意切迫感・尿失禁~

 昼夜を問わず排尿回数が多くなる 「頻尿・夜間頻尿」。
 急に尿意を催して我慢できなくなる 「尿意切迫感」。
 トイレに走るも間に合わずに漏らしてしまう 「尿失禁」。

 このような症状でお困りの人は、過活動膀胱(OAB:OverActive Bladder)かもしれません。

 いつも尿のことが気になるため、外出することが困難になることもあります。
 学業や仕事などにも大きな影響を及ぼし、生活の質が大きく損なわれてしまう病気です。

 健康な人では、ある程度の量が膀胱に溜まるまで尿意を感じません。
 尿意を感じても少々は我慢することが出来て、意図的にトイレで排尿することが出来ます。

 尿は腎臓で作られて、尿管を通って膀胱へと送られています。
 膀胱は伸び縮みする袋のような臓器で、腎臓から送られた尿を溜めることが出来ます。

 尿が溜まって膀胱が膨らんでくると、膨らみを検出する膀胱のセンサーが反応します。
 センサーからの信号は、神経を伝って脳へと送信されます。

 膀胱の膨脹を知った脳は、尿が溜まっていると認識し、尿意を催します。
 そして自律神経のひとつ、副交感神経を活発にさせて排尿を促します。
 →記事:「膀胱のツボ ~蛇口を締めるも緩めるも、自律神経次第!~」

 蓄尿 → 膀胱の伸展 → 膀胱センサー → 脳 → 副交感神経 → 排尿
 これらの一連の流れは、無意識的に反射的に起こる反応です(子どもの夜尿症・おねしょ)。

 排尿は無意識の反射であっても、尿意を感じても少しの時間は排尿を我慢できますよね。
 それは、意識的に陰部の筋肉(外尿道括約筋)に力を入れて、尿道を締められるからです。

 過活動膀胱では、なぜ尿意を催しやすく、排尿を我慢できなくなるのでしょうか。

 →次記事:「過活動膀胱に効くツボ ~膀胱・脳・副交感神経の過敏性を鎮めます!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク