スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:左肩甲骨周辺の痛み

 50歳代の男性。10日ほど前から左の肩甲骨周辺に痛みを訴えています。
 頸椎症の持病があり、ペインクリニックでブロック注射をするも、痛みがぶり返してきたそうです。

 腋を締めて肘を胴体に付けていると痛みはマシになるそうです。
 反対に、肘が胴から遠ざかる(肩関節の外転)と痛みが増悪してきます。

 治療ベッドに座ってもらっていると痛みのため腕の置き場に困るようで、落ち着きがありません。
 立っているときの方が、まだマシだそうです。
 最も強い痛みが出る動作は、腕を左斜め上に挙げるときです。
 この動作時の痛みの変化を、治療効果の指標にしました。

 痛みを訴える姿勢で素早く触診すると、左腋後面と左肩甲骨内側に著明な圧痛があります。
 ちなみに、局所の圧痛点に円皮針を貼ってみましたが、無効でした。

 患部と関連のある小腸経、左H4の井穴刺絡。これで痛みは10→5に改善。
 指先を刺激しただけで、さっきの痛みが良くなったので、あれっ?と驚いていらっしゃいます(^^;
 同じく関連のある大腸経、左H6。痛みは5→3に改善。

 今度は腕を左斜め上に挙げる動作よりも、腋を開く動作(外転)の痛みが気になるそうです。
 座るとダメ&立つとマシ。脚からの影響もあるのかな?
 胸脇と関連のある胆経、左F5。外転時の痛みは半分に、左H5でほぼ解消です。

 いろいろ肩を動かしてもうらうと、まだ少し痛みは残っているものの気にならない程度です。
 もし痛みがぶり返して来るようなら明日にでも来院するようお願いして治療終了です。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。