スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気管支喘息と副交感神経 ~気管支の収縮・粘液の分泌を促す副交感神経~

 気管支喘息は、発作が起きていないときは、全く自覚症状がありません。
 しかし発作が出てしまうと、ひどく苦しく恐ろしい思いをしなければなりません。
 発作が重症になれば呼吸困難で死に至ることもあり得る、実は恐ろしい病気です。

 アレルギー疾患である気管支喘息には、免疫だけでなく自律神経も影響しています。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 気管支喘息の発作は、自律神経のひとつ、副交感神経がはたらき過ぎている状態です。
 →記事:「副交感神経とアレルギー ~アレルギー症状は副交感神経のはたらき過ぎ~」

 空気の通り道である気管支は、常に同じ太さではなく、収縮したり拡張したり変化します。

 交感神経が優位な活動モードのときは、活動で酸素が必要なので気管支は広がります。
 副交感神経が優位な休息モードでは、酸素はあまり要らないので気管支は狭くなります。

 つまり気管支は、交感神経のはたらきで広がり、副交感神経のはたらきで狭くなるのです。
 身体活動で需要が増加する酸素の供給量をコントロールする自律神経の正常な反応です。

 しかし副交感神経がはたらき過ぎを起こしてしまうと、気管支が過剰に収縮してしまいます。

 気道が収縮し過ぎて狭くなり過ぎると、呼吸が十分に出来ないので息苦しくなります。
 空気が狭いところを通るので、「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」 と音が鳴ります。

 また、副交感神経には、血管の拡張や粘液の分泌を促すはたらきもあります。

 血管が広がり過ぎると血管に隙間が生じて血液中の水分が漏れ出て来ます。
 気管支の粘膜がむくんでしまうと、気道がパンパンに腫れて狭くなってしまいます。
 粘液や痰なども多く出てくるので、「ゴロゴロ」、「ゼロゼロ」などの音が鳴ります。

 副交感神経がはたらき過ぎると、気道が収縮するうえに浮腫んで、ますます狭くなるのです。

 喘息発作が起きやすい時間帯にも、自律神経のはたらきが関係しています。
 夜間の休息時には交感神経が弱くなり、副交感神経のはたらきが活発になります。
 副交感神経が活発な就寝前から明け方の時間帯は、喘息発作が起きやすい時間帯なのです。
 →記事:「自律神経のリズム ~その症状は交感神経症状?副交感神経症状?~」
 
 →次記事:「口呼吸と気管支喘息 ~呼吸を正して気道の慢性炎症を止める!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。