鍼灸症例:左足の痛み 左下肢外側痛

 70歳代の女性。3日前から急に左足が痛み出しました。
 痛み出した当日、痛くて仕方なかったのですが、翌日には自然にマシになりました。
 痛みを感じる場所は、左太ももの外側下半分から、外くるぶしの少し上までの範囲です。

 立ってもらって、痛みを感じる場所を押さえてみたところ、
 自覚症状を訴える場所とほぼ一致する帯状に圧痛点がありました。
 病院で腰椎の変形や椎間板ヘルニアでも見つかれば、神経の圧迫と言われるのでしょうね(^^;
 おそらく筋肉のトラブルでしょう。

 座っていると症状は感じないのですが、立つと違和感があります。
 左足での片足立ちをしてシッカリ踏ん張って体重をかけてもらうと症状が再現します。
 これを治療の指標に使うことにしました。

 下肢外側の痛み、足少陽胆経筋の治療です。
 患者さんに立ってもらって、左足の第4趾の外側面から足の甲(第4・5中足骨間)を調べました。
 指の股に見つけた最も痛い圧痛点(俠溪穴あたり)に、円皮針0.6mmを貼ってトントン♪

 これで再度、片足立ちになって踏ん張ってもらったところ、もう痛みは感じません。
 どのような動作をしてもらっても、どんなに足を踏み込んでも、痛みは出なくなりました。
 急性痛(まだ日が浅い痛み)は、症状が激しくても治りやすいものです。

 患者さんに、左F5(足少陽胆経)のお灸のセルフケアを指導して終了です。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク