鍼灸症例:過敏性腸症候群? 右下腹部の慢性的な腹痛・膨満感・腹鳴

 40歳代の女性。十数年来、右下腹部に、膨満感・腹鳴・腹痛を訴えます。
 ずっとお腹がグニュグニュと動いていて、痛くて気持ち悪いそうです。
 常にお腹が張っていて空腹を感じることが無く、食事が苦痛で食欲もありません。
 休日は、ほとんど横になって過ごしているそうです。

 20歳代のとき、虫垂炎で摘出手術。30歳代になってから現在の症状を発症。
 病院の検査では、エコーで白い影があり、炎症を起こしているのかも?
 手術痕が癒着を起こして腸が細くなっている感もある、とのことです。(血液検査は正常)

 漢方薬を試しても改善なし。医師からは手術を勧められて…ということでご来院です。

 聴診した時点では、腸蠕動音は正常。グル音亢進ではありません。
 触診では、自覚症状を訴える場所に一致して、腸が固く張った感じが触知できます。
 患部を押さえると、顔をしかめるほどの嫌な不快感があります。

 初診
 腸の蠕動運動=副交感神経の亢進?と考えて、F5・H5。改善なし。
 前髪際の頭部刺絡、症状は消えないものの、症状を感じる場所が臍よりに移動します。
 改善はないけど、ツボ刺激に反応する??H5・F5のセルフケアを指導しました。

 2診目(初診の1週間後)
 症状に変化・改善はなし。その前に、虫垂炎手術痕周囲の圧痛点にソマレゾン、改善無し。
 F4の井穴刺絡、ちょっと改善? H6・F4の井穴刺絡。セルフケアもH6・F4に変更です。

 3診目(さらに10日後)
 腸の動きは相変わらずだが、お腹の張りと痛みがマシだったそうです。
 治療方針を、完全に交感神経抑制へ切り替えました。
 右下腹部の圧痛・不快感の改善を目安に、左右H3有効、右F2無効、左F1有効。
 仕上げに、左右H6・F4。これで、お腹を押さえても、ちょっと気持ち悪い程度です。
 お腹のグニュグニュも治まって、腸の張った感じの痛みも改善しました。(10→2)

 癒着のせいか、どうやら腸の動きが弱いがため、渋滞を起こしていたようです。
 罹患期間が長いのと器質的変化があるので、しばらく続けて治療することにしました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク