肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その2 ~痛みを感じる場所~

 腫瘍や感染症、骨折・脱臼・石灰沈着など、肉体そのものが壊れていない場合、
 肩や腕の痛みやシビレの発信源は、首から手にかけての皮膚や筋肉です。
 患部を押さえて、最も痛みを感じる点に 円皮針を貼る方法を紹介しました。
 →前記事:「頚椎ヘルニア・頚椎症の痛みやシビレに効くツボ その1 ~痛いところに円皮針~」

 円皮針は、貼りつけた患部の周辺の症状が改善されます。
 痛む場所が、ココだ!とハッキリ分かる場合はそれでOKです。
 しかし、痛みやシビレというのは、ある程度の広がりをもって感じます。
 広範囲の患部に多くの円皮針を貼るのは不経済ですし、効果的でもありません。
 そもそも、ツライと感じる場所を押さえてみても、それほど痛くないこともあります。

 そのようなときは、痛みやシビレを感じる場所から選ぶツボ刺激が良く効きます。
 下の図をクリックして拡大してください。
   頚肩腕肩・腕の痛み・シビレを感じる場所から選ぶツボ
 手のひらを前に向けた姿勢を基準に、痛みやシビレを感じる場所を色分けしてます。
 図を参考に、あなたの肩・腕の痛みやシビレを感じる場所を選んでください。

 前面の外側の症状なら、H1(手の親指)のツボ
 ちょうど前面の症状なら、H2(手の中指)のツボ
 前面の内側の症状なら、H1(手の小指内側)のツボ

 後面の外側・肩のてっぺんの症状なら、H6(手の人差し指)のツボ
 ちょうど後面・肩から首のつけねにかけての症状なら、H5(手の薬指)のツボ
 後面の内側・肩甲骨周辺の症状なら、H4(手の小指外側)のツボ を選んでください。
   手の井穴図手の井穴図
 あなたが選んだツボに、刺絡をするか、円皮針を貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 刺激をするツボは、症状の痛い側(左の肩・腕が痛いなら左側)の手のツボを選んでください。

 まずはツボ刺激をする前に、肩や腕を動かして、痛みやシビレの症状の確認をしてください。
 そして、ツボ刺激をした後に、再度、同じように動かしたり触ったりして症状の確認をします。
 痛みやシビレの強さや、感じる範囲はどうですか?
 効果があれば、その場で痛みが改善します。
 「変化が分からない」=「改善がない」 場合は、他のツボを試してください。

 痛みやシビレを感じる場所から選ぶツボで改善が見られない場合は、
 この次で紹介する、痛みやシビレの症状が出る動作から選ぶツボを試してみてください。

 →次記事:「肩の痛み・腕の痛み・シビレに効くツボ その3 ~痛みの出る動作~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク