鍼灸症例:右肩と腕の痛み、重だるさ、シビレ

 70歳代の女性。右肩から腕にかけて、重だるいような痛みとシビレがあります。
 夜中目覚めると、疼きまではいかないが、重だるい感覚があるそうです。
 打撲や外傷など、とくに思い当たるキッカケはありません。

 常になんとなく、重だるい、痛いような違和感が、右肩腕の前面と側面にあります。
 患部の場所は、ココ!と指し示せず、なんとなくこの辺りということです。
 シビレも常に感じているわけではありません。

 肩関節の外転動作が、最も肩と腕に痛みと違和感、可動域制限があります。
 前方挙状(屈曲)と水平内転でも、症状が増悪します。
 水平外転と伸展(結帯)動作では、増悪しません。

 症状を感じる場所が、肩腕の前面と外側面だという判断で…
 大腸経と肺経上の圧痛点(合谷部と太淵部)を求め、そこに円皮針。
 これで、前方挙状(屈曲)と水平内転の症状が10→5。
 外転動作は、疼痛・可動域制限ともに変化なし。
 大腸経H6と肺経H1の井穴刺絡で、前方挙状と水平内転の症状が5→3。
 外転動作に対してH5の井刺。これで外転時の症状が10→1。
 ほとんど良いのだけど、なんだか肩前面に違和感が、まだ3割残ってます。
 肩関節前面の患部の圧痛点に円皮針を数枚貼って、気にならないくらいスッキリしました。

 有効だった、H5・H1・H6にお灸をするよう指導して終了しました。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク