スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:耳の閉塞感、音が大きく響いて聞こえる

 50歳代の男性。耳が詰まった感覚と、音が響いて聞こえると訴えてのご来院です。

 8ヶ月ほど前、急に左耳が詰まった感じがし、耳鼻科を受診しました。
 検査の結果、突発性難聴と分かり、1週間ほどで聴力は回復しました。
 しかしながら耳閉感は残り、音が大きく響いて聞こえるようになりました。

 耳閉感は朝起床時に強く、日中にかけてマシになってくるそうです。
 耳閉感がマシなときは、音が大きく聞こえる(とくに狭い空間で)のが気になるそうです。
 左肩の痛みもあり、そこを押さえると耳閉感が再現増悪するそうです。

 耳の症状は、肩の筋肉のトラブル(トリガー)か、耳管のトラブルか?
 まずは左肩の痛みの治療から始めました。

 動診では首の前・後屈、回旋、側屈により、肩の同じ部位が痛みます。
 左H6・H3の井穴刺絡で側屈を除く動作時痛が解消。耳の症状も改善。

 側屈時痛と耳管の改善を意図して、左H5の井穴刺絡。
 本命のツボと思っていたが、耳閉感が明らかに悪化。
 H5と反対の作用を持つ左F4の井穴刺絡。これで耳閉感は解消。
 この時点で、肩痛も強聴感もスッキリ解消しました。

 問診・視診から得た症状の原因と思われる生活習慣の改善指導をして終了です。
 しばらく治療を続けることにしました。

 →カテゴリ:「★治療院のご案内」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。