スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満の原因は炭水化物の摂りすぎ! ~糖質は脂肪の吸収を促進します~

 ごはん・もち、パン、うどん・そば、パスタ、ラーメン、ポテト。大好きですよね?^^
 ほかにも、ドーナツやケーキ、アイスなどのスイーツや、ソフトドリンクも、大大大好き!
 そんな炭水化物・甘い物中毒のあなたには、残念なお知らせがあります。

 日本の食事といえば、ごはん・麺類・粉モンなどの炭水化物が中心の食事になります。
 粗食に努めれば努めるほど、炭水化物に偏った食事になってしまいます。

 毎日、当たり前のように多量に食べる炭水化物ですが、非常に問題のある栄養素なのです。

 タンパク質や脂肪は、筋肉や細胞膜、ホルモンなどの肉体を作る材料になります。
 しかし炭水化物が消化・吸収された糖質は、エネルギーにしかならないのです。
 (厳密には、細胞同士をくっつける接着剤の役割をする「糖鎖」の材料にもなります)

 人間が生きていく上で、エネルギーは24時間常に一定量を必要とされます。
 しかし、大量に摂った糖質のほとんどは、その場で利用されることなく余ってしまいます。
 余った糖質はグリコーゲンという形で筋肉や肝臓で貯蔵されますが、その量はわずかです。
 食事で過剰に摂取した糖質は、脂肪に変換され、脂肪細胞へ蓄えられていきます。

 実は、焼肉(タンパク質+脂質)だけ食べても、食事中の脂肪は体脂肪になりにくいのです。
 しかし、そこにシメのお茶漬けやラーメン、デザートを食べると確実に太ります(^^;

 糖質を摂ると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
 インスリンが分泌されると脂肪細胞は、食事で吸収された脂肪をどんどん取り込むのです。

 肥満やメタボが気になる人は、真っ先に食事から炭水化物を減らす必要があります。
 甘い物(砂糖)と炭水化物(米・小麦・イモ)を減らせば、目に見えて痩せますよ^^

 また、糖質の摂りすぎは、ただ肥満になるだけではありません。
 身体のはたらきを調節している内分泌系や自律神経系にも大きな負担をかけてしまいます。
 その結果、さまざまな病気や症状が引き起こされてしまうのです。

 →次記事:「精製炭水化物は、心身にとって大きなストレス!」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。