うつ病と鉄欠乏症 ~無気力・倦怠感の原因は鉄不足??~

 うつ状態を引き起こす病気は、うつ病だけではありません。
 過剰な糖質の摂取により引き起こされる「低血糖症」でも、うつ状態になります。
 →前記事:「うつ病と低血糖症 ~うつの原因は炭水化物中毒??~」

 うつ状態は、気力・体力ともにエネルギーが低下している状態です。
 無気力で注意力散漫になったり、疲労感・倦怠感で心身が活発になれない状態です。

 このような不活発な状態を引き起こす栄養障害のひとつが、「鉄欠乏症」です。

 体内の鉄分の主な役割には、全身に酸素を運搬するはたらきがあります。
 鉄欠乏になると、倦怠感や疲労感などの酸欠症状が出てきます。
 
 また鉄は、酸素の運搬だけでなく、神経伝達物質の合成にも関わっています。
 不足すると気力の低下や睡眠障害など、脳のはたらきが低下してしまいます。

 鉄欠乏=貧血(ヘモグロビンの減少)だとお思いでしょう。
 しかし、一般的な検査で貧血だと指摘されない「かくれ貧血」でも、これらの症状が出てきます。

 鉄欠乏による症状は、うつ病の症状と非常によく似ているのです!
 うつ病と診断されて抗うつ剤を飲んでもイマイチなあなたは、実は鉄不足かもしれません。
 かくれ貧血(潜在性鉄欠乏症)かどうか、チェックしてもらってください。
 →カテゴリ:「女性の心身と鉄不足」

 →次記事:「うつ病と栄養 ~脳は食べ物から作られている!~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク