鍼灸症例:左腕の痛み 背中で握手が出来ない

 70歳代の女性。左腕を背中に回そうとすると二の腕(上腕)の外側に痛みを訴えます。
 エプロンのひもを結ぶ動作が痛くて出来ない、いわゆる結帯障害という症状です。
 以前は背中で握手が出来たのに…と残念がっていらっしゃいます。

 動かしたときの左腕の痛みと、左手をどこまで肩甲骨に近づけられるかが治療効果の指標です。

 手を真後ろに挙げる(肩関節の伸展)動作での痛みは、左H1H6の井穴円皮針でほぼ解消。
 手を水平に外に広げる(水平外転)ときの痛みは、左H2で解消。
 手を背中に回してから肘を曲げたときの痛みは、左肘関節の外側の激圧痛点の円皮針で解消。

 これで難なく背中で握手が出来るようになりました^^

 治療に来る前に、ご自分で左腕の痛い部分に円皮針を貼ってましたが効かなかったそうです。
 痛みが投影されている場所が本当にトラブルを起こしているとは限らないですから(^^;
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク