更年期障害と女性ホルモン ~ホルモンと自律神経の密な関係~

 最近では男性にも更年期障害があるようですね。
 一般に、更年期障害とは、閉経を迎える年代の女性が悩まされる不定愁訴のことです。

 しかし、更年期障害は、閉経前後の女性全員が悩まされるわけではありません。
 生活に支障が出るほど辛い症状で苦しむ人もいれば、何の症状も出ない人もいます。
 その差は一体、何なのでしょうか。

 更年期になると、思春期から心身のリズムを調節していた卵巣のはたらきが急速に弱まります。
 卵巣から分泌される女性ホルモンの量が急激に減ってしまうことが原因だと言われています。

 今まで女性ホルモンの血中濃度が高かった人ほど、その落差が非常に大きくなります。
 熱い南国で長年過ごしてきた人が、ある日突然、寒い北極に引っ越すような感じです。
 ホルモン量の急な変化に適応しきれず、心身の調子を崩してしまうのが更年期障害なのです。

 そんなホルモンと自律神経は、密接な関係があります。
 ホルモンの変化は、自律神経のはたらきにも大きな影響を及ぼしてしまいます。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 自律神経のはたらきが悪くなると、更年期障害と言われる様々な心身の症状が出てくるのです。
 →次記事:「更年期障害と自律神経 ~いわゆる自律神経失調症~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク