スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害と自律神経 ~いわゆる自律神経失調症~

 更年期障害は、女性ホルモンの急減に適応しきれず、心身の調子を崩してしまう状態です。
 →前記事:「更年期障害と女性ホルモン ~ホルモンと自律神経の密な関係~」

 更年期障害の症状は、ホルモンの低下に慣れて、やがて治まっていくとは言うものの
 つらい症状を少しでも和らげて、楽に生活を送れる方がいいですよね。

 更年期障害のさまざまな症状は、女性ホルモンの急激な減少が引き金になって、
 自律神経のはたらきが悪くなってしまった状態、いわば自律神経失調症です。
 →カテゴリ:「自律神経失調症」

 更年期に伴う自律神経の症状には、ツボ刺激がお役に立てるかと思います。

 更年期障害の症状には、非常にさまざまなものがあります。

 集中力の低下や気分の落ち込み、不眠、不安感などのメンタル症状や
 肩コリ・首コリ・腰痛・シビレなどの筋肉の痛みの症状、
 食欲不振や吐き気、便秘・下痢などの胃腸の症状、
 冷え・のぼせ、動悸などの血管の症状など、実にさまざまあります。

 それもそのはずです。
 自律神経は、痛みやシビレ、心臓や胃腸など全身の内臓のはたらきを調節しているのです。
 症状の出てくる場所(臓器)も、症状の出方も人それぞれ異なります。

 更年期障害の自律神経の症状を治す第一歩は、症状を個別に知ることです。
 全ての症状を「更年期障害」だから…と、ひとまとめに考えてしまわないことです。
 ひとつひとつの症状が、どこの臓器のどっちの神経のはたらき過ぎなのか、
 この症状は、交感神経、副交感神経、どちらの神経のはたらき過ぎなのかを知ってください。
 そして、それぞれの症状に見合ったツボ刺激で、自律神経のはたらきを正常に戻しましょう。

 →次記事:「更年期障害に効くツボ その1 ~副交感神経のはたらき過ぎによる症状~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。