原因不明の発熱・不明熱のセルフケア ~自律神経のはたらき過ぎで発熱~

 背中がゾクゾク寒気がする…。なんだか身体がだるい…。
 そう感じたら、まずは体温を計りますよね(^^;

 一般に、発熱は体内に侵入したウイルス・細菌などをやっつけるための防衛反応です。

 体力の消耗と引き換えに体温を上げることで、熱に弱い病原体を撃退するのです。
 むやみに解熱剤を使わないよう指導されるのは、自然治癒力を邪魔しないためです。

 しかしながら、感染症などの原因がないのに、発熱が続くことがあります(不明熱)。
 発熱すると体力が消耗して倦怠感が強くなるので、生活の質が損なわれてしまいます。

 検査では異常が無く、解熱剤も効かない高体温は 「心因性発熱」 と呼ばれます。
 心因性発熱は、何も異常が無いワケではなく、自律神経のはたらき過ぎによる発熱です。

 自律神経は、熱を産生・放出したりして、体温をコントロールしています。
 血管を収縮・拡張させて蓄熱・放熱したり、発汗を促進・抑制して体温を調節しています。
 →カテゴリ:「ストレスと自律神経」

 この体温を調節する自律神経のはたらきが悪くなると、発熱が起こるのです。

 →次記事:「心因性発熱に効くツボ ~高熱がカーッと出る交感神経タイプ~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク