免疫異常とアレルギー・自己免疫疾患 ~炎症をコントロール出来ない~

 「免疫力」 を高める。
 免疫という言葉が、最近では一般によく知られるようになりました。

 「免疫」 とは、血液中の細胞 「白血球」 が担う、身体を守るシステムのことです。
 白血球が血流に乗って全身をパトールして、発見した異物を排除するはたらきです。
 異物とは、外部から体内に侵入する病原体や毒素、体内で発生したガン細胞などです。

 白血球が異物を排除する際、「炎症」 という形で異物を処理します。
 風邪でノドが腫れたり(咽頭炎)、鼻水が出たり(鼻炎)、お腹が痛くなったり(胃腸炎)。
 炎症は、異物(風邪の場合はウイルス)と白血球が戦っている姿なのです。

 不快な症状が伴いますが、炎症が起きることは、必ずしも悪いことではありません。
 炎症は、異物を攻撃・破壊・無毒化して、壊れた身体の修復を促す必要不可欠な現象です。

 必要なときに炎症を起こし、不必要になったら炎症を止めることが出来る。
 炎症をコントロールする能力の高い状態が、「免疫力が高い」 と言えるかと思われます。

 そんな免疫(炎症)が悪玉になるのは、異物処理が終わっても炎症が止められなかったり、
 無害な異物にまで攻撃を仕掛けて排除したり、自分の正常な細胞をも破壊するときです。

 花粉症や食物アレルギーなど、無害な異物を攻撃してしまう病気が 「アレルギー疾患」
 クローン病や潰瘍性大腸炎など、自分の腸内細菌を攻撃する病気が 「炎症性腸疾患」
 関節リウマチや多発性硬化症など、自分の身体を破壊する病気が 「自己免疫疾患」

 戦前の日本では、このような免疫の異常による病気は非常に稀なものでした。
 しかし現代では、アレルギー疾患・自己免疫疾患は増加の一途を辿っています。
 一体、何が変わってしまったことが免疫異常の原因なのでしょうか?

 →次記事:「衛生仮説とアレルギー疾患・自己免疫疾患 ~豊かな国の免疫異常~」
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク