スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性上咽頭炎に効くツボ ~炎症と不快な症状を鎮めます~

 空気中の病原体や異物が直撃する上咽頭は、炎症が起こりやすい場所です。
 上咽頭に炎症が起こると、後鼻漏や耳閉感、痛みなど、さまざまな症状に悩まされます。
 →記事:「慢性上咽頭炎のセルフケア ~後鼻漏・耳閉感・頭痛など不快な症状~」

 もともと炎症しやすい場所に加え、炎症が長引くと粘膜が弱って、さらに治りにくくなります。
 悪循環に陥った慢性上咽頭炎を治すには、粘膜機能の回復を手助けするケアも重要です。
 →前記事:「ぬれマスク・鼻うがい・スチーム吸入で上咽頭の乾燥を防ぐ&回復を促す!」

 上咽頭炎は局所の炎症のみならず、首・頭など筋肉の痛みや自律神経症状を引き起こします。
 筋肉の痛みや自律神経の症状も含めた、上咽頭炎に効くツボを紹介します。

 まず、上咽頭部の炎症に効くツボは、呼吸器系のツボ H1です。
 →記事:「呼吸器系のツボ ~鼻・のど・気管支・肺~」

   手足の井穴図手足の井穴図
 このツボに、刺絡をするか、円皮針・ピソマを貼るか、お灸をします。
 →カテゴリ:「井穴刺激のやり方」

 呼吸器系のツボに加え、後鼻漏の性質によって、次のツボも刺激してください。
 後鼻漏が黄緑色っぽくドロッとしている場合はH6、透明白色でサラッとしていればH5です。
 これらのツボは、あなたの炎症(化膿性/アレルギー性)タイプ別にを鎮めてくれるツボです。

 さらに首の後ろや後頭部・おでこが痛ければF4、鼻や頬など顔面部が痛ければF6を追加です。

 自律神経の異常による症状については、ブログカテゴリで該当する症状をご覧ください。

 あなたの上咽頭炎が、早くスッキリ治りますように!
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。