スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:生理痛 円皮針で、毎月の生理痛を予防!

 30歳代の女性。毎月、生理痛に悩まされています。
 月経周期は約28日で、月経は約5日間続きます。
 いつも月経の初日と2日目に生理痛があり、2日目の症状が最も辛いです。
 全身がだるくなり、お腹が重いような痛みと、頭痛があります。
 鎮痛剤を飲みながら、なんとか毎月をやり過ごしています。

 毎月、生理の予定日の1~2日前に治療をします。
 坐位で左右の足の内くるぶしの骨を下から上に押さえていって、最も痛い点に円皮針。
 貼った円皮針の上から、浅刺・呼気時・坐位の刺激法を1分間。
 第五腰椎と仙骨の間の圧痛点(上仙穴)にも円皮針。
 そして、子宮平滑筋の過剰な収縮を抑える左右F5に円皮針(F5だけオレンジ0.3mm)。
 →記事:「生理痛・月経困難症に効くツボ ~毎月の苦痛にさようなら~」

 とっても簡単な治療ですが、これだけで毎月生理痛が無く過ごされています。
 スケジュールの都合で治療が出来ない月は、やっぱり生理痛が出てきてしまいます(泣)

 →施術のご依頼・ご予約は 鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。