スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸症例:腕の痛みとシビレ

 40歳代の男性。左上腕の痛み、左前腕の前外側のシビレ。
 きっかけは、1ヶ月ほど前、仕事で無理な姿勢で左腕を酷使し、
 その後に痛みが出たそうです。
 整形外科のレントゲンでは、骨折や腫瘍ではありません(除外診断)。
 電気を当てたり、温めてみたが、改善がなかったそうです。
 男性の奥さんの紹介で治療を承りました。

 まずは、どういう動作のときに左腕の症状が最も強いかを確認です。
 手を頭の後に回す、結髪動作で、左上腕外側が最も痛みます。
 この動作痛を治療効果の確認に使うことにしました。

 左腕の酷使が誘因なので、手の先から肘までの圧痛点を隈無く調べました。
 魚際と合谷あたりの圧痛点に円皮針。
 動作痛の程度や範囲を再確認してもらったところ、大幅に改善しました。
 そこで上腕外側を通る大腸経、左H6の井穴刺絡。
 これで、痛みは気にならなくなりました。
 むしろ、さっきの場所よりも後側に痛みが移ったそうです。
 これは痛みが移動したのではないことを説明しました。
 →記事:「痛みが移動する?? 広汎性侵害抑制調節」

 上腕後面を通る三焦経、左H5の井穴刺絡で、その痛みは消失しました。
 もう、どの動作でも左腕の痛みはありません。

 次は、左前腕の前外側のシビレの治療。
 左右の同じ場所を触ったときの感じ方は、明らかに左右で異なります。
 触った感じが、左右一緒くらいになればOKということです。
 シビレがある場所を通る肺経、左H1の井穴刺絡。
 再確認で、さっきより左右差が改善。
 少し時間をおいて、もう一度、左H1。
 これで、左右の感覚はほぼ同じになって、シビレは消失しました。
 念のため、左H1にお灸をして治療を終了しました。

 1週間後、奥さん経由でご主人の経過をお伺いしたところ、再燃もありませんでした。

 →施術のご依頼は、大阪の鍼灸治療院 「はりきゅう中村」 まで
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。