鍼灸症例:関節リウマチ 手の親指・人差し指の痛み

 70歳代の女性。関節リウマチで手足の関節が痛くてお困りです。
 最も痛くて生活に支障があるのは、両手の親指と人差し指の中手指節関節(MP関節)です。
 指を曲げようとするとMP関節に痛みが生じ、力が入りません。

 リウマチの鍼灸治療のひとつは、ただひたすらに関節の痛みを取ることです。
 あくまで対症療法にすぎませんが、生活の質を高める上で重要な治療のひとつだと思います。

 ご自宅でもセルフケアできるように、円皮針での治療法を説明しながら行いました。

 痛みを感じるところに、やみくもに円皮針を貼っても効果がありません。
 どう動かしたら関節の痛みを強く感じるか?と尋ねると、関節を曲げるとき、だそうです。
 実際に痛みが出るくらいに曲げてもらい、痛い点を指示してもらって、ペンで印をつけました。

 痛みが出る指を曲げたままで、ペン印の周辺をツボ探索棒でくまなく押さえました。
 セルフケアでは、箸の先や爪楊枝の頭など、尖っていない細い棒で調べるようお願いしました。

 痛みを感じると仰る場所を押さえても、それほどの痛みはありません。
 患者さんが感じる場所とちょっと離れた場所に、顕著な圧痛点があります。
 その圧痛点に印をつけ、曲げたままの指を元に戻してもらい、圧痛点に円皮針を貼りました。
 →記事:「円皮針の使い方 ~ツボの見つけ方・探し方~」

 そして再度、指を曲げてもらうと、今度はさっきとは別の場所が痛いと仰います。
 痛みが移動したように感じるのは、先ほどの痛みが消えて、次に強い痛みが出て来た証拠。
 複数の痛みが同時に存在する場合、最も強い痛みに意識が集中するからです。
 →記事:「痛みが移動する?? ~痛みで痛みを抑える広汎性侵害抑制調節~」

 次に出て来た(意識できるようになった)痛い場所を、同様に調べて円皮針を貼る、再度確認。
 この繰り返しで、左右両手で10枚ほど円皮針を貼って、ようやく全て鎮痛しました。

 円皮針を1枚貼っては指を曲げて痛みの変化を確認する作業は、地味ですが非常に重要です。

 たとえ1mmズレただけでも効果がないことが多々あります。
 それを確かめるには、円皮針を貼る前後の症状の確認しかありません。

 私も何枚か無効の点に円皮針を貼ってしまいました(^^;汗
 無効点の1~2ミリほど隣の圧痛点に円皮針を貼り直すと、しっかり改善しました。

 →カテゴリ:★治療院のご案内
ブログのご案内

はりきゅう中村@大阪

Author:はりきゅう中村@大阪

 心身相関の考えから、身体の健康とメンタルヘルスに取り組んでいます。より簡単・安全で、より効果的なセルフケア(家庭治療)を紹介しています。
 また、病気を予防・回復させる生活改善も提案しています。
 みなさまのご健康に、少しでもお役立て頂ければ幸いです。
 また、どんな事でもお気軽に、ご質問・ご相談ください。
 応援、よろしくお願いします。

ブログ内を検索
カテゴリ一覧
井穴刺絡の治療院リンク